全米/ローカルニュース

  • クロスカントリー部員を橋から落とそうとした女逮捕  

    2019年08月29日

    【ロサンゼルス8月24日】サンタアナの「Ladera Ranch」で23日午後、トレーニングで走っていたCapistrano Valley High Schoolのクロスカントリー・チームの男子生徒が、ホームレスの女に体をつかまれ、高さ数百フィートある橋の上から落とされそうになる事件が起きた。女は、他の男子生徒2人にも暴行した。   オレンジ郡シェリフ局によると、女はステファニー・レドンド容疑者(23)で、殺人未遂容疑で逮捕された。   レドンド容疑者の母親によると、容疑者は離婚した父親の家の近くのトラックで寝泊まりしていた。精神障害を患っており、これまでに十数回入退院を繰り返しており、逮捕歴もあった。  

  • イーグル・ロックで山火事発生、約30エーカー消失  

    2019年08月29日

    【ロサンゼルス8月25日】イーグル・ロックのフリーウェー134号沿いで25日、山火事が発生し、広範囲に広がった煙の影響でフリーウェー134号と2号が一時的に閉鎖された。   同日午後7時時点で、グレンデールやグレンオークス・キャニオンの住宅約100軒に避難勧告が出された。 消防隊員200人以上が消火活動にあたり、翌26日朝には約50%鎮火し、近隣住宅への被害も防いだ。フリーウェー134号は26日に開通したが、フリーウェー2号の北行きは閉鎖されたままだった。   この火事でグレンデールの約30エーカーが消失した。  

  • LAの新人教師、収入の85%が家賃 Zillow調査  

    2019年08月29日

    【ロサンゼルス8月27日】不動産検索サイト「Zillow」の調査結果から、ロサンゼルス地域の新人教師が収入の85%以上を家賃に充てていることが分かった。この割合は、中堅教師で52%、最高給の教師で40%だった。   一戸建てを所有する教師を対象にした調査では、新人教師だと、収入の72%を住宅ローンの支払いに充て、この割合は中堅教師で44%、最高給の教師で34%。低金利のベネフィットを受け、賃貸組に比べて負担はわずかに軽い。   「Zillow」によると、ロサンゼルス地域の中間レント価格は2,386ドル。リバーサイド郡では2,017ドルだった。  

  • Star Wars土産の熱爆弾型水筒持ち込み禁止 TSAが発表  

    2019年08月29日

    【ロサンゼルス28日】米国運輸保安局(TSA)は、ディズニーランドにこのほどオープンした「Star Wars: Galaxy’s Edge」のお土産として人気の熱爆弾型の水筒を、機内持ち込み及び預け荷物として搭乗することを禁じると発表した。   TSAのルールに、「爆弾類のレプリカなどは機内持ち込み及び預け荷物の両方で禁じる」とあるため、搭乗客が事前にツイッターで問い合わせたところ、Star Warsボトルの持ち込みも禁止だと判明した。   TSAは、Star Warsのお土産のライトセーバーとアストロメク・ドロイドは持ち込んでも良いとしている。   

  • 信号無視の犠牲者939人、過去10年で最悪に AAA調査  

    2019年08月29日

    【ロサンゼルス8月29日】AAAのレポートから、信号を無視したドライバーにひかれて死亡した歩行者の人数が2017年、939人にのぼり、過去10年間で最高に達したことが分かった。アメリカで毎日2人が、赤信号で止まらなかった車にひかれて死亡している計算になる。   レポートではまた、ドライバーの85%が「赤信号を無視するのは危険」と認識しているにもかかわらず、ドライバーの3人に1人が「過去1ヶ月間に信号無視をしたことがある」と答えた。  

  • 人類初の宇宙犯罪か=NASA調査  

    2019年08月28日

    アン・マクレーン宇宙飛行士=2014年1月撮影。米航空宇宙局(NASA)提供(AFP時事)    

  • セスナ機が住宅に墜落、2人死亡  

    2019年08月23日

    【ニューヨーク 8月19日時事】メディアによると17日午後、ニューヨーク州ユニオンベールの住宅に小型機が墜落し2人が死亡、1人が行方不明となっている。   墜落したのは双発プロペラのセスナ機。付近の飛行場を離陸した直後に住宅に墜落して炎上した。当時、2階建て住宅にいた3人のうち1人が死亡し、1人が行方不明。セスナ機に搭乗していた3人のうち1人も死亡した。警察当局によると、エンジンにトラブルが発生したとみられるという。    ユニオンベールはニューヨーク市から北に約100キロの田園地域。  

  • トランプ大統領 米国企業は中国事業から撤退を=中国の報復関税に激高  

    2019年08月23日

    【ワシントン 8月24日時事】トランプ大統領は23日、ツイッターで、中国に進出する米国企業に事業拠点の撤退を求めるとともに、米国への生産移転を検討するよう命じた。 中国政府が、9月1日に発動される米国の制裁関税「第4弾」への報復措置を発表したことに対抗するもので、米中摩擦の泥沼化に一層拍車がかかりそうだ。   トランプ氏は「今日の午後、中国の関税に対応する」と警告した。制裁関税の応酬が激化することに備えて「米国企業に対し、中国に代替する拠点を直ちに探し始めるようここに命じる」と強調。 さらに「中国から巨額の資金を盗み取られてきた」「中国を必要としていない。いない方がはるかにましだ」などと怒りをぶちまけた。   これに対して米最大経済団体の商工会議所は、米中貿易摩擦に関する声明を出し、「継続的かつ建設的に取り組むことが正しい対処法だ。関係のさらなる悪化は望んでいない」と指摘。対話を通じて問題解決を図るよう求めた上で、トランプ氏による中国事業の撤退要請をかわした。   また、トランプ氏は、米国で乱用が問題視されている合成麻薬「フェンタニル」の密輸を阻止するため、フェデックスやアマゾン・ドット・コムなどの米宅配・通販大手に対して、中国からの郵便小包を厳しく監視するよう求めたと明らかにした。 トランプ氏はこれまで、中国がフェンタニルの対米販売を停止するとの首脳間合意が実現していないと繰り返し不満を訴えていた。  

  • 商業ビルで大規模火災 焼け跡から麻薬  

    2019年08月23日

    【ロサンゼルス 8月19日】パラマウントで19日午前10時40分頃、商業ビルから出火し、大規模火災に発展。消火活動にあたったロサンゼルス郡消防局によると、ビルの中からは麻薬とオーガニックの植物が見つかった。   近隣住民らが撮影した動画では、黒煙が数百フィートに立ち上り、時折激しい爆発が起きた。 消防局からは危険物処理班も出動。懸命な消火活動の結果、火は近隣の住宅に燃え移ることなく午後1時前に鎮火し、けが人も出なかった。消防当局が火事の原因を調べている。

  • 唐辛子からマリファナ4トンサンディエゴ国境  

    2019年08月23日

    【サンディエゴ 8月19日】サンディエゴ南部のオタイ・メサで15日に、メキシコから国境を越えて来たハラペーニョ唐辛子を積んだトレーラーから、4トン近くのマリファナが押収された。   国境警備局の19日の発表によると、メキシコ人運転手は、輸入品がハラペーニョ唐辛子のみと申告したが、麻薬犬によってマリファナが見つかった。 7,560ポンドのハラペーニョ唐辛子に混ざっていた4トン近くのマリファナは、230万ドル相当。オタイ・メサの国境ではこの2日前にも、10,642ポンドのマリファナが輸出用車両パーツに隠されているのが見つかり押収されたばかりだった。