全米/ローカルニュース

  • マスク着用したセルフィー送付を義務付け Uberが違反歴のある乗客へ  

    2020年09月24日

    【ロサンゼルス24日】配車アプリ「Uber」は24日、マスクをせずに乗車した履歴がある利用者に対し、次の利用時にはマスクを着用した顔面のセルフィーをアプリの「photo ID technoligy」を用いてドライバーに送ることを義務付けることを決めた。   「Uber」は5月に、乗客へのマスク着用を義務化したが、1,250人以上の利用者がマスクをせずに乗車したためにアプリへのアクセスを拒否された。ドライバーのマスク着用も義務化されており、仕事を始める前のセルフィー撮影が義務付けられている。「Lyft」も5月以降、同様の措置を取っている。    

  • 「遠隔教育は生徒の権利侵害」 LAUSDに対し親らが集団訴訟    

    2020年09月24日

    【ロサンゼルス24日】ロサンゼルス統一学校区(LAUSD)に子供が通う親らが24日、新型コロナによる遠隔教育が生徒の権利を侵害しているとして、学校区を相手取った集団訴訟をロサンゼルス郡上級裁に起こした。特に、アフリカ系とラテン系の生徒や、障害のある生徒への影響が大きいと訴えた。   親らは、学校区が実施する遠隔教育について、生徒とその家族への十分なサポートが提供できるまで、仮差止命令を出すよう裁判官に求めている。   訴状では、オンラインで生徒らが学ぶ時間や教師へのアクセス量が、本来の対面式授業に比べ60%近く少ないと指摘。特にマイノリティーの生徒らの学力は、コロナ以前も州平均を大きく下回っており、その学習ギャップは広がるばかりだと現状を訴えている。   LAUSDでは9月初めから、英語を母国語としない生徒や特別支援学級の生徒の登校が許可されたが、それでは不十分と説明している。    

  • ハリウッドのデモ参加者が車にひかれ病院搬送 黒人女性射殺事件  

    2020年09月24日

    【ロサンゼルス24日】ケンタッキー州で今年3月に、黒人女性のブリアンナ・テイラーさん(26)が警察に射殺された事件をめぐる抗議デモが24日夜、ハリウッドで行われ、サンセット通りを進んでいたデモ隊に車が突っ込み、少なくとも1人が病院へ搬送された。   大陪審で23日、射殺事件に関与した警官3人にいずれにも殺人罪が適用されなかったことを受け、全米各地で人種差別に抗議するデモが起きており、ロサンゼルスでも24日、ハリウッド・フォーエバー・セメタリーにデモ隊が集まっていた。   3月に起きた事件では、救急治療技師だったテイラーさんが深夜に自宅で就寝中、踏み込んだ私服警官3人に複数回撃たれ死亡した。    

  • UC4校、64人が不正入学 州監査で発覚、コネや寄付で  

    2020年09月22日

    【ロサンゼルス22日】名門大学への不正入学が発覚し著名女優や企業幹部らが昨春訴追された事件が記憶に新しい中、カリフォルニア州監査官は22日、カリフォルニア大学(UC)機構が過去6年間で学生64人を不正に入学させたとの報告書を公表した。   報告書によると、42人の学生が、家族のコネによってUCバークレーに入学。その他22人は、UCLA、UCバークレー、UCサンディエゴ、UCサンタバーバラの各校へ、必要基準を満たしていないにも関わらず、スポーツ推薦で入学しており、そのうちの4人がUCLAだった。これらスポーツ推薦の22人は入学後、リクルートされたスポーツの大学チームで活動しておらず、家族による大学への寄付金が影響したとみられる。   これを受けてUCLAは、監査結果を検証し、入学制度の透明化に努めるとコメントした。    

  • サウス・エルモンテ近くを震源にM4.5の地震発生

    2020年09月19日

    【ロサンゼルス19日】サウス・エルモンテ近くを震源としたマグニチュード(M)4.5の地震が18日午後11時38分に発生し、ラ・ハブラ、ロングビーチ、オックスナード、オンタリオ、パサデナなどロサンゼルス郡一帯で揺れが感じられた。   地震学者によると、震源は、1987年に発生したM5.9のウィッティア大地震と同じエリアで、ロサンゼルス地域で過去数年間に起きた地震としては最大規模。ロサンゼルス市警と消防署によると、地震の被害は報告されていない。 18日の地震以降、ランチョ・クカモンガ近くでM3.2、レイク・エルシノア近くでM3.3の地震が観測されており、注意が呼び掛けられている。    

  • 州内28カ所で山火事発生 赤ちゃんの性別披露パーティーの花火で出火も  

    2020年09月10日

    【ロサンゼルス10日】記録的な熱波に見舞われた週末の6日、サンバナディーノ郡ユカイパで山火事「El Dorado Fire」が発生し、10日朝の鎮火率は23%、約12610エーカーを焼き、サンバナディーノ国有林に燃え広がっている。これまでに、少なくとも住民21000人が避難している。   この山火事は、ユカイパの公園で行われていた、生まれてくる赤ちゃんの性別披露パーティーで打ち上げられた花火が原因となったことが現場の防犯カメラの映像から判明した。カリフォルニア州森林保護防火局(CAL Fire)が捜査を行っているが、この家族には、消火活動の費用負担を含め法的責任が問われる可能性が高い。   ロサンゼルス郡では、6日に発生し、モンロビア北のエンジェルス国有林で燃え広がっている山火事「Bobcat Fire」が猛威を振るっており、10日までに23890エーカーが焼失。強い季節風「サンタアナ風」の影響も受けて燃え広がっている。   CAL Fireによると、9日の時点で州内の28カ所で大規模な山火事が起きており、14000人の消防士が消火活動にあたっている。山火事による大気汚染も悪化しており、大気質管理局は、屋外での運動などを控えるよう呼び掛けている。    

  • トリック・オア・トリートは「推奨しない」 LA郡公衆衛生局がガイドライン  

    2020年09月09日

    【ロサンゼルス9日】ロサンゼルス郡公衆衛生局は9日、来月末のハロウィンにおける新型コロナ対策ガイドラインを発表した。それによると、たとえ屋外であっても家族以外の友人らと集うことは禁じられ、カーニバル、ライブ催し、お化け屋敷などのイベントは禁止。   子供らが各家庭をまわるトリック・オア・トリートは〝推奨しない〟とし、玄関先でソーシャル・ディスタンスを保つのが困難で、両者によるマスク着用義務が徹底されない可能性があるためとした。また、車に乗ってお菓子をもらう”Truck or treating”も推奨しないとした。これらの行動は当初、〝禁止〟とされたが、批判が出たために〝推奨しない〟と緩和された。   〝許可及び推奨する〟のは、オンライン上のパーティーやコスチューム&パンプキンカービング・コンテストで、公衆衛生ガイドラインを守った車両パレードも許可。ドライブイン・シアターや屋外レストランでのハロウィンをテーマにした食事などを楽しんで欲しいと呼び掛けた。    

  • サンタアナ動物園が9日から再開  

    2020年09月09日

    【ロサンゼルス9日】新型コロナ・パンデミックで3月16日から閉鎖されていたオレンジ郡のサンタアナ動物園が9日、営業を再開した。多くの猿がいることで人気を集める同園は9日の朝、39歳になるコンゴウインコが入り口で来園客を出迎えた。   コロナ対策の下、動物園は水曜日から日曜日の午前10時から午後5時まで営業し、月曜日と火曜日は休園になる。その他動物園と同様に、室内でのアトラクションや乗り物などのエリアは閉鎖される。入園者数は制限され、2歳以上にマスク着用が義務付けられる。    

  • 新型コロナ接触確認アプリ 「SafePass」でLA市がパートナーシップ  

    2020年09月09日

    【ロサンゼルス9日】ロサンゼルス市のエリック・ガルセッティ市長は9日、新型コロナウイルスの接触確認アプリ「SafePass」の導入率増加に向け、ロサンゼルス郡などとテクノロジー・パートナーシップを結ぶと発表した。   このアプリは、新型コロナ感染者と接触した可能性について、利用者に通知して検査の受診を促すスマートフォンのアプリで、例え無症状でも早い段階で検査を受けることで感染拡大を防止する狙いがある。   アプリ「SafePass」のインストーは無料でボランティア・ベースだが、当局側は多くの参加を呼びかけている。アプリでは、郡全体と市単位での感染者数の状況を随時提供、検査サイトの紹介も行い、陽性者のプライバシーは守られる。「citizen.com」からダウンロードでき、郡内の100万人がすでにダウンロードしたと見積もられている。   日本では6月に、厚生労働省が同様のアプリ「COVID-19 Contact Confirming Application (略称:COCOA)」を発表している。    

  • オレンジ郡、コロナ感染状況示す色分けが1段階緩和 条件付きで経済再開へ  

    2020年09月08日

    【ロサンゼルス8日】カリフォルニア州のニューサム知事が先月28日に発表した、新型コロナウイルスの一日の新規感染者数や検査陽性率に基づき各郡の感染・経済状況を4段階で色分けする新システムで、オレンジ郡が8日、最も深刻な「広範囲でのまん延(widespread)」の紫色から1段階緩和された「かなりまん延(substantial)」の赤色に移行した。   色分けでは、状況が緩和されるにつれて「中程度のまん延(moderate)」のオレンジ色、「低度のまん延(minimal)」の黄色と続く。   オレンジ郡保健局が発表した新ガイドラインによると、映画館、レストラン、教会は、収容人数を25%に、ショッピングセンターや小売店は収容人数を50%に、ジムやフィットネスセンターは収容人数を10%にそれぞれ制限するなどの条件付きで屋内でのサービス提供が許可される。オレンジ郡の8日までのコロナ感染者総数は49996人、死者数は1056人。