★アナハイム・エンゼルス・スタジアムの5カ所で販売!★ サッポロビール片手に この夏は野球を観よう(Weekly LALALA802号掲載)

★アナハイム・エンゼルス・スタジアムの5カ所で販売!★  サッポロビール片手に この夏は野球を観よう
■7月16日にアナハイムのエンゼルス球場で行われる『ジャパン・デー&大谷選手ボブルヘッドの日』では、サッポロプレミアムビールが全5カ所で販売される

 日本国内にとどまらず、北米、欧州、アジア、オセアニアなど世界各国でビールを販売するサッポロビール。同社のビールは北米で1986年以降33年連続でアジアビールメーカーシェア1位を誇る。プレミアムビールは最高級の材料を使用する爽やかな風味とさっぱりした飲み心地、喉越しがよくコクがあり、まろやかで飲みやすいのが大きな特徴の高級ラガーで、昨年5月にはロサンゼルス・エンジェルスの本拠アナハイム・エンゼルス・スタジアム2カ所で販売を開始した。
 今シーズンからは同球場での販売を全5カ所に増設。7月16日(火)のエンゼルスは『ジャパン・デー&大谷選手ボブルヘッドの日』を開催するとあって、サッポロビールがこのイベントをより盛り上げることは間違いない。試合前の球場の外で行われる各種日本文化の紹介を、日本のビールを飲みつつ楽しむことができる。
 当日販売されるビールの種類はすべてサッポロプレミアムビールで、当日はフィールドレベル3塁側フードコート内のOke Pokeとセクション240エリアのBamboo Bowlでドラフト、セクション305エリアのCorner Marketおよびセクション222&342エリアのCorner Marketでは22オンス缶、シートサービス(全300レベル&Diamond Club)と全スイート席で12オンス缶を飲むことができる。今季を通してこの5カ所で販売されるので、サッポロビールを片手にスタジアムの臨場感を味わいながらこの夏は野球を楽しもう。
■サッポロプレミアムビールは今季終了までエンゼルス球場で飲むことができる

■①フィールドレベル3塁側フードコート内のOke Pokeと②セクション240エリアのBamboo Bowlでドラフト、③セクション305エリアのCorner Marketおよび④セクション222&342エリアのCorner Marketでは22オンス缶、⑤シートサービス(全300レベル&Diamond Club)と全スイート席で12オンス缶を販売

Weekly LALALA ホームに戻る