ソーイングクラス講師・金子りかさん

『マスクの重要性を楽しく伝える「子供向けマスクプロジェクト」』

 

 

プロフィール

ソーイングクラス講師

金子りか

経営するローカルで人気の裁縫教室は「1クラスで一作品」がモットー。豊富なデザイン展開で老若男女に好評のマスク販売や、幼稚園での子供向けマスク作り教室などを行い、裁縫教室の一時クローズ中にも大活躍を収める。

Diamond space easy knit sewing

16901 S. Western Ave. #106 Gardena

 

 

 

りかさんの裁縫教室ではどんなことを学べるのですか。

日本式のミシンを使い、1クラス(2時間半)でニット生地の作品を必ず完成させていただけます。家庭科の授業がないアメリカで育つ子供達のために、縫い物の基本を教える5歳からの子供クラスや、和裁クラスも始めております。

 

オシャレだと話題の手作りマスクについて教えてください。

パンデミックにより裁縫教室をクローズしてから、快適性とデザインにこだわったマスクの販売をしています。ニット生地使用で耳が痛くならない商品、クール素材で夏でも快適な商品が好評でした。マスクをファッションの一部としていただくため、常に100種類以上の色柄を取り揃えています。マスクの売り上げのほとんどは病院、乳がんの患者会、幼稚園などに寄付を行いました。

 

子供向けマスクプロジェクトとはどのようなものですか。

子供たちにマスクを好きになってもらうことを目的に、近くの幼稚園でマスク作りの授業を行いました。看護師をしていた時の知識を活かしウィルスの怖さとマスクの重要性を子供達に正しく知ってもらいたく、紙芝居を使って説明し、最後はミシンを使って子供たち自身でマスクを作ってもらいました。自分の作ったマスクなら喜んでつけてくれるのではないかとの作戦は大成功で、幼稚園にも喜んでいただきました。

 

今後の目標は何ですか。

裁縫教室をクローズせざるを得なかった代わりに経験した、マスクの販売や幼稚園でのボランティア活動などを通しての新たな出会いや交流に感謝しています。今後もこれらの活動を続けながら、私の教える裁縫というものが皆に楽しんでいただけるものでありたいと思っています。

 


”動く人の活動NOTE”

コロナ渦で一変した私たちの生活。そんな中で、新しいことに挑戦する人、これまでやってきたことを必死で続ける人など、頑張る形は様々。それぞれに前を向いて力強く進む、動く人を紹介します!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。