29件中、1~20件表示

  • Vol.41  リクエストの多いCBDショップ「Pure CBD」  

    2019年12月13日 マリファナのおはなし

    ブルードリームズツアーでも大人気で、必ずといっていいほどリクエストを頂くのがCBDショップへの立ち寄り。   書き切れないほどの効能があるCBDをはじめとしたカナビノイドは、老若男女関わらず摂取して生活に役立てて頂きたい天然の植物由来の成分。処方されている薬に頼ることなく、副作用なしで効能を得ることのできるカナビノイドは、『マリファナのおはなし』の読者様もご存じの通り、世界の注目を浴びています。   ロサンゼルスはマリファナが合法な上にヘルシー志向の人がたくさんおり、実際にビーガンやベジタリアンの人も日本人の私たちにとっては信じがたいほどに存在します。ヘルシー志向で体にいいとされているモノに関してはかなりオープンなロサンゼルスのローカルたちですが、パッケージに書かれていることをそのまま信用するのではなく、自分の目できちんと確認して、どういうものか自分で理解してから摂取を始める人が多いと思います。今まで摂取したことのないものは、自分できちんとリサーチしてどういうものかを理解してから、手を付けるというわけですね!   EijuオススメのCBDショップ ロサンゼルスといえどCBDショップが無数に存在するわけでもなく、品揃え、スタッフの知識力なども違いは目に見えて分かりますし、お店のテイストは本当に様々。そんな中でも一目置きたいこちらのCBDショップをご紹介したいと思います!  

  • Vol.40   大麻の摂取方法による効果の違い  

    2019年12月06日 マリファナのおはなし

    大麻といっても現在では様々な摂取・使用方法があります。大麻を吸う、リキッド、エディブル、飲み物、座薬や塗るクリームなどなど。いくつかの使用方法はこのコラムでも何度もご紹介しましたが、摂取、使用方法によって効き方と効きの強さや持続時間は違ってきます。色々な方と大麻について話していると、症状によって摂取方法を変えている人はあまり多くないように思います。   そんなのもったいない!!!! 特定の症状には、それに合っている大麻の摂取・使用方法が存在します。私も元バッテンダーとして何百人という患者さん(大麻ディスペンサリーでは疾患があるお客様のことを患者さんと呼んだりもします)とお話しさせて頂き使用感や感想を伺い、自分でも様々な商品を試してみました。摂取方法によって効果や効き方がどれくらい違うのか、ご説明致します!   マリファナ 王道中の王道。大麻の花穂の部分を砕いて、パイプやボングなどの喫煙器具、もしくはペーパーや葉巻で巻いて吸うのが一般的。効果は2~3分以内に表れ、大麻のそのままの風味を存分に味わうことができるので大麻ファンは一番多い。 デメリット:喫煙には変わりがないので咳き込んだり、喉や肺を痛めてしまうこともある。匂いが強い為、吸う場所を選ぶ。   vapeリキッド 大麻の成分を凝縮し気化して吸えるvapeペンは手軽に持ち運べて使い方が簡単。大麻を燃やして吸った時ほどの強い匂いはそれほどなく、フルーツや甘いフレーバーがついているものもあり大麻特有の匂いが少ない。使い捨てのvapeリキッドもあり、イベントごとやどこかに出かける時などにぴったり!大麻を燃やして吸った時のような即効性がある(2~3分以内)。手軽で即効性があるので、仕事場や出先で偏頭痛や不安、イライラに見舞われたときに手軽にパパッと吸える。 デメリット:大麻を燃やして吸った時と同じで喉や肺に負担がある。vapeが壊れて吸えなくなってしまうということもある。   ワックス・ダブ 大麻の成分を凝縮したものでかなり強い!少量で大きな効き目が得られます。なので大麻への耐性がついてしまっている人にぴったり。基本的にはボング(水パイプ)とリグ(本格的な喫煙器具)が必要ですが、最近ではワックスを簡単に吸えるペンのようなものも登場し、ワックスに詳しくなくても手が出やすくなっています。 デメリット:加減が分からず吸いすぎてオーバードーズ(本人の意思とは逆にハイになりすぎてしまうこと)しやすい。少しずつから始めましょう!   エディブル グミやチョコレートなどが一般的なエディブル。食べるだけという摂取方法が簡単なので仕事先や学校でもて気軽に摂取できます。匂いもないので周りに一切バレずに摂取することができるのもかなりポイント高し。現在では一粒何mgなど自分がどれくらい摂取したか分かるようになっていて(スロードーシングと呼びます)エディブルの平均摂取量は10〜25mgと言われていて一度摂取すると効きが長く、摂取量にもよりますが2時間ほど効き目が持続します。 エディブルのハイは大麻やリキッドを吸った時のハイとは別物。効き目が強く、身体の中から効いてきますので体の辛い痛みやPMS、生理痛、偏頭痛、不眠、食欲減退などに強い効果があります。効果を感じるまでに時差があり、効いてくるまでの時間は一般的に45分〜1時間ほどですが人によります。   飲み物 THCやCBD入りの飲み物はエディブルよりも効き目が早く、効きも抜群です。飲んでから30分ほどで効いてきて抜けるのも1時間弱と早めです。一本10mg〜100mgと弱めのものから強いものまであり、噛む必要がないので虫歯や手術後で噛むことのできない患者さんがよく購入していました。   オイルティンクチャー、カプセル、ピル状のもの 基本的にはエディブルと同じ効き方をしますが、甘いチョコやグミなどのエディブルと比べて糖分などが含まれていないので、必要以上の糖分を摂取したくない人はカプセルなどを服用します。  

  • 【12/7(土)~12/8(日)】 くるみ割り人形

    2019年12月04日 Los Angeles

    2004年に設立されたロサンゼルス・バレエ団によるクリスマス定番の名作「くるみ割り人形」が今年もLA各地で上演される。 幻想的な夢の世界は、子供から大人まで楽しめる。 日本人ダンサーの清水健太氏が王子役を務めている。チケットは$39~。

  • Vol.39  禁煙に最適!?ヘンプ・シガレット  

    2019年11月29日 マリファナのおはなし

    ©Weekly LALALA ロサンゼルスに引っ越して来るまで、日本はよくタバコを吸うお国柄だと気づきませんでした。私の韓国人の祖母、祖父は亡くなるまでずっとタバコを吸っていましたし、現在も母と父は喫煙者。私も数年前まで毎日タバコを吸っていました。今でも特にお酒が入ると吸いたくなってしまいます。やめて数年経つのに吸いたくなる、吸うと気持ち悪くなる(私の場合は)と分かっているのに吸いたい、それがタバコなんです。タバコはヘロインをやめるよりも難しいと言われているほど中毒性のあるものなのは、もう説明する必要もないかと思います。   当時はタバコを吸うことに罪悪感も何もなかったなと今では懐かしくさえ思います。自分が吸うから臭いにも鈍感になっていたし、タバコを吸わない人の前であんなにも堂々とタバコを吸っていたなんて、なんてことをしていたんだと恥ずかしくなります。非喫煙者はタバコの匂いなんて嗅ぎたくもないのなんて当たり前、日本人は喫煙者に寛容ですね。そこはお互いリスペクトしていけたらいいですね!   よく「アメリカ人はみんなタバコ吸わないんでしょ?」と聞かれることがありますが、そんなこともないというのが実際のところ。特にロサンゼルスは人種が多様であるし、老若男女タバコを吸う人は吸いますが、日本より喫煙者率は低いのかな?と思い調べたところ、日本の喫煙率は人口の18%でアメリカの喫煙率は14%だそうです。ちょっとしっくりこないところもありますが、数字的には思ったよりも大差がなくてびっくり。 ロサンゼルスの人はそこまでタバコに執着していないという印象もありますが、それに関してはアメリカでは室内完全禁煙で、レストランやバーで吸えないのは当たり前なのでみんな諦めがついている、ということでしょうか。   私はなんとか禁煙することができましたが、タバコをやめるのはキツかった覚えがあります。禁煙パッチなどを試す方もいるようですが、ひどい副作用が出た人の話を聞いていると、いいのだか悪いのだか・・・。そんな中、禁煙を目指している方々に紹介したい、アメリカならではの商品があります。 ヘンプでできたヘンプタバコです!   ヘンプタバコとは?麻と大麻の違いとは? タバコを販売しているスモークショップに行くと、最近では必ずといっていいほど見かけるヘンプタバコ。ヘンプの葉を砕いて、フィルター付きでタバコのように巻いてあるもので、現地ではヘンプ・シガレットと呼ばれています。ヘンプタバコって大麻とは何が違うのか分かりづらく少しややこしいですよね。大麻と麻(ヘンプ)は同じ種類の植物ですが、全く違うものなのです。   麻(ヘンプ)はTHCの含有量が少なくCBD用や産業用(布、繊維、ロープなど)として使われることが多く、大麻はTHC含有量がはるかに高い。ディスペンサリーで売られているようなバッヅは麻ではなく大麻から獲れます。 さらに補足ですが、日本で使用OKとされているCBDは麻の”茎”と”種”から摂取されたもののみ。茎と種から十分なカナビノイドなど摂れるわけがない!という生産者や製造者もいますが、そこはノーコメントにしておきます。   アメリカではTHC含有量が0.3%以下であれば大麻商品として扱われません。コンビニやタバコ屋さんで見かけるCBD商品はほとんどヘンプ由来のもので、THC含有量が0.3%以下なのでディスペンサリーではなくても普通の小売店で売ることができます。 それに反して日本ではTHC含有量が0.03%以下でなくては大麻商品とみなされますので、このヘンプ・シガレットを持っていると大麻所持法に反し、法律違反になります。  

  • 【11/30(土)~12/1(日)】 くるみ割り人形

    2019年11月26日 Los Angeles

    2004年に設立されたロサンゼルス・バレエ団によるクリスマス定番の名作「くるみ割り人形」が今年もLA各地で上演される。 幻想的な夢の世界は、子供から大人まで楽しめる。 日本人ダンサーの清水健太氏が王子役を務めている。 チケットは$39~。

  • Vol.38          CBDに続く注目のカナビノイド『CBN』  

    2019年11月22日 マリファナのおはなし

    世界中で続々とマリファナの医療としての可能性が認められていく中、マリファナから抽出される成分「THC、CBD」といえばどのような成分でどのような効能があるかという見解は広がってきています。 日本ではCBDの方が圧倒的に一般的に浸透しているのではないでしょうか。   大麻草にはカナビノイドというマリファナ特有の成分が存在し、前述したTHCとCBDは大麻草に含まれる二大カナビノイドです。簡単に説明するとTHCは精神作用がありハイになり、CBDは精神作用がなく、ガン細胞を自滅させる効能や、イライラの緩和、抗炎症作用によるリュウマチの痛みの軽減、てんかんやPMS、不眠改善の効果があるなど様々な効能があることで知られています。 THC、CBDをはじめ大麻草に存在するカナビノイドはなんと100種類以上といわれていて、私たちが普段耳にしているカナビノイドはほんの一部に過ぎないのです。   世界中で注目され大きく取り上げられているCBDと合わせて最近マリファナディスペンサリーで見かけることの多くなってきたカナビノイドをご紹介します。 その名も「CBN(カナビノール)」です。  

  • Vol.37 マリファナディスペンサリーの昔と今 法改正後の現状(後編)

    2019年11月15日 マリファナのおはなし

    ©Weekly LALALA マリファナが嗜好品になってからたくさんの新しい法律ができ、以前よりも規制が厳しくなったカリフォルニアのマリファナ業界。   政府からすると、安全性の面でも新しいルールを設けなくではならないのはわかりますが・・・やはり昔を知っている人からしたら馴染めないことばかり!というのが正直なところでしょう。   マリファナが嗜好品として解禁されてようやく約2年が経ち、人々も変化や新しいルールに慣れた気がしますが、やはり昔を懐かしむ思いがあるのも確か。  

  • 【開催中~2020/1/5(日)】 ジャパン47アーティサンズ

    2019年11月13日 Los Angeles

    日本の47都道府県を代表する47人の若手クラフト作家たちによる特別展が開催中。 各都道府県の伝統工芸に新鮮なひねりを加えた作品が展示されており、作品を通じて歴史や伝統文化、風土を感じられる作品展。

  • Vol.36   マリファナディスペンサリーの昔と今    法改正後の現状(前編)

    2019年11月08日 マリファナのおはなし

    アメリカ全体でマリファナというものは私たちが思っているよりも根強く浸透しています。それはカルチャーの一部と言ってもいいほどではないでしょうか。特にカリフォルニア、ロサンゼルスではマリファナというものが深く人々の生活に浸透しており、様々な目的で使用されています。人によりますが、ロサンゼルスに住んでいる人はマリファナに対してオープンで、マリファナに対して偏見が一切ないといえるでしょう。   1996年にカリフォルニアで医療用マリファナ解禁になって以降は、カリフォルニア州発行の身分証明証を所持し21歳以上であれば、マリファナドクターに$25~$50を払って15分ほどで簡単に医療用マリファナカードを発行してもらうことができるようになりました。   その後、市民投票の結果、2018年にマリファナが嗜好品として解禁になり、医療用マリファナカードがなくても21歳以上と証明できる政府発行の身分証明証があれば、アメリカ国民でなくてもマリファナディスペンサリーに行ってマリファナ製品の購入、使用ができるようになりました。   今でこそ誰でも気軽に入れる明るい雰囲気のディスペンサリーですが、以前はお店自体の雰囲気も、お店のシステムも、マリファナの売り方なども大きく違っていましたし、お店づくり、サービス、スタッフの教育などについても、意識が低く力が注がれていなかったように感じます。「アンダーグラウンド感が強かった」というのが正しい表現かもしれません。   私はラッキーなことにマリファナが嗜好品になる前と後、そのトランジションの間もマリファナディスペンサリーで働いていたので、その変化と一部始終を目で見て経験することができました。2018年以前と以後のディスペンサリーを見てきてひとこと言えるのは、「以前のほうがワイルドで奇想天外でなんでもアリでおもしろかった」でしょうか。   摘発される違法マリファナディスペンサリー マリファナ解禁以降、カリフォルニアではディスペンサリーの数が増え続けていると思っている方が多いようですが、実はその逆で、ディスペンサリーの数は減り続けています。以前は州から許可を得ていない違法ショップを含めて4000件ほどのマリファナディスペンサリーがカリフォルニア州に存在していました。しかし、現在では無許可で営業されているディスペンサリーはBureau Of Cannabis(ビューラル・オブ・カンナビス)という大麻取締局に摘発されていっているので、ディスペンサリーの数は以前の10分の1の400件ほどになっています。   ©Weekly LALALA  

  • 【11/8(金)~12/29(日)の金~日曜日】 スノー・デイ

    2019年11月06日 Los Angeles

    今年も雪のないLAで思いっきり雪遊びができるパークが期間限定でオープン。 スノーチューブが楽しめる他、美しい光のショーもある。 ラウンジではホットサイダーやココア、ビールなども楽しめる。 入場料は$12~。

  • Vol.34 マリファナの知識をつけるならこのアプリ!「Leafly」  

    2019年10月25日 マリファナのおはなし

    ©Weekly LALALA   先週はディスペンサリーのことならなんでも調べられる「Weedmaps」をご紹介しましたが、もう一つ、マリファナのことならお任せ!なアプリが存在するのをご存じでしょうか?その名も Leafly (リーフリィ) です。   Leaflyは2010年にスタートしたアプリで、マリファナの恩恵を誰でも受けられる世界にしたいというのがテーマのアプリ。ディスペンサリーのことを調べられるWeedmaspに対して、Leaflyはマリファナ全般について知識と教養をつけるためのアプリ、というイメージです。LeaflyにもWeedmapsと同様にディスペンサリー検索機能はついていて、前者と比べると掲載しているディスペンサリーは圧倒的に少ないですが、ユーザーたちによる商品のレビューページもあればマリファナに関しての知識を得られるコラムや最新ニュースの掲載が本当に多い!   Weedmapsとは一味も二味も違うマリファナアプリには、私もバッテンダーとして働き始めてマリファナについて学び始めたころに相当お世話になりました。 Leaflyにはどんな機能があるか見てみましょう!   圧巻!マリファナ品種図鑑 Leaflyの機能の中で一番有名なのは、マリファナの品種図鑑です。何千とあるマリファナの種類が掲載されており、圧巻なのは品種一つひとつの情報量。インディカなのかサティバなのかハイブリッドなのかの記載はもちろん、その品種のカナビノイド(マリファナの成分)の平均的な割合やテルペンプロファイルまでも見ることができ、日常のどのようなシーンにぴったりなのかの記載もあります。  

  • Vol.33 マリファナ専門のウェブサイト「Weedmaps」  

    2019年10月18日 マリファナのおはなし

    ©Weekly LALALA Weedmapsはアプリですが、weedmaps.comでもこの素晴らしい機能を全て使用できます。     マリファナが合法である州にいたこと、住んだことのある人なら一度は耳にしたことのあるマリファナ専門のウェブサイト、その名も「Weedmaps(ウィードマップス) 」。weed(ウィード) = Cannabis(カンナビス)で、スラングです。   私が9月に訪れた「Museum Of Weed」もWeedmapsが仕掛けたものなんです!Weedmapsは名前の通りマリファナディスペンサリーや商品のことならなんでも調べられてさらにはデリバリーもオーダーできるという最強アプリです。   その便利な機能をみなさんにご紹介!   ディスペンサリーのメニューが見られる! Weedmapsには各州に存在するほぼ全てのディスペンサリーが掲載されています。そして各ディスペンサリーの住所や電話番号、営業時間などの店舗情報が見られるのはもちろん、現在お店で在庫のある商品メニューと商品の詳細、さらには値段が見られるようになっています。事前に値段を見ることができるのは安心感があって、さらには他店と見比べることができていいですよね!   といってもマリファナが嗜好品になってからというもの、どのディスペンサリーに行ってもほとんど値段に差はなく、大きな差があることはレアだと思います。値段の代わりに各ディスペンサリーで変わるのは税率で、お店側が少し負担しているという場合もありますが、基本的に嗜好用として購入する人は34.5%、カリフォルニアの医療用大麻カード(一般的にDoctor's Recommendation 通称recと呼ばれる)がある人はそれよりも少し税率が低い29.5%の税金がかかります。   レビューが命!? WeedmapsではWeedmapsユーザーたちによる全ディスペンサリーのレビューを見ることができます。お店側がレビューに返信することもできるので、マリファナが嗜好用になる以前、全てがもっと緩かったころにはお店とお客さんとのバトルがWeedmaps上で起こっていました。   とにかくいいレビューがあることが基本なので、「Weedmapsに5つ星レビューを残してくれたらジョイント一本$1で販売!」など各お店が工夫をこらしていいレビューを残すようお客さんに呼びかけています。     いいディールを見つけるなら 各ディスペンサリー、日替わりに特売をやっているお店も存在します!月曜日はMunchie Monday(エディブル)、水曜日はWax Wednesday(ワックス)で10%offの割引きや、マリファナを大きい単位で買うと安くなるオンス(1oz=28g)スペシャルや10gスペシャルなどを実施しているディスペンサリーもたくさんあるので、いいディールを見つけるのも簡単。  

  • Vol.32 「医療大麻ツアー」 by CGS Kuniさん  

    2019年10月11日 マリファナのおはなし

    ©Weekly LALALA プロフィール Kuni (35歳)  岐阜県出身、医療大麻コーディネーター。LA在住歴2年半、現在はパーソナルトレーナーとしても活動。 Instagram:@kuni.ca.la   私がマリファナの正しい知識を日本語で広めようと活動をスタートしてディスペンサリーツアーを始めた今年頭、Twitter上にロサンゼルスで「医療大麻ツアー」を行っている人と出会いました。それが今回ご紹介させていただくKuniさんです。   Kuniさんは医療大麻ツアーという、私とは違った視点からマリファナに触れることができるサービスを行っています。マリファナを医療用として必要としている方が安心して利用できるサービスを提供したいといつも熱く話すKuniさんに、自身のお話を伺ってみました。   ―Kuniさんは、アメリカに来る前はどのような仕事をされていましたか。 製造業界で生産技術者として9年間、設備開発、設計、生産ラインの立上げ業務に携わり、グローバルに活動していました。   ―現在パーソナルトレーナー、マッサージセラピストの資格を持ち、ロサンゼルスでも活躍されていますが、資格を取ろうと思ったきっかけは何ですか。 自身のケガを理由に人間の健康に興味を持ち、同時期に母親のアルツハイマーが発症しました。世界中に最先端の情報を発信するアメリカで解剖学などを学ぶきっかけになり、渡米して資格を取得しました。

  • 【開催中~10/20(日)】   化ける

    2019年10月09日 Los Angeles

    東北に古くから伝わる「なまはげ」「鹿踊」「加勢鳥」「早乙女」の4つの郷土芸能をモチーフにデジタル技術を駆使したインタラクティブ展。 日本の郷土芸能の神秘的な世界が体験できる展示は大好評のため延長展示中。 入場は無料。

  • Vol.31 Blue Dreamzのディスペンサリー・CBDショップツアー!    

    2019年10月04日 マリファナのおはなし

    ©Weekly LALALA ●上写真:バッテンダーさんが今一番おすすめするブランドだそう。   今週は、私、Blue Dreamzが企画・実施しているディスペンサリー・CBDショップツアーをご紹介させて頂きます!   マリファナに馴染みのない人にとってはどうしても壁があるように感じてしまうディスペンサリー。このコラムでも何度も紹介させていただいている通り、大麻にはベネフィットが数え切れないほどあって、老若男女関わらずいいことずくめ。ロサンゼルスを訪れる機会があっても、「行ったことないから」「知識がないから」「英語が喋れないから」という理由で世界最大のカンナビスマーケットを体験しないのではもったいない! マリファナの魅力に触れてほしい! マリファナ愛に溢れる私はそんな思いからツアーを企画したいと思うようになりました。   経験豊富な元バッテンダーだからできること 「マリファナに興味がある人がいるなら、私の知識と経験を使ってサポートしたい!」 私自身、過去のダークな期間にマリファナに助けられたという過去があり、マリファナへの大きな愛があります。また、元バッテンダーだった経験があるからこそお話しできること、シェアできる情報がたくさんあります。多くの人にマリファナの魅力を見て感じてほしいし、マリファナはドラッグとして認識されるべきものではなく、合法の国ではこんな風にカジュアルに販売されているんだよということを知っていただけたらと思うんです。本で読んでも、ソーシャルメディアやツイッターで情報をかき集めても、やはり自分自身の目で見て身をもって感じる以上の経験はありません。   そんな思いからスタートした「Blue Dreamzディスペンサリー・CBDショップツアー」ではマリファナのことを学び、さらには実際のディスペンサリーやCBDショップを見て回れる内容になっています。ツアーの参加条件はディスペンサリーツアーが21歳以上です。CBDショップは普通の小売店と変わりませんので年齢に関係なく入店できます。  

  • 手記 ケース2「DUI : プロベーション期間中の3度目」 後編 ウエスト・ロサンゼルス在住 JTさん(男性)  

    2019年10月04日 あの時何が起こった!?

    3回目のDUIで逮捕され、まず最初にわかったのは、私が出廷するのはコンプトン裁判所であること。1ヶ月に一度は出廷して検察官などお役所の人たちと話し合いを持たないといけないということ。しかし、ショックだったのは、あまりに裁判にかかる人が多すぎて順番待ちのため、自分の裁判が終了するのは5ヶ月先!まだまだ先の話だということだった・・・。   <前編よりつづく>  そのDUIで逮捕された5年前、ちょうど私は自分の会社が債務を負っていた状況下で、金銭的にも全く余裕もなく、保釈金など払えるはずもなかった。それが一つの理由だったが、三度目の失敗の罪を償うことを心に決めた。そしてカウンティジェイルでの生活が始まった。    裁判判決が出るまでの5ヶ月間、私が寝泊まりしていたのは、あのテーマパーク、シックスフラッグス・マジックマウンテン近くにある郡の留置場。そこから月に一度、コンプトンの裁判所に出廷することを言い渡された。私は最終の判決が出るまで、この留置場から裁判所に5回ほど通った。    私が収容されたのは、刑に処された人が入る刑務所(プリズン)ではなく、判決待ちの人などが入る短期間の留置場(ジェイル)ではあったが、本当にたくさんの人が収容されていた。巨大な敷地は、いくつかの棟に分けられていて、ノース棟、サウス棟、そして私がいたスーパーマックス棟で構成。一つの棟に5万人ほどがいて、部屋がたくさんある。各部屋には2段ベッドが置かれ、一部屋に60人が寝る。留置場内では収容者用の色分けされた服を着用するのだが、私のような軽犯罪者はブルーの服、重犯罪者は映画やドラマでもよく見るようなオレンジ、怪我人や病人は茶色など、細かく分かれていて他の色もいくつかある。    ここにはギャングの人たちもたくさんいたし、ショッピングモール内でスケボーに乗ってセキュリティに捕まり、裁判に行かなかったことで10日間拘留という、やってはいけないことだが重犯罪と比べたら本当にささいなことで入っていた青年。交通違反で裁判に出廷していなくて、旅行から帰ったところを税関で捕まり、そこから直接ジェイルに護送された人というのもいた。    留置場内は、夏は冷房、冬は暖房と快適に過ごせる気温が保たれているし、三食用意され、テレビもある。その他は何もすることがないので、究極に退屈だ。ただ、ここに来てよかったと思うのは、来る前より健康になったこと。以前は血圧も高くメタボ気味だったところが、留置場の食事ときたら食べ物に塩気はまったくなく、毎日豆を食べ、テリヤキが出てもうっすらとしか味のついていない病人用の食事に近いものが出る。インスタントラーメンを買ったとしても、熱湯を犯罪に使われないようにゆるま湯でしか食べられないので美味しくない。タバコも吸えないし、朝もちゃんと起きて、夜ちゃんと寝るために昼寝もしない。そんな規則正しい生活で血圧もかなり下がった。    そんな生活の中で唯一、外出できるのが月に1回のコンプトン裁判所への出廷。これこそは1日が長く感じる苦痛な日だった。朝5時に起きて、3人一つのチェーンに繋がれてバスに乗せられ、LAダウンタウンにあるツインタワーに護送される。ここで各裁判所への仕分けがされる。またバスに乗せられ裁判所に着き、そこでまた長い間待って、話し合いに入る。ものの10分ほどで要件は終わり、またバスに乗ってツインタワーで仕分けされ、夕刻にマジックマウンテン近くの留置場(自分の寝床)に戻る。といったほとんど意味をなさない一日で終わる。    5か月後の判決で裁判長が私に言い渡したのは、罰金などのほか、執行猶予4年、ロサンゼルス郡からの外出禁止。そのために1ヶ月に1回裁判所を訪れ指紋採取を行うことだった。4年間きちんと通った。しかし、同時期にビジネス上での訴訟に負けて自分が保有していた8万ドルも取られ、差し押さえにも遭った。    そして先月プロベーション期間を終えた。そんな状況だったところから、私は手に職を生かして仕事を始め、今また一歩一歩着実に前に進んでいるのです。

  • Vol.30 マリファナの展示会「Hall Of Flowers」レポート  

    2019年09月27日 マリファナのおはなし

    ロサンゼルスから飛行機で1時間ほど、サンフランシスコの北にあるSanta Rosaで9/18・19の2日間開催されたマリファナの展示会「Hall Of Flowers」に参加してきました! この展示会は前々から良い評判を聞いていたので、とても楽しみにしていましたが、私は行きのフライトがキャンセルされたため、残念ながら2日目のみの参加となりました。   巨大な会場では指定の場所で喫煙OK! 1日目は関係者のみ入場できて、2日目は一般に開放され、21歳以上であれば誰でも入場可能。チケットは約$400でした。   会場は午前11時にオープン。会場に12時に着くとすでに人がいっぱいでした。会場内には4つの建物がありカテゴリーごとに分かれていて、丸一日いれば全てのブースを回れるかなという大きさ。想像以上の規模でした。   約150もの一流カンナビスブランドがブースを連ね、著名人を迎えての講演会があったりフードトラックがあったりDJがプレイしていたり、関係者も一般の人も楽しめる内容になっていました。中庭の芝生の上にはイスとテーブルの他にビーズクッションが置いてあり、そこで談笑する人がたくさん。9月の暖かい日差しが降り注ぐ中、人々はマリファナをふかして終始和やかな雰囲気でした。   建物から25フィート (約8メートル)離れていればどこでも喫煙OKというなんともカンナビスフレンドリーな空間で、外にブースのあったワックスのブランドは無料でダブ(ワックス)を振舞い、中にはランチを食べてジョイントを吸って、スヤスヤお昼寝している人もちらほらと見かけました。マリファナの平和さが垣間見れたほっこりする一面でした。  

  • 手記 ケース2 <前編> 「DUI : プロベーション期間中の3度目」 ウエスト・ロサンゼルス在住 JTさん(男性)  

    2019年09月25日 あの時何が起こった!?

    先月の8月で、5年間のプロベーション期間(保護観察期間)が終わった。50代半ばでDUIで逮捕された自分にとって、この5年はなんとか自分の人生を立て直そうと必死で働いた。一歩一歩ゆっくりではあるが、前を向いて歩きだしている。     追突した車が逃走!  3度目のDUIで逮捕されたのは5年前の2月のこと。ゴルフコンペの賞金が入ったので帰りに仲間とみんなでトーランスの居酒屋で食事して、わいわい賑やかに楽しい時間を過ごした帰りだった。もともとたくさん酒を飲めるほうではないので、付き合い程度に飲んで食事を楽しんだ後、夜7時には店をあとにした。帰りは運転し、家のすぐ近くのフリーウェイの出口を降りようとしたその時、すぐ後ろを走っていたジープチェロキーに軽く追突された。    私はフリーウェイの脇に乗り上げる形で停車。すぐさまポリスカーが来た。その若い警官が私に「君、大丈夫か? すぐにUCLAのホスピタルに行って、体に異常がないかどうか検査に行きなさい」と話しかけているその瞬間に、信じられないことが起きたのだ。私の車に追突したジープが免許証や保険証の情報交換も何もしないまま、スーっとその場から立ち去った。いや、立ち去ったわけじゃない。逃げたのだ。     事故後の身体(血液)検査で飲酒運転が判明  走り去るジープを見ながら、警官に「あの車だよ!あの車が追突したのに逃げようとしてる。捕まえてくれ!」と私は詰め寄った。警官は、「大丈夫だよ。車のナンバーもわかっているし、後でレポートできるから大丈夫」と私をなだめる。ああ、そうか。とその時は納得した自分だったが、それに納得したのがそもそもの間違いだった。彼はまだ警官になりたての新米警官で、あろうことか、のちの裁判で「後ろに追突した車など、いなかったことにしてくれ」と自分の対応ミスをもみ消そうとして、裁判を長引かせることになる。    まぁ、そのことは置いておいて、とりあえずその足で、私はすぐまた停車していたフリーウェイから車に乗り込んでむち打ちやケガなどの身体検査のためにUCLAホスピタルへ行った。そこで行われた血液検査で、飲酒運転と判定される0.08以上の血中アルコール濃度が出てしまったため、そのまま逮捕されてしまったのだ。     逮捕からツインタワーへ  3度目のDUI。過去2度のDUIによる10年間のプロベーションが終わるまであと7ヶ月のところだった。プロベーション終了間際で再び逮捕された。初回のDUIであれば、一晩だけ留置場に拘留されて家に帰ることができるが2回以上、さらにプロベーション期間内での再犯となると、そういうわけにはいかない。    病院で検査が終わるとすぐさま逮捕され、ロサンゼルス・ダウンタウンにある「ツインタワーズ・コレクショナル・ファシリティ(The Twin Towers Correctional Facility)」、通称ツインタワー(LAダウンタウンのBauchet ストリートにある2つの棟でできている建物)に護送された。    そこで知らされたことだが、まずわかったのは、私が出廷するのはコンプトン裁判所であることだ。さらに1ヶ月に一度は出廷して検察官などお役所の人たちと話し合いを持たないといけないということ、さらには、裁判が終了するまでにかかる期間は5ヶ月というまだまだ先の話であること(あまりに裁判にかかる人が多すぎるため、かなりの順番待ち)。    たしかに保釈金10万ドル、またはベイルボンドを利用してその10%を払えば保釈されて、家から裁判所に通うことができるが、そんな高額な保釈金なんてどうやってもその時の自分には、捻出できるわけもない。    私はこれまでの罰を受けるべく、5ヶ月間を塀の中で過ごすことを心に決めた。   <後編へ続く>

  • 【9/28(土)& 10/4(日)~10/23(日)の金~日曜日 & 10/16(水)~10/20(日) & 10/23(水)~11/2(土)】 ロサンゼルス・ホーンテッド・ヘイライド

    2019年09月25日 Los Angeles

    現在は使われていない廃墟と化した昔の動物園跡地で、今年もハロウィーンのイベントが行われる。 ゴーストやゾンビがどこからともなく襲いかかってくる恐怖は絶叫間違いなし。 ゾンビや生首が潜む夜の廃墟で恐怖体験をしてみては?入場料は$44.99~。8歳以下は入場不可。

  • 【開催中~9/29(日)】 エンゼルス  VS  アストロズ

    2019年09月25日 Los Angeles

    大谷翔平選手が所属するロサンゼルス・エンゼルスが、ヒューストン・アストロズとの4連戦で今季最終戦を迎える。 27日にはトラウトのジャージがもらえるスペシャルデーなのでお見逃しなく。