全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年11月14日

全米製造業協会にサイバー攻撃 中国ハッカー集団関与か

 

【ワシントン14日時事】米中貿易交渉をめぐって両国の駆け引きが続く中、ワシントンを拠点とする製造業者の業界団体である全米製造業協会(NAM)のシステムが今年の夏ごろ、中国系とみられるハッカー集団によるサイバー攻撃を受けていたことが、関係者2人の証言で分かった。中国が交渉で有利な条件を引き出すために画策したとみられる。

 

NAMは攻撃を受け、サイバー防御の会社に調査を依頼。その結果、中国系ハッカー集団の手口に似ていることが判明したという。データが漏えいしたかどうかは不明。夏ごろ行われたトランプ大統領とティモンズNAM会長の会談時期に集中して情報を窃取しようとしていたという。

 

NAMの広報担当者は「当団体がサイバー攻撃の標的として狙われていることは認識している。特定企業のシステムに関して不審な活動が認められ、調査を行った」とした上で、現時点で協会のネットワークは安全だと強調した。

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • トリック・オア・トリートは「推奨しない」 LA郡公衆衛生局がガイドライン  

    2020年09月09日

    【ロサンゼルス9日】ロサンゼルス郡公衆衛生局は9日、来月末のハロウィンにおける新型コロナ対策ガイドラインを発表した。それによると、たとえ屋外であっても家族以外の友人らと集うことは禁じられ、カーニバル、ライブ催し、お化け屋敷などのイベントは禁止。   子供らが各家庭をまわるトリック・オア・トリートは〝推奨しない〟とし、玄関先でソーシャル・ディスタンスを保つのが困難で、両者によるマスク着用義務が徹底されない可能性があるためとした。また、車に乗ってお菓子をもらう”Truck or treating”も推奨しないとした。これらの行動は当初、〝禁止〟とされたが、批判が出たために〝推奨しない〟と緩和された。   〝許可及び推奨する〟のは、オンライン上のパーティーやコスチューム&パンプキンカービング・コンテストで、公衆衛生ガイドラインを守った車両パレードも許可。ドライブイン・シアターや屋外レストランでのハロウィンをテーマにした食事などを楽しんで欲しいと呼び掛けた。    

  • 作品賞資格に「多様性」 白人偏重是正、24年から アカデミー賞  

    2020年09月09日

    【ロサンゼルス9日時事】米映画界最高の栄誉とされるアカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミーは8日、作品賞の資格を定めた新たな基準を発表した。過去に2年連続で演技部門の候補者を白人が独占し、白人偏重と批判を浴びたことを踏まえ、人種や性別、性的指向などの「多様性」の確保を重視した。2024年の第96回から適用する。   作品賞の新基準は、出演者やスタッフらにアジア系や黒人などの非白人、女性、性的少数者(LGBT)、障害者が一定程度含まれていることなどが柱。アカデミー首脳は、声明で「これらの基準が長期的で本質的な業界の変化を促すと信じている」と強調した。   今年のアカデミー賞では、韓国映画「パラサイト 半地下の家族」が外国語映画として初めて作品賞に輝いた。米国では、5月に黒人男性が白人警官に首を圧迫されて死亡した事件をきっかけに、社会に潜む構造的な人種差別の是正を求める声が強まっている。    

  • 激戦州でトランプ氏追い上げ
情勢は不透明・大統領選

 

    激戦州でトランプ氏追い上げ 情勢は不透明・大統領選  

    2020年09月08日

      【ワシントン8日時事】11月3日の米大統領選は、9月の第1月曜日(今年は7日)の「レーバーデー」を境に終盤戦へ突入した。共和党候補のトランプ大統領は、民主党候補のバイデン前副大統領を激戦州で追い上げる。新型コロナウイルスの感染拡大や黒人差別などで情勢が不透明さを増す中、両陣営の攻防が本格化してきた。   政治専門サイト「リアル・クリア・ポリティクス(RCP)」によると、各種世論調査の7日時点の平均支持率はバイデン氏49.9%に対し、トランプ氏42.8%と約7ポイント差。   だが、トランプ氏は7日のツイッターで「世論調査はすごく良くなってきた。われわれは2016年より大勝利する」と書き込むなど強気だ。背景にあるのは、勝敗を左右する激戦州で自らに勢いがあるという自信だ。   特に接戦が予想されるのはラストベルト(さび付いた工業地帯)と呼ばれるペンシルベニア、ミシガン、ウィスコンシンの3州。RCPでは、ノースカロライナ、フロリダ、アリゾナを加えた6州を「激戦州」として扱い、いずれも前回はトランプ氏が勝利している。   トランプ氏は7月下旬時点のこの6州の平均支持率で約6ポイント後れを取っていたが、その差を約3ポイントまで縮めた。選挙分析に定評があるクック・ポリティカル・リポートは、トランプ氏の「法と秩序」を守る訴えが浸透し「白人労働者のバイデン氏支持が揺らいでいる」と指摘する。トランプ氏は接戦に持ち込まれていた地盤のテキサス、ジョージア両州の世論調査でも再び勢いを見せる。   民主党の前回候補のクリントン元国務長官はラストベルトにほとんど入らず、白人労働者の離反を招いた。バイデン氏は7日、ペンシルベニア州の労働組合を訪れ「米国をつくったのはウォール街でなく中産階級だ」とアピール。9日にはミシガン州も訪問する予定で、オンライン中心の消極的な選挙活動から軌道修正を始めた。 写真:7日、ホワイトハウスで記者会見するトランプ大統領    

  • マリファナ栽培の家で7人が撃たれて死亡 リバーサイド郡  

    2020年09月08日

    【ロサンゼルス8日】リバーサイド郡アグアンガで7日早朝、通報を受けて駆け付けたシェリフ局の保安官が、住宅内で7人が撃たれて死亡しているのを発見した。この住宅では、数百株のマリファナが違法に栽培されており、1000ポンド以上のマリファナも見つかった。   シェリフ局によると、銃弾を受けた6人がすでに死亡しており、女性1人は搬送先の病院で死亡した。逮捕者は出ておらず、シェリフ当局が容疑者や殺害動機などを調査している。    

  • オレンジ郡、コロナ感染状況示す色分けが1段階緩和 条件付きで経済再開へ  

    2020年09月08日

    【ロサンゼルス8日】カリフォルニア州のニューサム知事が先月28日に発表した、新型コロナウイルスの一日の新規感染者数や検査陽性率に基づき各郡の感染・経済状況を4段階で色分けする新システムで、オレンジ郡が8日、最も深刻な「広範囲でのまん延(widespread)」の紫色から1段階緩和された「かなりまん延(substantial)」の赤色に移行した。   色分けでは、状況が緩和されるにつれて「中程度のまん延(moderate)」のオレンジ色、「低度のまん延(minimal)」の黄色と続く。   オレンジ郡保健局が発表した新ガイドラインによると、映画館、レストラン、教会は、収容人数を25%に、ショッピングセンターや小売店は収容人数を50%に、ジムやフィットネスセンターは収容人数を10%にそれぞれ制限するなどの条件付きで屋内でのサービス提供が許可される。オレンジ郡の8日までのコロナ感染者総数は49996人、死者数は1056人。