【ロサンゼルス観光】Vol.8 LAで夢の歩いてハシゴ酒


Vol.8 
LAで夢の歩いてハシゴ酒

cc 

 皆さん、お久しぶりブリューイングです!11月にも関わらず今週は真夏のような猛暑に見舞われたロサンゼルス。ビールがより美味しく感じました〜。

 

 さてさて、先日ダウンタウンLAのアーツ・ディストリクト(アート地区)にあるAngel City Brewery(エンジェル・シティー・ブリュワリー)を紹介させて頂きました。今回はその続きでなんと!完全車社会のここロサンゼルスで『歩いてハシゴ酒』という夢のようなお話でお届けしたいと思います。

 

 Angel Cityから歩いてたったの4分。本日紹介するブリュワリーはこちら、はいドンっ!

cf

Arts District Brewing Co.(アーツ・ディストリクト・ブリューイング・カンパニー)です。アーツ・ディストリクトにあるので名前もそのまま。酔っ払ってても思い出し易いですね笑

 

 同じエリアにあるこの2つのブリュワリー。造るビールのスタイルや味はもちろん、内装も空間の演出も全く違うんです。そう、ブリュワリーって人間と同じように、一つ一つどれも個性が違うんです。

 

 そうさ僕らは、世界で一つだけのブリュワリー!なのでこれを読んで気になっちゃった方は、是非ハシゴしながらその違いを五感で受け止めてみてください。

 そしてこちらは何とも嬉しいレストラン併設型のブリュワリー。レストランが醸造所内に併設されているので、ここで造られたビールを飲みながら本格的な美味しいフードも堪能できちゃいます。

 

 何を隠そう、僕にとってブリュワリー巡りの醍醐味の一つはフードである。はい、ブリュワリー飯ってめっちゃ美味いんです!

 

 ビール工場や醸造所って聞くと、なんだか明るい時間からビールを飲みたくてしょうがない中毒者が行くようなイメージを持つかもしれませんが、そんな事は一切合切ございません!

 

 僕はビールを飲みに行くという感覚よりも、食事をしながら美味しいビールを飲む、といった感覚の方が近いです。なのでよく家族や友人と食事をしにブリュワリーへ行きます。

 

 このブリュワリーのように、レストラン併設型のブリュワリーってとても多いんです。そしてクラフトビールにまたアメリカンフードが合う事。

 

 ビールがあまり得意でない人も、こんな素敵な空間で美味しいフードを食べてたら、ついついビールをもう一杯オーダーしたくなっちゃうかも…。

 

 来週もフードの美味しいお話の続きをしちゃいますよ。

それでは皆さん、酔い一日を。乾杯っ!

.

,

とも蔵  TOMOZO      クラフトビール探検家

LAを拠点に著書やSNSなどでクラフトビールについて日々配信する、とも蔵さん。本業はグラフィックデザイナーで写真家。「クラフトビールはアート。ブリュワーさん一人ひとりがアーティストであり、彼らの世界観が描き出されているんです」
とも蔵さんのコンテンツ: https://linktr.ee/tomozobeer/

▶︎らららインタビュー記事 「ロサンゼルスで暮らす人々:とも蔵」を読む

/

気分SoCal ビールで乾杯!をもっと読む
ホームに戻る

.

:

.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。