全米/ローカルニュース

  • 加州でM6.4の地震 火災や停電発生、死者の情報なし

    2019年07月11日

     【ロサンゼルス 7月5日時事】米地質調査所(USGS)によると、カリフォルニア州南部で4日午前10時33分、マグニチュード(M)6.4の地震が起きた。火災や停電などが発生したが、これまでのところ死者が出たとの情報はない。   震源はロサンゼルス北方約200キロのリッジクレスト市付近で、震源の深さは10・7キロ。人口が少ない地域とみられる。同州カーン郡の消防当局によると、リッジクレスト市一帯で約20件の火災や救護措置に対応した。   トランプ大統領はツイッターに、「全てがしっかりと統御されているようだ」と投稿した。   カリフォルニア州南部は過去にも強い地震に見舞われており、報道によれば、今回の地震は1999年以降で最大規模という。  

  • 須藤さんが6連覇 ホットドッグ早食い

    2019年07月11日

    【ニューヨーク 7月5日 時事】米独立記念日の4日、ニューヨークのコニーアイランドで開かれた恒例のホットドッグ早食い大会で、米国在住の須藤美貴さんが女性部門で6連覇を果たした。10分間で31個を平らげた。   須藤さんは2017年の自己ベスト41個や昨年の37個には及ばなかったが、26個を食べた2位のミシェル・レスコさんの挑戦をかわした。 須藤さんは「気温が高く、トレーニングをきちんとしていなかった」と振り返った。   この日は強い日差しの中、会場の気温は30度近くまで上昇した。 男性部門では、ジョーイ・チェスナットさんが71個を食べ、12回目の優勝を果たした。  

  • 「KIMONO」名称変更へ 下着ブランド使用に批判

    2019年07月11日

     【ロサンゼルス 7月2日 時事】タレント、キム・カーダシアンさんが「KIMONO」(キモノ)という言葉を冠した補整下着ブランドを先週発表し、日本などから批判が相次いだ。反対運動の高まりを受けて、カーダシアンさんは1日、名称を変更する意向を表明した。   「KIMONO」は商標登録も申請されており、「日本文化の盗用」などと反発が広がった。インターネット上では「#KimOhNo」(キム、オーノー)のハッシュタグ(検索用の目印)を付けた反対運動が展開され、商標登録への反対を呼び掛けるネット上の署名への賛同者は13万人を超えた。   京都市の門川大作市長はカーダシアンさんに宛てた書簡で、名称は「きもの文化を愛するすべての人々共有の財産であり、私的に独占すべきものではない」と訴えた。   カーダシアンさんは1日更新したツイッターに「慎重な検討と熟慮の結果、新しい名前でブランドを立ち上げることにした」と書き込んだ。  

  • 「再生」か「革命」か 大統領選 民主討論会  

    2019年07月02日

     【マイアミ 6月28日 時事】来年秋の米大統領選に向けた民主党の初の候補者討論会は27日、フロリダ州マイアミで主要候補が論戦を繰り広げた。各種世論調査の支持率でトップを走るバイデン前副大統領(76)が米国の「再生」を訴えたのに対し、追うサンダース上院議員(77)は「革命」が必要だと主張。他の候補者も必死に存在感をアピールした。   バイデン氏が強調したのは中産階級や労働者というキーワード。トランプ政権が2017年に実施した「富裕層のための」減税を廃止すると明言し、「労働者の尊厳を取り戻し、米国の屋台骨である中産階級を再生する」と訴えた。   サンダース氏も同様にトランプ氏の減税が「1%の富裕層」しか潤していないと主張した。ただ、中道寄りのバイデン氏とは政治手法で一線を画した。「われわれは政治の革命を必要としている。ウォール街や製薬企業、軍需産業、化石燃料産業に立ち向かう度胸がなければ何も変わらない」と語った。   他の候補は、70代の2人をとらえようと躍起になった。黒人女性のハリス上院議員(54)は、人種差別主義の上院議員とかつて政治的立場を超えて協力したことを誇ったバイデン氏の最近の発言について、「あなたが人種差別主義者だとは思わないが、心が痛んだ」と攻撃した。   最年少のブティジェッジ・インディアナ州サウスベンド市長(37)は、サンダース氏が公約する国民皆保険について「現在の制度からどのように移行するのか説明する責任がある」と迫った。  

  • 三菱自、米国本社移転へ 加州からテネシー州に  

    2019年07月02日

     【ニューヨーク 6月26日 時事】三菱自動車の米国法人、ミツビシ・モーターズ・ノース・アメリカは25日、本社をカリフォルニア州サイプレスからテネシー州ナッシュビル近郊のフランクリンに移転すると発表した。8月に移転を開始し、年内に完了する計画。フランクリンには企業連合を組む日産自動車の米国本社があり、調達や開発などの面で同社との連携強化を図る。   三菱自は1988年にカリフォルニア州ファウンテンバレーに米国本社を設立。その後、サイプレスに拠点を移した。現在は約200人の従業員が勤務しており、西部地域担当の25人を除き、販売や人事、商品企画など全ての人員・機能を移転する。ミシガン州アナーバーにある研究開発拠点などは存続させる。   日系自動車メーカーの多くはカリフォルニア州に米国本社を置いていたが、日産が2006年にテネシー州に、トヨタ自動車が17年にテキサス州にそれぞれ移転した。ホンダとマツダは現在もカリフォルニア州に本社を構えている。

  • マリファナ購入は合法店で 加州当局がキャンペーン  

    2019年07月02日

     【ロサンゼルス 6月22日】カリフォルニア州当局は23日、マリファナを、ライセンスがあり信頼できる正規販売店から買うよう広く州民に呼び掛ける、2年間の「Get #WeedWise」キャンペーンをスタートさせた。   違法店舗でマリファナを購入し人体を害する危険性を防ぐ目的と、マリファナ販売による数百万ドルの税収入を確保するのが目的。 キャンペーンではまず、ライセンスを持つ正規店で販売されるマリファナと、違法店で販売される危険なマリファナの違いを一般に教育することを目指す。  

  • 全4500万人の学生ローン免除 サンダース氏が政策発表  

    2019年07月02日

     【ワシントン 6月25日 時事】米大統領選で民主党の候補者指名を争うサンダース上院議員は24日、全ての米国の学生ローン債務を免除する政策を発表した。対象者は4500万人で、総額1・6兆ドル(約172兆円)に上る。全学生ローンの免除に踏み込んだ候補者は初めて。   サンダース氏は財源について、金融取引への課税で賄う方針を表明。株取引に0・5%、債券取引に0・1%、デリバティブ取引に0・005%の税を課すことで、10年間で2・4兆ドルを捻出すると語った。    サンダース氏は2016年大統領選で公立大学の無償化を掲げるなどし、若者の熱狂的な支持を得た。ただ今回は他の候補者も大学無償化を訴え、革新的な政策を競い合っている。   支持率でサンダース氏を追うウォーレン上院議員は先に、世帯収入10万ドル以下の4200万人を対象に最大5万ドルの学生ローンを免除する政策を発表している。  

  • マリブの人気レストラン 駐車場で殺人事件  

    2019年07月02日

     【ロサンゼルス 6月23日】サーファーやバイカーに人気があるPCH沿いのマリブのレストラン「Neptune’s Net」の駐車場で22日午後11時頃、23歳の男性が喉を鋭利な刃物で切られ死亡する事件が起きた。   事件発生時、レストランはすでに閉店後数時間が経っており、集まっていた人らが口論していた。このグループは同レストランで食事はしていなかった。   現場に駆け付けた警官により、容疑者と思われるオンタリオ在住のダニエル・マルドナド容疑者(30)の身柄が拘束された。死亡した男性とは知り合いだった。   「Neptune’s Net」は1950年代にオープンしたシーフード・レストランで、映画「Fast & Furious」「Iron Man 3」「 Point Break」などに登場している。

  • 猛暑で凶悪犯罪6%上昇 USCとLAPDが調査  

    2019年07月02日

     【ロサンゼルス 6月24日】南カリフォルニア大学(USC)のリサーチャーとロサンゼルス市警(LAPD)による合同調査結果が24日に発表され、気温が上がると犯罪率も上昇し、特に凶悪犯罪の発生率は、気温が85度を上回ると5・75%上昇することが分かった。犯罪全体では約2・2%上昇した。   調査ではまた、気温と犯罪率がともに上昇する関係性は、低所得者層が多く住む貧困エリアで特に顕著であることも分かった。 同調査は、2010年から2017年の犯罪レポートや逮捕数などを集計して分析した。  

  • USCの元婦人科医を性的暴行容疑で逮捕  

    2019年07月02日

     【ロサンゼルス 6月26日】南カリフォルニア大学(USC)の婦人科医として30年近くにわたり勤務していたジョージ・ティンダル容疑者(72)が26日、患者400人以上に対する性的暴行容疑29件で逮捕された。   検察官によると、性的暴行はティンダル容疑者がキャンパスのヘルスセンターで働いていた2009年から2016年に起き、被害者は年齢17歳から29歳の学生ら。   USC側は2016年、ティンダル容疑者をめぐる疑惑についての調査に着手し、一連のスキャンダルは昨年学長を辞任に追い込んだ。大学側は、被害者による集団訴訟で2億ドル以上の和解金を支払った。   逮捕時、ティンダル容疑者は自宅に38口径リボルバーを所持していた。違法な所持である可能性が高く、警察が捜査している。