全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年11月09日

電子たばこ購入、21歳以上に
全面禁止から後退

 

【ワシントン9日時事】トランプ大統領は8日、呼吸器疾患との関連が指摘される電子たばこについて、購入可能年齢を現行の18歳以上から21歳以上に引き上げる考えを明らかにした。ただ、全面的な販売禁止には慎重姿勢をにじませた。

 

トランプ氏はホワイトハウスで記者団に、電子たばこが若者の間で急速に広がっている事態を踏まえ「最も大事なことは、子供たちを守ることだ」と強調。来週にも政府として対策をまとめる意向を表明した。

 

一方で「(電子たばこは)大きな産業になっている」とも述べ、雇用面を含め、規制強化の影響を考慮する必要があると指摘した。米政府は9月、ほぼすべての電子たばこの販売を禁止する方針を打ち出していたが、大幅に後退させた形だ。

 

電子たばことの関連が疑われる呼吸器疾患の症例は全米で2000件を超え、少なくとも39人が死亡したと伝えられる。米国内の一部州では、既に購入可能年齢を引き上げるなどの規制強化に踏み切っている。

 

疾病対策センター(CDC)幹部は8日、米メディアなどとの電話会見で、電子たばこによるとみられる肺疾患の患者29人の検体の分析で、全員からビタミン複合体の副産物「ビタミンEアセテート」が検出されたと発表した。疾患との因果関係は立証されていないものの、原因特定に向けた突破口になる可能性があるという。

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • 郵便投票投函箱に何者かが放火 約200通の一部がダメージ ボールドウィン・パーク  

    2020年10月19日

    【ロサンゼルス19日】ボールドウィン・パークで18日夜8時頃、公立図書館前に設置されていた郵便投票用投函箱の中に何者かが火をつける事件が起きた。同市当局によると、この投函箱には約200通の投票用紙が投函されており、その一部がダメージを負った。   ロサンゼルス郡のジャニス・ハーン参事官によると、ダメージを負った投票用紙の差出人の確認作業が行われ、これらの有権者には新しい投票用紙が発送された。FBIが放火犯の逮捕に向け捜査している。    

  • 退役軍人会の支部に強盗 3万ドル相当盗まれる リバーサイド  

    2020年10月18日

    【ロサンゼルス18日】退役軍人の全米組織「米国在郷軍人会」のリバーサイド支部に17日午前4時頃、強盗が入り、修復工事が行われていた建物内から3万ドル相当の工事用具や機器が盗まれる事件が起きた。   防犯カメラの映像によると、強盗は8人のグループで、約2時間の間に2度建物に侵入。盗んだ物をSUV車に乗せて持ち去った。   同支部は、退役軍人らのパーティーやPTSD(心的外傷後ストレス障害)に関するミーティングを主催する「退役軍人の聖地」で、修復工事もボランティアにより進められていた。警察当局が犯人逮捕に向けた捜査を行っている。    

  • メトロのリトル東京駅、リージョナルコネクター工事のため24日に閉鎖  

    2020年10月15日

    【ロサンゼルス15日】メトロの「Little Tokyo/Arts District駅」が、現在行われているリージョナルコネクター事業の工事のため、10月24日に閉鎖され取り壊される。   今後22ヵ月かけて行われるトンネル・ボックスの設置工事では、ユニオン駅から東部への路線、「Little Tokyo/Arts District駅」と「Pico/Aliso駅」が影響を受けることになり、その間は無料のシャトルバスが運行する。   リージョナルコネクター事業は、ロングビーチとロサンゼルス・ダウンタウンを結ぶ「ブルーライン」と、カルバーシティーとロサンゼルス・ダウンタウンを結ぶ「エキスポライン」の7街/メトロセンター駅と、パサデナとイースト・ロサンゼルスを結ぶ「ゴールドライン」のリトル東京駅付近を地下で結ぶ工事。 ダウンタウン内の移動時間短縮と利用客増加を目指し、2022年に完成する予定。リトル東京には、1街/セントラルの地下に駅が新設される。    

  • ネズミが多い米国都市の調査で、ロサンゼルス2位  

    2020年10月14日

    【ロサンゼルス14日】害虫駆除大手「Orkin」による、ネズミが最も多い米国都市の調査結果が発表され、ロサンゼルス市がシカゴに次ぎ2位になった。次いでニューヨーク(3位)、ワシントンDC(4位)、サンフランシスコ(5位)が続いた。   Orkinによると、コロナ・パンデミックの影響を受けてレストランの閉店が増えたことも理由に、店内でのネズミの繁殖が顕著だという。対策としては、生ゴミなどをすぐに捨て、食べ物を屋外に放置しないようアドバイスした。    

  • 史上最大規模、リバーサイド郡の住宅から末端価格1850万ドル分の麻薬押収  

    2020年10月14日

    【ロサンゼルス14日】リバーサイド郡モレノバレーとペリスの住宅2軒から、末端価格1850万ドルにのぼる米国史上最大規模の麻薬が押収された。ダッフルバッグ25袋には、覚せい剤2200ポンド、コカイン460キログラム、ヘロイン6キログラムが入っていた。 麻薬取締局(DEA)の捜査官は、「アメリカとメキシコの全国民に投与できる量の覚せい剤」と述べ、麻薬カルテルにかなり信頼された売人グループと確信し捜査を続けている。   同郡内での麻薬売買を6月から捜査してきたDEA担当官が、モレノバレーのSam’s Club駐車場での麻薬売買を目撃し、家宅捜査につながった。サンディエゴでも今月、国境警備隊により覚せい剤3000ポンド、ヘロイン29キログラム、フェンタニル系の麻薬29キログラムが押収された。