伝説のジェームズ・ディーン LAのあの場所で過ごした最期の日

伝説のジェームズ・ディーン

 LAのあの場所で過ごした最期の日

『エデンの星』(1955)、『理由なき反抗』(1955)。その年に映画史に残る2本の名作に出演し、人気急上昇中だった同年1955年9月30日、車のレースのためサリナスへ向かう途中のフリーウェイで、自らが運転する車の事故により24歳でこの世を去った伝説の俳優、ジェームズ・ディーン。

 

その朝 最期のチューニング
その日は朝から、当時暮らしていたシャーマンオークスの家を出て、自分のレースカーをチューニングしに、ハリウッド・バインストリートにある「バイン・オート」へ向かった。仲のいい同店のメカニックといっしょに2時間ほど、朝10時ごろまでチェックアップ。

最期のブレックファースト
車のチューニングを終えリペアショップを後にすると、サリナスへ行く前に、腹ごしらえをしに、LAで最も古い屋外マーケット「ファーマーズマーケット」でドーナツを購入。

最期のストップ場所―Blackwell’s Corner
午後は、同乗するメカニックといっしょに、ハイウェイ46号線に乗りサリナス方面へ車を走らせる。ちょうど午後5時を回ったころ、その道上にある食料品が買えるガソリンスタンドBlackwell’s Cornerでりんごとコーラを購入。ここが事故が起きる前に立ち寄った最後の場所となった。この店は今でも「ジェームズ・ディーンのラスト・ストップ」と呼ばれている。

最期の時
午後5時15分、ディーンが運転する愛車、シルバーのポルシェ550スパイダーがハイウェイ46号線を走行中、46と41号線の分岐点を走っていたフォードに激突。ディーンは即死状態でそのまま帰らぬ人となった。

彼の死後66年が経った今も、事故現場であるこの分岐点には「James Dean Memorial Junction」と記されたグリーンの看板が佇む。そして今も変わらずディーンの最期の日と同じ、乾いた砂漠の空気が流れている。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。