33件中、1~20件表示

  • カルチャーサロン 「クレア」 ひまわりセール開催中!  

    2020年08月20日

      カルチャーサロン「クレア」では、マスクスプレー、マスクウォッシュ、マスクチャームなどタイムリーな人気アイテムを予約制で随時販売中。テキストで問合せしよう。テキスト番号は310-866-6495。   また、クレアでは、Zoom&無料体験クラスを開講。ステイホームを楽しくしてくれる魅力的なクラスが満載。詳細はホームページにて。そのほか、ホームページではジュエリーや雑貨などのおすすめ商品を写真付きで紹介しているのでチェックしてみよう。     カルチャーサロン「クレア」 www.us-crea.com      

  • J. sweets トーランスデルアモ店 オープン!  

    2020年07月22日

      6月末よりデルアモショッピングセンター隣り、ミツワマーケットプレイス内に移転した「 J. sweets」。現在、神戸風月堂のスペシャルセール、ROYCE’のお得なプロモーションも実施中。その他、ギフトにもおすすめの源吉兆庵、ヨックモック、山本海苔なども取り扱いをしている。   本誌の広告持参で先着20名様にヨックモックのシガール抹茶アソートメント(39ドル)をプレゼント!(商品プレゼントはトーランス店のみ)     J. sweets 3525 W. Carson St. #164 Torrance CA 90503 310-328-8333  

  • 第四十回 バイデン陣営による有力女性政治家への身元調査(vetting)  

    2020年07月07日 アメリカ101

     伝わってくるのは、11月3日の投票日に向けて“起死回生”をはかるトランプ陣営による周到な「中傷/悪口/人身攻撃作戦」(smear campaign)へ向けた準備です。新型コロナウイルス渦に加えて白人警官による黒人殺害事件の続発に伴う人種差別撤廃に向けた抜本的な社会・制度改革の必要性が高まる中、強硬路線を突っ走るドナルド・トランプ大統領は、支持基盤の地固めに加えて、民主党の対立候補指名が確実なジョー・バイデン前副大統領と、副大統領候補となる女性政治家の“あら探し”を選挙戦の中心に据えて、巻き返しを図る戦略のようです。    トランプの再選は、各種世論調査での支持率が40%前後に低迷、バイデンに2ケタも引き離されるという状況が続き、暗雲が立ち込めています。2017年に就任以来の支持率の低さは近年の大統領の中で際立っています。任期中にはさまざまな出来事次第で支持率は大きく上下するのが通例で、ブッシュ親子についてみると、息子ブッシュ(43代)は2011年の同時多発テロ事件への対応で一時は90%を超えたものの、逆に20%台に低迷するという振れの大きさでした。父ブッシュ(41代)も第一次イラク戦争で80%台後半の高い支持率を記録したあと、経済面での失政から20%後半に急落、再選に失敗して引退を余儀なくされています。   ところがトランプは就任以来3年半で、40%から50%という、「安定した」狭い幅を上下していて、基本的には、「必ず投票所に足を運ぶ」という“基礎票”は4割とみていいでしょう。これに、どれだけ浮動票を上積みできるかが当落のカギを握るわけですが、前回2016年選挙では、ヒラリー・トランプの“不人気”という“敵失”で勝利したものの、今回はトランプ政権への幻滅感が浮動層に強まっていて、苦しい展開です。    再選には株価上昇に見られる好況持続と、「小さな政府」哲学貫徹を売り物としたトランピズム(トランプ主義)がセールスポイントですが、コロナウイルス渦と人種差別問題が緊急課題として浮上してきたことで“ご破算”となり、模索が続いていました。これまでは、性急な経済活動再開促進や地固めのための大規模な地方遊説集会が軸となってきましたが、選挙戦の本格化で、個人攻撃を前面に打ち出す方向が強まる見通しです。    トランプの「あら探し」作戦は、弾劾訴追にまで追い込まれた「ウクライナ疑惑」での、息子ハンターをめぐるバイデンの介入疑惑を利用したウクライナ政府への働きかけが核心でした。そしてバイデン本人については女性事務職員へのセクハラ疑惑が依然としてくすぶっていますが、当面は8月早々にずれ込んでいるバイデンの副大統領候補選びの行方が焦点です。バイデン陣営による有力女性政治家への身元調査(vetting)が進んでいますが、同時にトランプ支持組織による“身体検査”も、情報公開法に基づく調査を含めてきわめて広範囲に進められていると伝えられます。有力視されるエリザベス・ウォーレン上院議員には「アメリカン・インディアン・コネクション」、カマラ・ハリス上院議員には「交際男性関係」といった手がかり材料があり、白紙状態だった候補政治家についても、当然ながら“あら探し”が進行中でしょうし、バイデン側も、それを注視しながら、対応策を練るという舞台裏での動きが活発となっていることは間違いありません。派手な表面の動きとは裏腹の、魑魅魍魎が徘徊するウラの世界への目配りも欠かせません。      著者/佐藤成文(さとう・しげぶみ) 通称:セイブン 1940年東京都出身。早稲田大学政治経済部政治学科卒。時事通信社入社、海外勤務と外信部勤務を繰り返す。サイゴン(現ホーチミン市)、カイロ、ベイルート、ワシントン、ニューヨーク、ロサンゼルス各支局長を歴任し、2000年定年退社。現在フリーランスのジャーナリストとしてロサンゼルス在住。  

  • SAI ZEN アンチエイジング 父の日セール!  

    2020年06月18日

    人々の健やかな生活をサポートする「パイウォーター」商品を提供するパイウオーター トーランスでは、薄毛、抜け毛などを防ぎ、髪を育てる「SAI ZENアンチエイジング」シリーズを販売。また6月30日まで「父の日セール」実施中!セールでは、アンチエイジングのシャンプー&セラムのセット通常$140が$100になる!敏感肌にも安心、自然原料で作られたプロダクトを一度お試しあれ。     パイウォーター トーランス 310-328-9800 トールフリー 800-399-2241 1757 W. Carson St. Suite B Torrance CA 90501 (イーストゲートプラザ内) www.piwaterstore.com        

  • エコドライブ オートセールス 3月のおすすめ  車購入で 「カープールステッカー」プレゼント

    2020年03月18日

    プリウスPHVなどに貼付けてある「カープールステッカー」。 このカープールステッカーは、通常2人以上乗っていないと利用できないカープールレーンを1人でも利用できる便利なステッカー。 渋滞の多い時間にフリーウェイを使って通勤する人には大変便利!このステッカーを取得できる対象車両は、電気自動車・プラグインハイブリッド・水素電池車などのエコカーとなる。 詳細はエコドライブまで問合わせよう。

  • 米でも買いだめ、企業も対策 新型コロナ感染拡大で  

    2020年03月07日

     【ニューヨーク7日時事】新型コロナウイルスの感染が拡大する中、米国でも必需品を買いだめする動きが出ている。小売店やインターネット通販は「特需」の恩恵を受ける一方、品不足などへの対応に追われている。   交流サイト(SNS)には、小売店に人々が殺到する様子が多数投稿されている。中には「終末後の世界では、トイレットペーパーが新たな通貨になるだろう」と、買いだめ行為をちゃかすようなものも見られた。   小売り大手コストコ・ホールセールが今月発表した2月の既存店売上高は、前年同月比12・1%増えた。同社は「新型コロナに対する懸念」が需要増につながり、売り上げを約3%分押し上げたとみている。   特に売り上げが伸びているのは消毒液や飲料水、保存食。「毎日商品の配送は受けているが、一部商品の需要増を考慮すると不十分」(ガランティ最高財務責任者)として、購入点数に制限を設けている。   ネット通販でも、マスクなどの需要が高まっている。米メディアによれば、最大手アマゾン・ドット・コムで除菌シートなどが通常の8~10倍の価格で販売される例が見られた。アマゾンは価格がつり上げられた商品数万点をサイトから削除した。   写真:6日、ロサンゼルス近郊のバーバンクで、武漢市のような事態になるのを恐れ、買いだめに走る市民  

  • 航空券購入のベストな タイミングって!? @Tabitで格安チケットを入手! 

    2020年02月05日

    国内線から国際線、さらには日本でのJRパスまで取り扱いあり。「いつ買えば安いのか」や、「いつ安くなるのか」といった航空券の料金は気になるもの。 航空券の料金は、各航空会社がコントロールしているため毎日変動するが、@Tabitではフライトの空席状況確認し、一人ひとりの旅程内容によって購入時期をアドバイス。 また、お得なセール情報などもメールマガジンにて配信中!LINEでの航空券問合わせも可能だ。

  • 健康な身体作りのための水 パイウォータートーランス メーカー創業30周年記念セール

    2020年01月29日

    パイウォーターのメーカー創業30周年記念として、トーランス店では2月1日(土)〜15日(土)の期間中セールを開催!家庭用浄水器AP-550。 AP-560を$493.00+Tax の特別価格で提供。味しく身体の中から活性化するパイウォーター水を造るパイウォーター製品をこの機会に手に入れよう。 同店では、浄水器、シャワー・バイパス、美容健康グッズ、ウォータートリートメント・ソフトナーを取り扱っている。

  • メルセデス・ベンツに抱く夢   メルセデス・ベンツ公認マスター 佐藤 敏樹 Toshiki Sato    

    2020年01月22日 ロサンゼルスで暮らす人々

    ロングビーチにあるディーラーにオフィスを構えるメルセデス・ベンツ公認マスターの佐藤敏樹さん。「このブランチにはこの夏、新しいショールームがオープンします。ラグジュアリーかつ広々とした空間に完成しますので、ぜひ気軽に体験しに足を運んでいただきたい」 https://www.mbzlongbeach.com/

  • HQビデオ トーランス店 1/29まで移転大セール中!

    2020年01月22日

    HQビデオ トーランス店では、1月29日(水)まで移転大セール実施中! 日本のテレビ番組やアニメ、映画などをレンタル、および販売をしている。 スポーツやバラエティ、歌番組や幼児向け番組や時代劇、最新のドラマまで幅広く取り揃えているため、見逃してしまった番組や昔懐かしの番組も気軽の問合せてみよう! また、2月1日(土)からは、移転大オープンセールを実施。

  • エコドライブ オートセールス アメリカだからこそドライブレコーダー 取付工賃コミコミセットでお得に設置

    2020年01月22日

    万が一の時に目撃者となってくれるドライブレコーダー。KENWOODのAUTHORIZED DEALERである同店がお勧めするドライブレコーダーを本体+取付工賃込みのセット価格をご用意。 プロのメカニックが配線を裏取りするので取付後の見た目もすっきり! また、フロント用・リア用のドライブレコーダーで、常時録画・イベント記録・手動録画・静止画記録が可能。 前と後にカメラを取付けることで、前後方同時録画ができるので安心だ。 その他、各種ドライブレコーダー取り扱い・詳細はお気軽に問合せを。

  • 【第十一回】 ロサンゼルスのホームレス事情  

    2019年12月27日 アメリカ101

    先日、数年振りにロサンゼルス・ダウンタウンにあるフラワー・マーケットを訪れたあと、北上してリトル東京に向かう途中の「スキッド・ロウ」(Skid Row)の“賑わいぶり”に改めて気が滅入るという経験をしました。   高層ビルが立ち並ぶ市中心部の東側に位置することから、「セントラル・シティー・イースト」とも呼ばれる、「ホームレスの世界首都ロサンゼルス」を象徴する一帯で、過去何回も取材で訪れたものの、今回目に付いたのは、歩道に並ぶカラフルなキャンプ用テントでした。 時代の移り変わりを象徴する風景ではあるものの、路上生活者の数が増えていることを実感した次第です。   「東京都(人口1390万人)が1037人、ロサンゼルス郡(同1010万人)が5万8936人(うちLA市3万6165人)」というホームレス人口統計だけで、ロサンゼルスが抱える問題の深刻さが浮かび上がります。 しかも、東京が減少を続けているのに対し、LAの場合は過去4年間で33%増加という加速ぶりで、ロサンゼルス・タイムズ紙が郡内在住の有権者901人を対象に今年11月末に実施した「LAが抱える問題は?」という世論調査では、ホームレス問題が「重大/極めて重大」と回答した人が95%にのぼり、交通問題(88%)や住宅問題(85%)を抑えて断然トップの関心事となっています。   もちろん「ホームレス」はLAだけの問題ではなく、その数からすればニューヨーク市が7万8000人でトップ、以下LA、シアトル(1万2000人)、サンディエゴ(8500人)などとなっています。   「ホームレス」といっても、一時的なシェルターやモーターホーム、自動車などで寝泊りする人などの形態があるのですが、LA以外の都市では、大部分のホームレスがシェルターや自立支援施設などに収容されており、文字通りの「路上生活者」の比率が低い(ニューヨーク市ではわずか5%)のに対して、LAでは4分の1が野天暮らしを余儀なくされており、全米の路上生活者の20%を占めているという有様です。   ホームレス増加の背景としては、労働賃金の伸び率が低い一方で住宅費の高騰で住居を確保できないというケースが多く、とくに、失業で家賃を払う術がなくなったことを理由にあげる人が半分に達しています。エンゲル係数は低所得層ほど生活費に占める食費の比率が大きくなるとする法則ですが、それと同じ伝で、ロサンゼルス一帯では住宅コスト高騰により貧しい世帯ほど賃貸料負担が増える傾向があります。   LAの場合は、過去5年間の月間賃貸料中央値は1322㌦と高水準なため、所得の90%以上を住居費として支出する人は78万人以上とのことで、「ホームレス予備軍」の大きさを物語っています。 また精神障害者、薬物中毒者など身体的な問題を抱えるホームレスの存在も、問題を複雑化させています。   当局も手をこまねいているわけではなく、LA市・郡共同でホームレス対策に特化した総合行政組織LAHSAを1993年に立ち上げて以来、2回の住民投票によりセールス・タックスと不動産税の引き上げで財源を確保、1万戸の住居施設建設を中心に積極的に取り組んでいるものの、目に見える成果はないため、前記の世論調査でも、住民の間でのフラストレーションと怒りの高まりがうかがえます。   2028年のロサンゼルス五輪が問題解消のメドとなっているようですが、前途多難としか言いようがありません。      著者/ 佐藤成文(さとう・しげぶみ) 通称:セイブン 1940年東京都出身。早稲田大学政治経済部政治学科卒。時事通信社入社、海外勤務と外信部勤務を繰り返す。サイゴン(現ホーチミン市)、カイロ、ベイルート、ワシントン、ニューヨーク、ロサンゼルス各支局長を歴任し、2000年定年退社。現在フリーランスのジャーナリストとしてロサンゼルス在住。  

  • スラング「Okie」から見る、今後のカリフォルニアの略称は?

    2019年12月26日

     先日、数年振りにロサンゼルス・ダウンタウンにあるフラワー・マーケットを訪れたあと、北上してリトル東京に向かう途中の「スキッド・ロウ」(Skid Row)の“賑わいぶり”に改めて気が滅入るという経験をしました。 高層ビルが立ち並ぶ市中心部の東側に位置することから、「セントラル・シティー・イースト」とも呼ばれる、「ホームレスの世界首都ロサンゼルス」を象徴する一帯で、過去何回も取材で訪れたものの、今回目に付いたのは、歩道に並ぶカラフルなキャンプ用テントでした。時代の移り変わりを象徴する風景ではあるものの、路上生活者の数が増えていることを実感した次第です。    「東京都(人口1390万人)が1037人、ロサンゼルス郡(同1010万人)が5万8936人(うちLA市3万6165人)」というホームレス人口統計だけで、ロサンゼルスが抱える問題の深刻さが浮かび上がります。 しかも、東京が減少を続けているのに対し、LAの場合は過去4年間で33%増加という加速ぶりで、ロサンゼルス・タイムズ紙が郡内在住の有権者901人を対象に今年11月末に実施した「LAが抱える問題は?」という世論調査では、ホームレス問題が「重大/極めて重大」と回答した人が95%にのぼり、交通問題(88%)や住宅問題(85%)を抑えて断然トップの関心事となっています。    もちろん「ホームレス」はLAだけの問題ではなく、その数からすればニューヨーク市が7万8000人でトップ、以下LA、シアトル(1万2000人)、サンディエゴ(8500人)などとなっています。「ホームレス」といっても、一時的なシェルターやモーターホーム、自動車などで寝泊りする人などの形態があるのですが、LA以外の都市では、大部分のホームレスがシェルターや自立支援施設などに収容されており、文字通りの「路上生活者」の比率が低い(ニューヨーク市ではわずか5%)のに対して、LAでは4分の1が野天暮らしを余儀なくされており、全米の路上生活者の20%を占めているという有様です。    ホームレス増加の背景としては、労働賃金の伸び率が低い一方で住宅費の高騰で住居を確保できないというケースが多く、とくに、失業で家賃を払う術がなくなったことを理由にあげる人が半分に達しています。 エンゲル係数は低所得層ほど生活費に占める食費の比率が大きくなるとする法則ですが、それと同じ伝で、ロサンゼルス一帯では住宅コスト高騰により貧しい世帯ほど賃貸料負担が増える傾向があります。 LAの場合は、過去5年間の月間賃貸料中央値は1322㌦と高水準なため、所得の90%以上を住居費として支出する人は78万人以上とのことで、「ホームレス予備軍」の大きさを物語っています。 また精神障害者、薬物中毒者など身体的な問題を抱えるホームレスの存在も、問題を複雑化させています。    当局も手をこまねいているわけではなく、LA市・郡共同でホームレス対策に特化した総合行政組織LAHSAを1993年に立ち上げて以来、2回の住民投票によりセールス・タックスと不動産税の引き上げで財源を確保、1万戸の住居施設建設を中心に積極的に取り組んでいるものの、目に見える成果はないため、前記の世論調査でも、住民の間でのフラストレーションと怒りの高まりがうかがえます。2028年のロサンゼルス五輪が問題解消のメドとなっているようですが、前途多難としか言いようがありません。    著者/ 佐藤成文(さとう・しげぶみ) 通称:セイブン 1940年東京都出身。早稲田大学政治経済部政治学科卒。時事通信社入社、海外勤務と外信部勤務を繰り返す。サイゴン(現ホーチミン市)、カイロ、ベイルート、ワシントン、ニューヨーク、ロサンゼルス各支局長を歴任し、2000年定年退社。現在フリーランスのジャーナリストとしてロサンゼルス在住。  

  • Max 5 GOLF 年末感謝セール開催中!

    2019年12月26日

    有名ブランドのゴルフクラブからウェア、グッズまで、最新モデルを取り揃えるMax 5 GOLFが年末感謝セールを開催中!50〜70%OFF(一部の商品は除く)。また、同店では毎週、会員に向けて新しい商品などが掲載されたニュースレターを会員に配信している。最新のゴルフクラブをホテルまでデリバリーしてくれるレンタルサービスもあり、日本からのお客様やアメリカ国内からの出張者の人に便利と好評だ。35ドル〜(会員)/45ドル〜(会員以外)。要予約/Pick Up可。営業:月~土10am~6:30pm、日曜定休。

  • HQビデオコスタメサ店では 12月31日まで大セール中!

    2019年12月11日

    年末年始のホリデーシーズン、出かけるのもいいけれど、家でまったりDVD鑑賞をしながら寛ぐのはいかが? 日本語DVDのレンタル&販売を行っているHQビデオ・コスタメサ店では、12月31日まで、連ドラ、韓ドラ、時代劇、アニメなどのセットを3個買うと、次の1セットが無料(最低価格のものが無料)。 邦画、アニメも含めてどれでも3個買うと1個無料。

  • 東京ビューティ、 ホリデースペシャルを開催。 人気のスキンケアを大セール!

    2019年12月04日

    外出する機会が増える季節、お肌に磨きをかけてホリデーシーズンを楽しもう。 東京ビューティでは、12月中にお買い上げの方全員に「ホワイトパールのクラッチポーチ」を、100ドル以上お買い上げの方、先着20名様には「洗顔パウダー」($60)もプレゼント。 店頭、電話注文、オンラインショッピングで購入可能。 売り切れる前に急いで!★ハーブクリアジェルピュア $29→$24★ラインケアV $48→$39★ザ・クレンジング $68→$59★ザ・オイルセラム22 $80→$69。

  • 「品質OK! 値段OK! 種類OK! サービスOK!」でおなじみ  OK Opticalが大セール実施中

    2019年12月04日

    「良質の商品・サービスをリーズナブルな値段で」というコンセプトに基づき、検眼からフレーム、レンズの全てにおいて、一般よりも半額の価格を打ち出しているのが大きな魅力のOK Optical。 メガネ用の検眼が$20、コンタクトレンズ用の検眼が$60、メガネ商品は$29~$100ほどと、手頃な値段で提供している。 検眼士も常駐(水曜定休)。 検眼からメガネ・コンタクトレンズ購入まで、一ヶ所で全て完了。 オーナーのダニエルさんは、韓国語、英語に加え、日本語にも堪能。 一度気軽に来店してみては?

  • どろんこヤマノの ホリデーシーズンセール! 2020年1月10日まで!!

    2019年12月04日

    どろんこヤマノでは、11月末から2020年1月10日までの期間中、泥、琥珀 、「医薬部外品」ヘアケア商品等を、割引価格で提供する。 購入金額によってギフトもあるそう。是非この機会に自然派ヤマノ商品試してみよう。 また、「どろんこ美容」では、この期間中フェイシャルコース90分$69を10%引きで提供。このホリデーセールをお見逃しなく。

  • サイゼン育毛ホームケア12月特別セール実施中

    2019年12月04日

    パイウォータートーランス店が今年も12月特別セールを実施している。 1つ目は、アンチエイジング4点セット(定価$270)をセール価格$200で購入すると、セラム(2OZ)とスカルプセラピーのトラベルサイズ(2OZ)をプレゼント。 2つ目は、サイゼンボリュームプラスセットを3セット$300で購入すると、もう1セットプレゼント。 この機会をぜひお見逃しなく。

  • 年末商戦、例年より行列短く 客足はネット通販に移行か  

    2019年11月30日

    【ニューヨーク30日時事】米国で小売り各社が一斉にセールを始める「ブラックフライデー」が29日始まった。セールの前倒しやオンラインショッピングの人気の高まりの影響もあってか、実店舗に長蛇の列をつくる買い物客が例年より少なかった。   一部の消費者は、トランプ政権の対中制裁の関税引き上げによる値上げを懸念しているものの、多くの大手小売店は、値上げに踏み切っていない。   マーケティング会社アドビ・アナリティクスの調査では、ブラックフライデーのインターネット通販の売上高について、前年比20・5%増の75億ドルを見込む。   ウォルマート、ターゲット、コストコ・ホールセール、ベスト・バイなどの小売り大手は、顧客を取り込むため、ネット通販や配送サービスなどを強化した。