ギタリスト/音楽プロデューサー・Polo Yazakiさん

『「鬼滅の刃」からロックまで。ライブ配信で届ける音楽』

 

 

プロフィール

ギタリスト/音楽プロデューサー

Polo Yazakiさん

ロサンゼルスを拠点に活動するギタリスト兼音楽プロデューサー。ロックバンドWhere Giants Fallのメンバーで、MV『Against the Dying Light』は公開中。日本のアーティストへの楽曲提供やギタリストとしてのコラボレーションもこなす。

Webサイト: http://masquerade-polo.com

 

 

 

世間がリモート化する中、Poloさんの仕事スタイルはどのように変わりましたか。

ギタリストとしてのメインの仕事であるライブ演奏が出来なくなってから、オンラインでパフォーマンスをするためライブ配信用の機材を揃え、配信方法をたくさん勉強しました。慣れてきて楽しめるようになるまでは機材トラブルに苦戦し、お客さんの前で演奏できることは特別な事だったのだと身にしみました。

 

日本のアーティストへの楽曲提供やコラボもされているのですか。

実は、ギタリストの傍ら音楽プロデューサーとしての仕事にも励んでおり、自粛期間中も多くのアーティストの方々と音楽を作りました。中山きんにくんのYouTubeチャンネルにて公開されている、鬼滅の刃体操の音源は僕が制作させてもらっているのですが、歌い手のミラクルひかるさんとの打ち合わせやリミックス作業などは全てオンラインで行いました。このご時世だからこそ実現したコラボでした。

 

ここ一年の活動で一番印象的だったものは何ですか。

広瀬香美さんのYouTubeオープニング曲を作曲させてもらったことです。急にかかってきたビデオ通話で依頼を受け、その時映画の撮影中で音楽機材もなかった僕は、パソコンと泊まり先にあったギターのみで即興で曲を作ったんです。

 

バンド活動について教えてください。

先日僕のバンドWhere Giants Fallが公開した新ミュージックビデオは、メンバーそれぞれがリモートで撮影したものを編集でつなぎ合わせた作品になっています。岡山の実家にて、ベッドシーツや机のライトを家中からかき集める僕に、両親は大爆笑のカオスな撮影現場でしたが、編集によりぶっ壊れた白黒テレビのようなかっこいい映像に仕上がりました。春には新アルバムをリリースしますので、安全な生活が戻ったらツアーに出たいです!

 

 


”動く人の活動NOTE”

コロナ渦で一変した私たちの生活。そんな中で、新しいことに挑戦する人、これまでやってきたことを必死で続ける人など、頑張る形は様々。それぞれに前を向いて力強く進む、動く人を紹介します!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。