ドラマから、バラエティー、映画、スポーツまで。 DIRECTVで新たに 日本語チャンネル開局!(Weekly LALALA802号掲載)

ドラマから、バラエティー、映画、スポーツまで。 DIRECTVで新たに 日本語チャンネル開局!

 6月19日に、ミヤコ・ハイブリッド・ホテル・トーランスで、DIRECTV主催の日本語チャンネルの開局記念パーティーが開催された。5月28日より、アメリカ最大手衛星放送プラットフォームDIRECTVで、新しい日本語テレビパッケージが追加されており、年間視聴率において5年連続で3冠を達成した日本テレビと、日活株式会社衛星メディア事業本部が運営する映画チャンネルNECOを、それぞれチャンネル2041と2042で放映。アメリカにいながら、日本のドラマ、バラエティー、スポーツ、邦画など、多彩な番組や映画を視聴することが可能となる。
 会場では、日本テレビ放送網株式会社海外ビジネス推進室長を務める十川敦(そごうあつし)さん、AT&Tエンターテインメントグループ・コンテント&プログラミング・バイスプレジデントのエマ・ブラケットさん、日活株式会社映像事業部門版権営業部国際事業チームリーダーの冨田稔彦さんらが檀上に立ち挨拶。各社の事業内容説明をはじめ、開局における意気込みや抱負などを述べた。

日本テレビ放送網株式会社海外ビジネス推進室長十川敦(そごうあつし)さん
「24時間編成で、日テレの人気番組を余すことなくお届けいたします。アメリカにお住まいの日本人はもちろん、日本語を学びたい人にも、ぜひご視聴いただければと思っています」
日活株式会社映像事業部門版権営業部国際事業チームリーダー冨田稔彦さん
「日活の膨大なライブラリーの中から、名作・傑作、娯楽アクション、最新ヒット作を徐々に放映していく予定です。たくさんの方にお楽しみいただければうれしいです」
AT&Tエンターテインメントグループ・コンテント&プログラミング・バイスプレジデント エマ・ブラケットさん
「5年の歳月をかけて、ようやくDIRECTVの新しい日本語チャンネル開局が実現し、非常にうれしいです。個人的には、野球ファンなので、読売ジャイアンツの試合に興味津々ですね(笑)」

DIRECTV、日本テレビ、チャンネルNECOのロゴが入った巨大なケーキに入刀!会場は最高潮の盛り上がりに!
カクテルレセプションの様子。当日は100人を超える招待客で賑わった。
琴の演奏や日舞などのパフォーマンスが披露され、招待客を魅了した。

DIRECTV日本語チャンネル番組内容(一例)

■NIPPON TV Channel(チャンネル2041)
▷バラエティー:『有吉反省会』『マツコ会議』『得する人損する人』『ぶらり途中下車の旅』
▷ドラマ:『愛したって、秘密はある。』『獣になれない私たち』『Woman』
▷スポーツ:読売ジャイアンツ試合(フルシーズン。日本と同日に遅延放送)

■Channel NECO International( チャンネル2042)
小林旭主演『二階堂卓也銀座無頼帖 帰ってきた旋風児』、原田芳雄主演『反逆のメロディー』、坂本九主演『上を向いて歩こう』、宍戸錠主演『硝子のジョニー』、吉永小百合主演『キューポラのある街』など。

【新規加入申し込み方法】
▷ウェブサイト:www.directv.com/japanese ▷電話:1-855-217-3124(日本語コールセンター)


Weekly LALALA ホームに戻る