全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年11月18日

高校で銃撃、生徒2人死亡
サンタクラリタの高校

 

【ロサンゼルス14日】サンタクラリタのサーガス高校で14日午前7時半頃、この日が16歳の誕生日だった男子生徒のナサニエル・バーハウ容疑者がバックパックに隠し持っていた銃を校内広場で発砲し、16歳の女子と14歳の男子生徒2人が死亡、その他少なくとも3人の生徒が負傷する事件が起きた。

バーハウ容疑者は自身の頭部に発砲し、重体で病院に収容されていたが、15日午後に死亡した。

 

事件発生時、生徒らは走って逃げたり、教室内でバリケードをつくったりして緊迫した雰囲気に包まれた。女子生徒はCNNテレビに「最初に1発、続いて4発の銃声が聞こえて走りだした」と語った。

 

LA郡シェリフ局によると、容疑者が使ったのは45口径で、入手先や発砲の動機などを調べている。容疑者の父親マーク・バーハウは2年前に心臓発作で死去しており、母親は日本出身のマミ・マツウラ・バーハウ。警察当局が、容疑者の母親とガールフレンドに事情聴取を行っている。

 

米国では学校での発砲で生徒が犠牲になる事件が後を絶たない。ニューサム州知事はツイッターに「子供を学校に送るときに子供の命を心配する必要はないはずだ」と投稿、銃規制の必要性を強調した。

 

写真:サンタクラリタで、高校で起きた銃撃事件後に生徒と再会し抱き合う家族

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • LAX上空にジェットパック男出現 FBIが捜査中  

    2020年09月01日

    【ロサンゼルス1日】ロサンゼルス国際空港(LAX)の上空で30日午後6時半頃、噴射式の飛行装置「ジェットパック」を背負った男性が、近くを飛んでいたアメリカン航空とサウスウエスト航空の操縦士らに目撃され、FBIが捜査している。   目撃情報によると、ジェットパック男は高度900メートル付近を飛行していた。操縦士の報告を受けた管制官は、警告を発した後、「こんな話はロサンゼルスだけだ」とつぶやいている。   ロサンゼルス拠点の「JetPack Aviation」によると、ジェットパックは高度4500メートルまで飛ぶことができ、約10分間の操縦が可能。同社はレクレーション目的の販売はしておらず、危険を及ぼす可能性がある場所での飛行は禁じられていることから、ジェットパック男の身元判明が待たれる。    

  • 「CARES Act」からコロナ感染者に2週間分の賃金援助 LA市議会  

    2020年09月01日

    【ロサンゼルス1日】ロサンゼルス市議会は1日、新型コロナウイルスに感染し働けなくなった人に対し、連邦のコロナ支援策「CARES Act」から5千万ドルを用い、2週間分の賃金に相当する援助金を提供する方針を可決した。   この方針は、デービッド・リュー市議とヌリー・マーティネス市議長が7月末に提案。「CARES Act」による支援が行き届いていない低所得者層を中心に、職種、移民ステータス、犯罪歴の有無に関係なく支援していきたいとしている。    

  • 黒人男性を警官が射殺 拳銃所持、抗議デモも サウスLA  

    2020年09月01日

    【ロサンゼルス1日】サウスLAで31日午後3時15分頃、自転車に乗っていた黒人のディジョン・キジー(29)がシェリフ局警官に交通違反の疑いで呼び止められた際に逃走、所持していた拳銃を落としたことから警官が発砲し、死亡する事件が起きた。黒人男性は、拘束しようとした警官の顔面を殴り抵抗していた。   この事件を受けて同日夜、サウスLAのシェリフ局前では、黒人差別に反対する抗議デモが行われた。事件では、警官が男性に発砲した弾の数など、詳しい捜査が行われている。   ロサンゼルス郡内では、警官が被疑者に発砲する事件が相次いでいることから、シェリフ局警官にボディカメラの着用を義務付ける動きが活発化している。 ロサンゼルス市警は2015年からボディカメラの着用を始め、2018年からは、警官が発砲した事件の映像を一般公開している。    

  • 差別めぐり対立先鋭化
銃撃で死者相次ぐ

 

    差別めぐり対立先鋭化 銃撃で死者相次ぐ  

    2020年08月31日

      【ワシントン31日時事】米各地で続く人種差別抗議デモをめぐり、党派対立が先鋭化している。11月の大統領選をにらみ、「法と秩序」による沈静化を唱えるトランプ大統領に対し、野党民主党は政権の強硬姿勢が事態を悪化させていると反発。トランプ氏が計画する現地視察にも、地元民主党幹部は不必要と反対している。   トランプ氏は9月1日に白人警官による黒人男性銃撃の起きたウィスコンシン州ケノーシャを訪問し、現地の治安当局者らと会う予定。同地では銃撃後、抗議デモに伴う放火や略奪が相次ぎ、8月25日には「自警団」を称する白人少年がデモ参加者に発砲して2人を死亡させた。   同州のバーンズ副知事(民主)は30日のCNNテレビで、デモに伴う暴動を糾弾した先週の共和党全国大会が「さらなる敵意と分断をもたらした」と批判。トランプ氏の訪問についても、事態解決の役に立たず「今のところ全く必要ない」と切り捨てた。   オレゴン州ポートランドでも、極右集団と反対派による衝突が繰り返され、29日夜には極右メンバーとみられるトランプ支持者の男性が銃撃され死亡する事件が発生。トランプ氏は30日のツイッターで、死亡した男性をたたえる投稿を転載するとともに「民主党が政権を握る犯罪都市で、暴力を止める唯一の道は力の行使だ」と書き込んだ。   これに対し、ポートランドのウィーラー市長は30日の記者会見で、トランプ氏のツイートが暴力をたきつけていると批判。「われわれを支持しないなら、口を出さないでいただきたい」と訴えた。   民主党大統領候補のバイデン前副大統領も声明で、「トランプ氏は『法と秩序』とツイートすることで、強くなった気でいるのかもしれないが、自分の支持者に対立をやめるよう求めなかったことで、弱さを露呈した」と非難した。 写真:ウィスコンシン州ケノーシャで、白人警官による黒人男性銃撃に抗議して行進する人々=29日    

  • 生徒の出席率が88.4%に低下 幼稚園児では顕著 LAUSDのオンライン授業  

    2020年08月31日

    【ロサンゼルス31日】ロサンゼルス統一学校区(LAUSD)の教育長は31日、今月18日にオンラインで始まった新学期について、生徒の出席率が昨年同時期の91.8%から88.4%に低下したと発表。 特に低所得者層の幼稚園児の欠席率が高いことが分かり、幼い子供らがオンライン授業を受ける際の家庭へのサポートが不十分である問題点が浮き彫りになった。   教育長はまた、オンライン授業がスタートして以来、学校との関わりが断たれている家庭が約4%にのぼるとし、学習上のギャップが生じていると指摘。コロナ前の対面式授業再開への目処が立たない中、教育現場では問題が山積している。