【ロサンゼルス観光】Vol.9 ブリュワリーで美味しい食事


Vol.9 ブリュワリーで美味しい食事
cc 

 

皆さん、お久しぶりブリューイングです!大分秋らしさを取り戻したロサンゼルスですが、美味しいビール飲んでますか?

 

 さて今回は前回のコラムで少し触れたブリュワーのフードの美味しいお話しをさせて頂きます。空腹の方はアテンションプリーズ!

cf

 ブリュワリー巡りの楽しみは、ビールだけではない。フードもとても重要な要素なのだ。ここで、ブリュワリーを”2種類のタイプ”に分類してお話ししよう。

 

 一つ目は、僕がよく行く、いわゆるビール工場(醸造所)。まさにそこでビールを造っていて倉庫内で試飲できるアレだ。僕は『タップルーム型』と呼んでいる。

 

 二つ目は、ブリュワリーではないが、店内にタンクを何本か置きレストランと併設してフードに重点を置いたレストラン。僕は後者を『レストラン型』と呼んでいる。

Figueroa Mountain Brewing Co./ Buellton, CA

 

 そして今のLAのフードシーンを語る上で、切り離す事はできないフードトラック。特にパンデミックからより一層増えた気がする。もちろんそれはブリュワリー業界でも流行りまくっている。

 

 LAの多くのブリュワリーは、自分らでフードを提供せずフードトラックと提携して、日替わりに違うフードトラックが来るシステムの所が多い。

Angel City Brewery/ Downtown L.A

 

 これはとても素晴らしい事だと思う。相乗効果を生み出す。無名のフードトラックも人気のブリュワリーで出店すれば、一気に名前が売れる。ブリュワリーにとっても都合がイイ。無駄な食事面に気をとられる事がない。自分らの本業、ビール造りに全力を注ぎこめる。

 あと最近多いのが持ち込みOK!近所のスーパーでお惣菜買って持ち込んだり、好きなフードを買って持ち込んだり、ブリュワリーにピザのデリバリー頼んじゃったり。

 

 正直持ち込みNGの所は今まで見た事がない。ベジタリアンが多かったり、好き嫌いがはっきりしている人が多い国だ。その上、宗教によっても食べる食べないがある。

 

 自由の国アメリカだ。みんな自分の好きなスタイルで美味しいビールを楽しんだってえぇじゃないか!


Scholb Premium Ales/ Torrance, CA

 

 ぜひ皆さんも、美味しい食事をしにブリュワリーへ足を運んでみてください。それでは皆さん、酔い一日を。乾杯っ!

 

.

,

とも蔵  TOMOZO      クラフトビール探検家

LAを拠点に著書やSNSなどでクラフトビールについて日々配信する、とも蔵さん。本業はグラフィックデザイナーで写真家。「クラフトビールはアート。ブリュワーさん一人ひとりがアーティストであり、彼らの世界観が描き出されているんです」
とも蔵さんのコンテンツ: https://linktr.ee/tomozobeer/

▶︎らららインタビュー記事 「ロサンゼルスで暮らす人々:とも蔵」を読む

/

気分SoCal ビールで乾杯!をもっと読む
ホームに戻る

.

:

.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。