Vol.8 二種類のマリファナ インディカ or サティバ どちらがお好み?

マリファナの大きな魅力というと、やっぱり真っ先に頭に浮かぶのが「ハイになること」という人は多いはず。

このコラムのアドバイザーであるBlue Dreamzさんによると、「ハイになること」にも大きく分けて2つの種類がある、すなわち、マリファナには大きく分けて2つの種類があるんだそう。

「私たちの体は個人個人で違います。お酒を飲んだ時の反応にたとえると、赤ワインが好きで何杯でも飲める人、赤ワインを飲むと酔いやすくてすぐに潰れてしまう人、白ワインのほうが酔いやすい人、ワインではなかなか酔えないけれど、テキーラだと即効でガツンとテンションが上がる人、そうでない人もいます。

種類によってそのお酒が合う合わないがあるように、マリファナも人によって相性があるんです。一番良いのは、試してみて自分に合ったものを見つけることです!」
 

 

マリファナの種類には

①「インディカ(Indica)」:体がハイになるボディハイをもたらす。
 ②「サティバ(Sativa)」:頭がハイになるヘッドハイをもたらす。

の2つがあると話すBlue Dreamzさん。


①インディカ (Indica)

「インディカは、頭の先からつま先まで体をリラックスさせ、痛みを和らげるのに効果的(関節痛、筋肉痛、手術後の体の痛み、生理痛、歯痛、神経痛、偏頭痛など痛み全般)。そのほか、ストレス暖和、不眠、食欲減退、ADHD(注意欠陥多動性障害)に使用されます。

インディカは、フワ~っとしやすく動作もスローになりやすいので、人によっては夜用として使用したり、家でゆっくりしたりゆるくなりたい時おすすめ。マッサージ前などにも最高です。

傾向としては目がとろんとして身体が重く感じる、眠くなりやすい、ぼっとしやすくなる、英語でいうマンチ(なんでも美味しく感じて食べ過ぎになる)になりやすい、なんでも面白く感じる、などがあります」


インディカの話を聞いているだけで、編集部もなんだか気分がとろんとして、眠くなってきました~。

次回は、マリファナのもう一つの種類「サティバ」のハイについてお伝えします!

 


【記事・マリファナに関するあらゆるお問合せはコチラ】
sodan@la-network.com

 


■アドバイザー
Blue Dreamz
茨城県出身、2010年にファッションバイヤーになるのを夢見て、1年間の語学留学でロサンゼルスに渡米。その後メルローズ沿いの洋服屋に販売員/マネージャーとして勤務、独自のセンスを生かし、自身のセレクトシューズブランドADORE Los Angelesを立ち上げ順調に売り上げを伸ばすが、兄の死をきっかけに目的を見失う。人間活動に専念しようと生きていく中でカリフォルニアの医療用大麻というものを知り、日本との大麻に対する価値観の違いに衝撃を受け、自らリサーチを始める。
「日本人にとって大麻はドラッグのイメージがあります。小さい頃から大麻は人生をダメにするドラッグだと教えられる中、世界各国では医療用、そして嗜好用大麻が続々と解禁になっているのはギャップがありすぎるなと思いませんか?大麻にはメリットがあります。大麻によって精神的にも肉体的にも助けられた人をたくさん見ました。大麻先進国の事情をお届けし、少しでも偏見がなくなればと思います」

インスタグラム @bluedreamz


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。