■日本食レストランの明るい兆し(Weekly LALALA802号掲載)

テキサスNOW
■日本食レストランの明るい兆し

先日、ダラスの日本食レストラン「クリークカフェ」へ行ってきました。日本食を専門としたカフェスタイルのお店で、体に優しい食事を提供することでも注目を集めています。トヨタが本社を移転して早3年近く経過しようとする中、日本食レストランブームも一旦落ち着きを見せてきました。
日本食以外では、インド料理店やインド人の方、韓国系の方は地元に密着するレストランを続々とオープンするなど盛り上がりをみせています。そのようなインドやアジア系の勢いに影響されて、ダラスをはじめアメリカ各地の日系コミュニティづくりがもっと強まるよう、期待したいところです。
そんな中で、こうした「クリークカフェ」のような、日本食を中心とした新しいスタイルのグルメスポットが登場したのは、ダラス移住組にとってとても嬉しいニュースとなりました。
また先日は、他州から移住されて転職されてきた情報通のお客様よりお誘いをいただき、新しくフリスコのモールにできた、ラーメンMARUFUKUへと行ってきました。ラーメンにはうるさい自分にとって自分好みの美味しいラーメン店を見つけるのは困難と感じていたので、このお店との出会いは衝撃でした。味も今まで食べてきた中でピカイチ、店内も賑やかで様々な地元の人種の方に受け入れられているようです。
飲食というのは進出しやすい反面、客層が偏りがちにもなりえる商売だと思います。ラーメンというのはダラスの人にとっては未知な世界であり、万人受けするのだろうかどうなのだろうかと考えていましたが、美味しいものはやはり美味しいと認識されるものだと思いました。
おすすめはHakata Tonkotsu DXです。やわらかい角煮と半熟たまごが最高です。麺も細麺でするすると心地よく食べられますし、ちょっと固めなのも良かったです。そしてなんとってもスープが最高です。フリスコでこんな美味しいラーメンが食べられるなんて夢のようです。
クリークカフェとMARUFUKUとの出会いもあり、日本人のコミュニティをもう一度盛り上げていきたいなという気持ちと、新たに頑張ろうという気持ちが湧いてきました。素晴らしい出会いに感謝すると同時に、今後もダラス移住組としてコミュニティ作りに励んでいきたいと思います!

篠原健治(しのはら けんじ)
アメリカ、テキサス州を拠点に、戸建、アパート物件、管理、修理など米国不動産に関わる事業を展開中。米国トヨタ本社移転により住宅価格が上昇中の20万ドル後半から35万ドルの投資物件の購入、管理を得意としている。
ホームページ:www.shinohararealty.com
連絡先:kenshinohara1@gmail.com または kenji@shinohararealty.com
電話:214-551-8806
ブログ: http://shinohara1.wp.xdomain.jp/

 



Weekly LALALA ホームに戻る