50歳の誕生日プレゼント。スカイダイビングに初挑戦!

Vol.26 スカイダイビング カリフォルニア州

子供の頃から空を飛ぶことに漠然とした憧れがあり、高所はあまり得意とは言えないながら、これまで幾度となハンググライダーや、パラグライダーといった大空のアドベチャーにトライしてきた。ジェットコースター類はあまり好きではなく、落ちる瞬間は超苦手。全くもって矛盾の固まりであるが、好奇心は未だに旺盛。身の程知らずで、一生に一度で良いからスカイダイビングをしてみたいなぁ、と考えていたところ、家内が50歳の誕生日プレゼントでその夢を叶えてくれた。

 

出発地点となる飛行場は、ロサンゼルスから車で北上すること約2時間、セントラルバレーの小さな町タフト。 チェックインを済ますと、先ずは10分程度のビデオ鑑賞から始まった。ビデオの内容は、スカイダイビング協会のお偉いさんと思われる、長い顎を蓄えた怖い顔のオジサンが参加者を脅かすというもの。「スカイダイビングは危険なスポーツであり全て自己責任。死に至る事もありますが、当方は一切責任は負いません」と、これより直接的なメッセージはないというくらい明確な注意喚起である。ビデオを見終わったら、「はい、ここにサインして」と自己責任の承諾サイン。危険が伴うことは百も承知。家を出発してから、かなり緊張はしていたものの、ここまで脅かされると、流石に命の心配もせざるを得ず、恐怖に拍車が掛かかる。サインが終わると控え室に行き、簡単なブリーフィング。1.ジャンプをする時には頭は出来るだけ後ろに逸らす 2.手は良しと言われるまで胸のストラップを掴む事 3.着地の時は足を上げる、と単純明快なインストラクションだ。その横では、パラシュートを折り畳む人達。どう見てもアルバイトの学生。タンデムをするスカイダイビングのプロは、多い日には一日に十回以上もダイブする。ダイブから戻ると、次のお客へのインストラクションなどかなり忙しく過し、使ったパラシュートを自ら折り畳む時間はない単純作業は地上スタッフが行うことになっている様だが、はたしてこの学生たち本当に大丈夫だろうか・・・

 

地球を走る

アウトドア・アドベンチャーのすすめ


Nick D (ニックディー)

コロンビア、メキシコなど中南米での十数年の生活を経て、2007年よりロサンゼルス在住。100マイルトレイルラン、アイアンマンレースなどチャレンジを見つけては野山を駈けまわる毎日。

「アウトドアを通して人生を豊かに」をモットーにブログや雑誌への寄稿を通して執筆活動中。

http://nick-d.blog.jp


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。