Vol.44 大麻はダメ、絶対? (1/10/2020)

Vol.44 大麻はダメ、絶対?

©Weekly LALALA

私も日本で生まれ日本で育ちましたので、大麻は完全なドラッグだと教えられてきました。でも実際に大麻を長年日常的に使用している人と話していると、私たちが聞いて育ってきた「大麻が人体に及ぼすダメージ」の信憑性が薄い。薄すぎる。

ということで、私がネットで見つけた都市伝説(厚生労働省公式ウェブサイトより抜粋)を、私と、大麻を合法で使用している人たちの経験や意見を踏まえて検証していきたいと思います。(これは大麻を合法で使用している人の完全に個人的な見解であり医療的な証拠ではありません)

1. 幻覚、妄想等の症状が出る

私の経験上、大麻で幻覚を見たことは一度もありません。幻覚を見るのはマッシュルームやLSDですね。2018年以前にTHC含有量が1000mgのエディブルを食べて幽体離脱のような経験をした事があるという2人に会って話を聞いたことがありますが、それもそのはず。エディブルの一回の平均THC摂取量は10~50mgといわれていて、私でも一度に30mgほど(身長164cm体重50kg)しか摂取しません。平均摂取量の20~100倍摂れば、オーバードーズして必要のない経験をしてしまうのも当然。

2. 情緒不安定になる

大麻を吸うことによって情緒不安定になったという話は聞いたことがありません。逆に情緒を安定させるために大麻を使用する人がほとんどです。気分が落ち込んでいる時にはテンションの上がるサティバを吸い、不安や緊張がある時にはインディカを吸います。目的に合わせた品種を吸えば大麻はあなたの味方。必要なのは正しい知識です。

3. 集中力がなくなる

集中力はむしろ上がりますが、摂取する品種とその人によるかなと思います。サティバは頭がハイになるので集中するのに持ってこいだといわれていますが、インディカでも集中力に磨きをかけることができます。インディカは自分の世界にグッと入り込んで没頭する、というイメージ。

4. 思考力の低下

これはyesでありnoでもありますのでこれもまた品種によります。サティバは思考力を上げるために吸う品種で脳がギンギンになります。インディカはリラックス効果が高く少しトローンとしますので、慣れていなければ思考力が落ちたなと感じることもあると思います。

5. 無動機症候群(何もやる気がしない)

断言しますが、摂取する品種と、その人のマインドセットによると思います。話を聞いていると多くの場合は「大麻を吸うと何もできなくなる」という固定概念から来ている場合のが多いように感じます。すごく重いインディカを吸ったら、体もマインドもリラックスして眠くなりやすいので、もちろん「よし、今から部屋を掃除しよう!」とは思わないですよね。なのでインディカは夜に使用されることが多いのです。サティバを吸えば「こんなに素晴らしい日に家にいるのがもったいない!」と散歩に出かけたりエクササイズしたくなりますけれどね。

さらにディスペンサリーで働いていた時には、朝から大麻を吸ってバリバリ仕事をこなしているお客さんを毎日たくさん見ていましたので、これは真っ赤な嘘。やる気がないのは大麻のせいではなく他に原因があるのでは?とも思います。

6.  記憶力の低下

記憶力は若干下がると思いますが、人によります。私も大麻を吸うと記憶力が悪くなると長年思い続けていましたが、自分の中で切り替えて、「よし、しっかりしよう!私はできる!」と心がけるようになると大きな変化が現れました。気の持ちようでかなり違うと思います。ちなみに物忘れが激しくなるといっても、私が忘れてしまっているのは基本的にどうでもいいこと。どうでもいいことは忘れてもっと大事なことを脳に刻んでいきたいので、私はそれでいいと思っています。

7. 極度の不安・恐怖・衝撃行動

強いサティバを吸ったらそうなりやすいです。頭がハイになりすぎて勘ぐり出したりしてしまうので、不安症の方はサティバを吸うタイミングをきちんと見定めましょう!インディカは逆に緊張をほぐしてくれますのでシャキシャキしたい時にインディカはおすすめしません。非合法の国で大麻を使用すると、「悪いことをしている、捕まる可能性がある」という不安から恐怖感に包まれてバッドトリップしてしまうことが多いと聞いたことがあります。

8. 人格障害

大麻を吸うと平和で穏やかな気持ちになると大麻常用者はいいます。私はハイな状態で穏やかな気持ちが続くと、普段イライラしていたことがバカらしく感じ、「自分次第で本当はサラッと流せることだったんだ、もうイライラするのはやめよう!」という気分になります。周りの大麻常用者も同じ意見でした。それを人格障害とはいわないと思います。

9. 幻覚で自傷行為に走った

私が知っている限りではそんなことは聞いたことがありません。ストレスレベルも下がり穏やかな気持ちの時に、自分を含め、何かを痛めつけたりできると思いますか?赤ちゃんやペットを天使なんじゃないかというくらい愛おしくなり、さらには身の周りの人や物への愛が溢れ、感謝したくなることのほうが多いです。

いかがでしたでしょうか? 全て大麻常用者による個人的な見解や体験談でしたが、学校で教えられたことと大きく違っていませんか?世界的にみると、日本の大麻教育は完全に時代遅れではないでしょうか?大麻を酒みたいに今すぐに嗜好品にするのは難しいのかもしれませんが、せめて正しい知識を国民とシェアしてくれればいいのに。与えられた情報を信用しきって満足するのではなく、自ら必要な情報を掴んで正しい知識を得て、自分の糧にしていけたらいいですね!

【記事・マリファナに関するあらゆるお問合せはコチラ】
sodan@la-network.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■アドバイザー
Blue Dreamz
茨城県出身、2010年にファッションバイヤーになるのを夢見て、1年間の語学留学でロサンゼルスに渡米。その後メルローズ沿いの洋服屋に販売員/マネージャーとして勤務、独自のセンスを生かし、自身のセレクトシューズブランドADORE Los Angelesを立ち上げ順調に売り上げを伸ばすが、兄の死をきっかけに目的を見失う。人間活動に専念しようと生きていく中でカリフォルニアの医療用大麻というものを知り、日本との大麻に対する価値観の違いに衝撃を受け、自らリサーチを始める。
「日本人にとって大麻はドラッグのイメージがあります。小さい頃から大麻は人生をダメにするドラッグだと教えられる中、世界各国では医療用、そして嗜好用大麻が続々と解禁になっているのはギャップがありすぎるなと思いませんか?大麻にはメリットがあります。大麻によって精神的にも肉体的にも助けられた人をたくさん見ました。大麻先進国の事情をお届けし、少しでも偏見がなくなればと思います」

インスタグラム @bluedreamz


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。