【ロサンゼルス観光】Vol.6 クラフトビールはアートだ!


Vol.6 クラフトビールはアートだ!

cc 

  皆さん、お久しぶりブリューイングです!最近美味しいビールに出逢いましたか?

 

 なんだかアメリカのスーパーのビールコーナーってやたら商品数が多くないですか?よく友達から、「ビールがあり過ぎて何を買ったら良いのか分からない!」なんてアルコール臭い相談をよく受けます。

 

 それもそのはず。世界中でクラフトビールブームの今、本場アメリカではまさにクラフトビール戦国時代に突入しちゃったんだもの。そんな戦国時代の最中、スーパーの陳列棚では各社のパッケージ戦争がスゴい!

cf

 ビール缶たちは、周りに負けないようにおめかしして、お目目を大きく開いて自分アピールに必死だ。まさにクラフトビール版”恋のから騒ぎ”である。

 

 『クラフトビールはアートだ!』僕が著書やYouTubeなどでいつも言っている言葉。スーパーに並んだ缶のデザインを見れば、すぐにそれは伝わるだろう。

 

 まずはこちらの缶を酔うチェックしてほしい。最近よく飲んでいるお気に入りのブリュワリーだ。

 これはロサンゼルスのGlendale(グレンデール市)にあるPaperback Brewing Co.(ペーパーバック・ブリューイング)という醸造所のIPA。ペーパーといってもあの林家一門ではない。

 

 ここの何が好きって、ビールの味はもちろん、パッケージのデザインがオシャレ缶極まりない。そしてまた今面白いヒップな街、グレンデールっていうのも堪らない。

 見てください、このビールのパッケージを。まさにモダンアート!これがLAの近代美術館に飾られていても、全く浮く事はございません。それでは、次にこちらの缶をご覧ください。はい、ドンっ!

c

 かわいいウサちゃんがチェーンソー持って微笑んでいます。その名も『BUNNY WITH A CHAINSAW』。これは通常のIPAよりも度数の高い”ダブルIPA”と呼ばれる危険なアルコール飲料だ。ビールなのに度数8.4%もある。

 

 ワインやウィスキーに比べると低いと感じるかもしれないが、ビールを飲むペースでこの度数は、一缶でも結構酔っ払ってしまう。”HIS CUTENESS WILL CUT YOU TO PIECES.” と添えられた言葉は、その危険さをかけているのだろう。ウサギちゃん、今日で SAY GOOD BYE…

l

 僕がアメリカに移住した8年前、LAカウンティーにブリュワリーはおよそ40くらいしかなかった。それがクラフトビール戦国時代の今、その数なんと90にまで増えた。まさに全米中ビールの泡のようなクラフトビールバブル。

 

 こんなに毎年増え続けていると、僕のようなビール好きでも、毎日飲んで、飲んで、飲まれて、飲んでも、全く追いつかない。飲んだ事がないビールの方が圧倒的に多い。だから僕が友達から、「ビールがあり過ぎて何を買ったら良いのか分からない!」って聞かれたらこう答えるようにしている。

 

 「クラフトビールはお酒じゃなくてアートだから、自分が気になるデザインを選んでみて!」

 

 僕は一つ一つのアート作品をじっくり鑑賞してしまうので、ビールを選ぶのにかなり時間がかかってしまいます笑

 

 ぜひ皆さんもスーパーのビールコーナーで、自分のお気に入りデザインを探してみてください。それでは、酔い一日を。乾杯っ!



,

とも蔵  TOMOZO      クラフトビール探検家

LAを拠点に著書やSNSなどでクラフトビールについて日々配信する、とも蔵さん。本業はグラフィックデザイナーで写真家。「クラフトビールはアート。ブリュワーさん一人ひとりがアーティストであり、彼らの世界観が描き出されているんです」
とも蔵さんのコンテンツ: https://linktr.ee/tomozobeer/

▶︎らららインタビュー記事 「ロサンゼルスで暮らす人々:とも蔵」を読む

/

気分SoCal ビールで乾杯!をもっと読む
ホームに戻る

.

:

.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。