全米/ローカルニュース

  • 理由なしの退去勧告禁じる条例制定 トーランス市議会  

    2019年11月02日

    【ロサンゼルス30日】トーランス市議会は29日、家主が理由なしに賃借人を追い出す「no-fault eviction」を禁じる緊急条例を制定した。即日効力を持つ。 加州で2020年から、アパートなどの家賃の年間賃上げ率を5%までにとどめ、「no-fault eviction」を禁じる「法案1482」が施行されることを受け、その施行前に家賃を引き上げるための悪質な退去勧告が急増している現状への対策。 市議会はまた「ホームレス対策特別委員会」も設置し、同問題の改善を目指す。   緊急条例は、市民の36%にあたる、収入の33%以上を家賃に充てている〝家賃過重者〟の救済が目的。アパートの退去勧告でホームレスになる危機に瀕する人も出ている。   2019年の調査結果では、トーランス市には226人のホームレスがおり、その大半の約150人は車で寝泊まりしている。 緊急条例は、2005年以前に建てられたレンタル物件に住む約23000人を違法な立ち退き命令から守ることになる。 同様の緊急条例が先週、ロサンゼルス市議会でも制定された。

  • 何者かが発砲し3人死亡 LBのハロウィンパーティーで  

    2019年11月01日

    【ロサンゼルス29日】ハロウィーンパーティーが開かれていたロングビーチの住宅で29日夜10時45分頃、パーティーに参加していたと思われる一人が銃を発砲し、12人が撃たれ、そのうち3人が死亡する事件が起きた。   ロングビーチ市警によると、パーティーには30人ほどが参加していた。死亡した男性3人は20代2人と30代1人で、負傷した男女9人は病院に搬送された。容疑者は、発砲した後、車で逃げており、警察当局が行方を追っている。  

  • ナショナルズ、WS初制覇 大リーグ  

    2019年10月31日

    【ヒューストン31日時事】大リーグの王者を決めるワールドシリーズ(WS、7回戦制)は30日、第7戦がヒューストンで行われ、ナ・リーグ覇者のナショナルズが、ア・リーグを制した地元アストロズを6-2で破って4勝3敗とし、1969年の球団1年目から初めてのWS制覇を遂げた。   ナショナルズは敵地での4試合に全勝し、本拠地ワシントンでは3戦3敗だった。全7試合でビジターのチームが勝つのはWS史上初めて。最優秀選手(MVP)には、今シリーズ2勝を挙げたストラスバーグが選ばれた。   ナショナルズは七回、ケンドリックが逆転2ランを放ち、その後も加点。第4戦で先発したコービンが2番手として3回を無失点と好投し、九回はハドソンが抑えた。   ワシントン・ナショナルズはエクスポズとしてカナダのモントリオールを本拠地に1969年に1年目がスタート。2005年にワシントンへ移転し、ナショナルズに改称した。過去に伊良部秀輝、吉井理人、大家友和が所属。今回が初めてのワールドシリーズ進出だった。  

  • LA郡で20人目の麻疹患者 感染への警戒呼び掛け  

    2019年10月31日

    【ロサンゼルス25日】ロサンゼルス郡保健局は25日、今年に入り郡内で20人目の麻疹患者が見つかったと発表した。この患者は、19日の午後、Venice BlvdのCVS Pharmacyと、Pico BlvdのRalph’sを訪れており、同局は、同エリアにいた人が麻疹に感染している可能性があるとし、発症期限の約21日間を目安に症状の有無をモニターするよう呼び掛けた。   同郡保健局によると、郡内で今年に入り20人の麻疹患者が報告された他に、旅行者11人の感染も報告されている。患者の大半は、免疫を持たない人だった。  

  • 学生パーティーで発砲、2人死亡  

    2019年10月31日

    【ニューヨーク27日時事】テキサス州グリーンビルで26日深夜、地元大学のキャンパス外で行われていた学生のパーティー中に発砲事件があり、2人が死亡、14人が負傷した。捜査当局が容疑者1人の行方を追っている。容疑者の身元は不明。   違法駐車の通報を受け、警官が現場に駆け付けた約15分後に発砲が始まったという。発砲現場が建物内か屋外かなど詳細は不明。 捜査当局者は地元メディアに対し、現時点では乱射事件とみていないと明らかにした。  

  • 乗馬の夫婦に車突っ込み 馬が死亡 レイクビュー  

    2019年10月30日

    【ロサンゼルス26日】レイクビューで25日夜、乗馬をしていた男女のカップルに車が突っ込み、馬2頭が死亡し、カップルが重症を負う事件が発生。ひき逃げ容疑で逃走していたロランド・ガルシア容疑者(32)が26日に逮捕された。   警察によると、ガルシア容疑者は25日夜、1998年型シボレー・アストロ・ヴァンでフットヒル通りを東へ走行中、乗馬の列に突っ込み壁に衝突。負傷者を救助することなく、身分証明書を提示もせずに走り去った。 乗馬していた夫婦はアレジャンドラ・ニエベスさんとレオポルド・ソロリオさんで、複数カ所を骨折する重症を追った。  

  • 美術館に火の手、セレブも避難=加州で山火事広がる  

    2019年10月29日

    【ロサンゼルス29日時事】カリフォルニア州各地で先週から山火事が広がり、避難命令や通行止めなどで住民生活に影響が及んでいる。 28日にはロサンゼルスの有名美術館ゲッティセンター近くまで火が迫り、高級住宅地に住むセレブも避難を余儀なくされた。 州北部では計画停電を実施した電力会社に批判が集まっている。   ツイッターでは有名人が避難を報告。家族と共に避難したプロバスケットボール協会(NBA)レーカーズのレブロン・ジェームズ選手は「しゃれにならない」とつぶやいた。 俳優のアーノルド・シュワルツェネッガー元州知事は「住民を守るために危険に突入する真のアクションヒーローだ」と消防士をたたえた。   サンフランシスコ北方ではワインの産地として知られるソノマ郡で火災が拡大し、約20万人が避難した。 地元の電力会社PG&Eは強風で送電線が切れて出火するのを防ぐためとして停電を実施。影響は一時100万世帯近くに及び、多くの学校が休校を迫られた。   PG&Eは昨年の山火事の賠償費用などで経営破綻しており、ニューサム州知事は「数十年の利欲とずさんな管理が今回の事態を招いた」と対応を批判。27日に州全土に非常事態を宣言した。  

  • 南加各地で火事発生 乾燥気候と強風で延焼  

    2019年10月24日

    【ロサンゼルス24日】乾燥した気候と強風などが原因で、南カリフォルニアの複数カ所で火事が起きている。 24日朝、サンバナディーノ国有林で発生した火事「Old Water Fire」は同日夜までに105エーカーを焼き、周辺の約80世帯に避難命令が出され、ハイウェー18号や近隣道路が閉鎖された。鎮火率は正午の時点で30%。   バンナイスのSepulveda Basinでも24日、火事が発生。夕方までにWoodley AveとBurbank Blvdの周辺およそ30エーカーが焼け、フリーウェー405号南行きの一部が閉鎖され、同エリアで寝泊まりするホームレスらが避難した。午後6時の時点で20%の鎮火率。   LA郡北部のカシュティクでも24日午後、フリーウェー5号北行き近くで出火したと思われる火災があっという間に約20エーカーに燃え広がり、住宅複数軒の屋根が炎上し、少なくとも一軒が消失。   サンタクラリタ北東のアグア・ドゥルセでは24日、5,000エーカー近くが焼け、約5万人が避難している。  

  • 興奮胸に、開幕戦のコートへ 八村の1年目スタート-NBA・ウィザーズ  

    2019年10月23日

    マーベリックスとの開幕戦に先発出場したウィザーズの八村(手前左)=23日、米テキサス州ダラス(ロイター時事)  

  • LBのスポーツバーで発砲 2人死亡、1人負傷  

    2019年10月23日

    【ロサンゼルス23日】ロングビーチのスポーツバー「Bottoms Up Tavern」で23日午前12時20分頃、発砲事件が起き、男性1が死亡し別の1人が負傷。駆け付けた警官により、銃を発砲した男が射殺された。   ロングビーチ市警によると、容疑者の発砲で死亡・負傷したのは客1人とバーの従業員。現場検証で他の銃の薬莢などが見つかっていることから、発砲した者が死亡した容疑者以外にもいた可能性が高く捜査中。警察当局が発砲の原因などを調べている。