連載・コラム マリファナのおはなし

編集: Weekly LALALA - 2019年11月15日

Vol.37

マリファナディスペンサリーの昔と今

法改正後の現状(後編)

©Weekly LALALA

マリファナが嗜好品になってからたくさんの新しい法律ができ、以前よりも規制が厳しくなったカリフォルニアのマリファナ業界。

 

政府からすると、安全性の面でも新しいルールを設けなくではならないのはわかりますが・・・やはり昔を知っている人からしたら馴染めないことばかり!というのが正直なところでしょう。

 

マリファナが嗜好品として解禁されてようやく約2年が経ち、人々も変化や新しいルールに慣れた気がしますが、やはり昔を懐かしむ思いがあるのも確か。

 

 

主にどんな変化があったのかまとめてみました。

 

■暗くて危ないイメージだった店内が明るく清潔感のある雰囲気になった。

誰でも安心して買い物できるようにお店側も思考を凝らしています。現在ではどのディスペンサリーに行っても明るく親しみやすい雰囲気です!以前は、入り口のドアも中からブザーで開けてもらえないと入れず、重い鉄格子のドアが二重になっていたのが普通でしたが、今ではガラスドア一枚でディスペンサリーに入れます。

 

■税金がかかる

州が発行した医療用マリファナカードがあれば29.5%、それ以外の人は34.5%の税金がかかります。2018年以前は税金は一切かかりませんでした。それと比べてしまうと約30%の税金は大きな打撃ですよね。

 

■カード払いOK

なんでもカードで支払うのがスタンダードなアメリカですが、それとは正反対に完全現金主義のマリファナ業界。ですが2019年あたりから手数料を払えばカードでの支払いが可能なお店が増えてきました。

 

■全体的に2018年以前よりも値段が高い

ブランド側も検査機関での検査や、政府が新しく定めた法律に反しない正しいパッケージなどで経費がかかるため、全体の値段が上がったのもあります。

 

■マリファナ製品はチャイルドプルーフ容器に入っている

誤飲、誤食を避けるために全てのマリファナ商品は開けづらいチャイルドプルーフの容器に入れることが義務付けられています。存在するいくつかのチャイルドプルーフの容器は、とにかく開けづらい!開け方を知らないと数時間苦戦するハメになります。そんな時は素直にグーグルで調べると開け方が出てくるはずです。

 

■政府と契約している検査機関で検査された商品のみ販売可能

安全性を保つためにマリファナ商品は安全、クリーンであることが証明されてから店頭に並んでいます。マリファナ、エディブル、ワックス、ベープ、体に塗るバームなど全ての商品が対象です。

 

■エディブルのTHCの含有量は100mg以下、スロードーシングの義務化

以前はTHC含有量が1000mgというモンスタークッキーが存在しましたが、現在ではエディブルのTHC含有量は100mg以下で一粒何mgというように何mg摂取したかわかるようになっています。(一回の平均THC摂取量は1025mgといわれています)

 

■最新機器でのメニューの観覧やお会計

iPadで全メニューが見れてお会計もデジタル。以前は手書きの黒板メニューにお会計は手書きの伝票、レシートは絶対に無いなど今では考えられないアナログ感でした。

 

■バッテンダーがきちんとした対応をしてくれる

以前は真っ赤な目で「オイオイ、ちゃんと会話できる?」というほどにハイだったバッテンダーが多かったイメージ。態度も悪く接客もテキトーだったお店もかなり多いです。「この症状にいいのは、どの商品ですか?」とたずねても「この品種まじでヤバイよ、超いいよ」といういい加減にしか答えてくれなかったりもしたののです。まぁ、それもアリだった時代なんですね(笑)。

現在のバッテンダーさんたちはそのようなゲトー感はなく、聞いた質問にハキハキと丁寧に答えてきちんと接客してくれるので、嫌な思いをすることはそんなにありません。

 

■マリファナがすでにパッケージに入っている

以前は大きな瓶にたんまりと入った新鮮なマリファナの匂いをバッテンダーに嗅がせてもらって、「これをこれくらいの量ください」と伝えて目の前で量り売りをしていました。懐かしさを感じますね。

現在、すべてのマリファナ商品はパッケージに入って完全に梱包されています。これは政府が、このお店、ブランドはどのくらい売ったのかをきちんと追跡するためだといわれています。税金がかかっているので、どれくらい売ったか目を光らせているからなのでしょうか。

 

■店内でのマリファナの使用は一切禁止

以前は店内でワックスを吸うことができるダブバーがあるディスペンサリーが数多く存在していました。2018年以前は店内でのマリファナの使用が許可されていた、ということではなく、政府も監視せず野放し状態だったので、どこのショップもやりたい放題でした。お客さんは買った商品をそのまま店内のラウンジで吸ったり食べたり、ジョイントを巻いて店内でバッテンダーと一緒に吸ってチルしたりなど、今では考えられないほどゆるかったのです。

 

このように以前のディスペンサリーは現在と大きく違っていたんです。医療用マリファナから嗜好用マリファナに切り替わった頃は、新しいシステムやルール、税金や値段設定に納得がいかないお客さんとよく揉めていたのを思い出しました。お客さんとバトルして口論していたのが懐かしいです。

納得できないところはたくさんありますが、時代の変化に合わせてそれに対応していかなければならないというわけですね。

 


【記事・マリファナに関するあらゆるお問合せはコチラ】
sodan@la-network.com

 

■カンナビスライフスタイルアドバイザー

Blue Dreamz Eiju

茨城県出身、ロサンゼルス在住10年目。2010年に語学留学目的でロサンゼルスに渡米後、メルローズ沿いの洋服屋でマネージャーとして勤務する。独自のセンスを生かし、セレクトシューズブランドADORE Los Angelesを立ち上げ順調に売り上げを伸ばすが、兄の死をきっかけに目的を見失う。人間活動に専念しようと生きていく中で医療大麻というものを知り、LAローカルたちの大麻に対する価値観の違いに衝撃を受ける。自身も医療大麻に助けられたという経験から、LAのマリファナシーンに身を投じるべくLAダウンタウンにあるカンナビスディスペンサリーで働き始め、マネージャーを務めるという経歴を持つ。

「日本人は小さい頃から大麻は人生をダメにするドラッグだと教えられる中、世界各国では医療用、そして嗜好用大麻が続々と解禁になっているのはギャップがありすぎるなと思いませんか?大麻にはメリットがあります。大麻によって精神的にも肉体的にも助けられた人をたくさん見ました。大麻先進国ロサンゼルスの事情をお届けし、大麻に偏見がある人の意識を少しでも変えていけることができればと思います。」

Instagram : @bluedreamz

関連記事:その他のマリファナのおはなし

  • Vol.33 マリファナ専門のウェブサイト「Weedmaps」

 

    Vol.33 マリファナ専門のウェブサイト「Weedmaps」  

    2019年10月18日 マリファナのおはなし

    ©Weekly LALALA Weedmapsはアプリですが、weedmaps.comでもこの素晴らしい機能を全て使用できます。     マリファナが合法である州にいたこと、住んだことのある人なら一度は耳にしたことのあるマリファナ専門のウェブサイト、その名も「Weedmaps(ウィードマップス) 」。weed(ウィード) = Cannabis(カンナビス)で、スラングです。   私が9月に訪れた「Museum Of Weed」もWeedmapsが仕掛けたものなんです!Weedmapsは名前の通りマリファナディスペンサリーや商品のことならなんでも調べられてさらにはデリバリーもオーダーできるという最強アプリです。   その便利な機能をみなさんにご紹介!   ディスペンサリーのメニューが見られる! Weedmapsには各州に存在するほぼ全てのディスペンサリーが掲載されています。そして各ディスペンサリーの住所や電話番号、営業時間などの店舗情報が見られるのはもちろん、現在お店で在庫のある商品メニューと商品の詳細、さらには値段が見られるようになっています。事前に値段を見ることができるのは安心感があって、さらには他店と見比べることができていいですよね!   といってもマリファナが嗜好品になってからというもの、どのディスペンサリーに行ってもほとんど値段に差はなく、大きな差があることはレアだと思います。値段の代わりに各ディスペンサリーで変わるのは税率で、お店側が少し負担しているという場合もありますが、基本的に嗜好用として購入する人は34.5%、カリフォルニアの医療用大麻カード(一般的にDoctor's Recommendation 通称recと呼ばれる)がある人はそれよりも少し税率が低い29.5%の税金がかかります。   レビューが命!? WeedmapsではWeedmapsユーザーたちによる全ディスペンサリーのレビューを見ることができます。お店側がレビューに返信することもできるので、マリファナが嗜好用になる以前、全てがもっと緩かったころにはお店とお客さんとのバトルがWeedmaps上で起こっていました。   とにかくいいレビューがあることが基本なので、「Weedmapsに5つ星レビューを残してくれたらジョイント一本$1で販売!」など各お店が工夫をこらしていいレビューを残すようお客さんに呼びかけています。     いいディールを見つけるなら 各ディスペンサリー、日替わりに特売をやっているお店も存在します!月曜日はMunchie Monday(エディブル)、水曜日はWax Wednesday(ワックス)で10%offの割引きや、マリファナを大きい単位で買うと安くなるオンス(1oz=28g)スペシャルや10gスペシャルなどを実施しているディスペンサリーもたくさんあるので、いいディールを見つけるのも簡単。  

  • Vol.32 「医療大麻ツアー」 by CGS Kuniさん

 

    Vol.32 「医療大麻ツアー」 by CGS Kuniさん  

    2019年10月11日 マリファナのおはなし

    ©Weekly LALALA プロフィール Kuni (35歳)  岐阜県出身、医療大麻コーディネーター。LA在住歴2年半、現在はパーソナルトレーナーとしても活動。 Instagram:@kuni.ca.la   私がマリファナの正しい知識を日本語で広めようと活動をスタートしてディスペンサリーツアーを始めた今年頭、Twitter上にロサンゼルスで「医療大麻ツアー」を行っている人と出会いました。それが今回ご紹介させていただくKuniさんです。   Kuniさんは医療大麻ツアーという、私とは違った視点からマリファナに触れることができるサービスを行っています。マリファナを医療用として必要としている方が安心して利用できるサービスを提供したいといつも熱く話すKuniさんに、自身のお話を伺ってみました。   ―Kuniさんは、アメリカに来る前はどのような仕事をされていましたか。 製造業界で生産技術者として9年間、設備開発、設計、生産ラインの立上げ業務に携わり、グローバルに活動していました。   ―現在パーソナルトレーナー、マッサージセラピストの資格を持ち、ロサンゼルスでも活躍されていますが、資格を取ろうと思ったきっかけは何ですか。 自身のケガを理由に人間の健康に興味を持ち、同時期に母親のアルツハイマーが発症しました。世界中に最先端の情報を発信するアメリカで解剖学などを学ぶきっかけになり、渡米して資格を取得しました。

  • Vol.31

Blue Dreamzのディスペンサリー・CBDショップツアー!

 

 

    Vol.31 Blue Dreamzのディスペンサリー・CBDショップツアー!    

    2019年10月04日 マリファナのおはなし

    ©Weekly LALALA ●上写真:バッテンダーさんが今一番おすすめするブランドだそう。   今週は、私、Blue Dreamzが企画・実施しているディスペンサリー・CBDショップツアーをご紹介させて頂きます!   マリファナに馴染みのない人にとってはどうしても壁があるように感じてしまうディスペンサリー。このコラムでも何度も紹介させていただいている通り、大麻にはベネフィットが数え切れないほどあって、老若男女関わらずいいことずくめ。ロサンゼルスを訪れる機会があっても、「行ったことないから」「知識がないから」「英語が喋れないから」という理由で世界最大のカンナビスマーケットを体験しないのではもったいない! マリファナの魅力に触れてほしい! マリファナ愛に溢れる私はそんな思いからツアーを企画したいと思うようになりました。   経験豊富な元バッテンダーだからできること 「マリファナに興味がある人がいるなら、私の知識と経験を使ってサポートしたい!」 私自身、過去のダークな期間にマリファナに助けられたという過去があり、マリファナへの大きな愛があります。また、元バッテンダーだった経験があるからこそお話しできること、シェアできる情報がたくさんあります。多くの人にマリファナの魅力を見て感じてほしいし、マリファナはドラッグとして認識されるべきものではなく、合法の国ではこんな風にカジュアルに販売されているんだよということを知っていただけたらと思うんです。本で読んでも、ソーシャルメディアやツイッターで情報をかき集めても、やはり自分自身の目で見て身をもって感じる以上の経験はありません。   そんな思いからスタートした「Blue Dreamzディスペンサリー・CBDショップツアー」ではマリファナのことを学び、さらには実際のディスペンサリーやCBDショップを見て回れる内容になっています。ツアーの参加条件はディスペンサリーツアーが21歳以上です。CBDショップは普通の小売店と変わりませんので年齢に関係なく入店できます。  

  • Vol.30

マリファナの展示会「Hall Of Flowers」レポート

 

    Vol.30 マリファナの展示会「Hall Of Flowers」レポート  

    2019年09月27日 マリファナのおはなし

    ロサンゼルスから飛行機で1時間ほど、サンフランシスコの北にあるSanta Rosaで9/18・19の2日間開催されたマリファナの展示会「Hall Of Flowers」に参加してきました! この展示会は前々から良い評判を聞いていたので、とても楽しみにしていましたが、私は行きのフライトがキャンセルされたため、残念ながら2日目のみの参加となりました。   巨大な会場では指定の場所で喫煙OK! 1日目は関係者のみ入場できて、2日目は一般に開放され、21歳以上であれば誰でも入場可能。チケットは約$400でした。   会場は午前11時にオープン。会場に12時に着くとすでに人がいっぱいでした。会場内には4つの建物がありカテゴリーごとに分かれていて、丸一日いれば全てのブースを回れるかなという大きさ。想像以上の規模でした。   約150もの一流カンナビスブランドがブースを連ね、著名人を迎えての講演会があったりフードトラックがあったりDJがプレイしていたり、関係者も一般の人も楽しめる内容になっていました。中庭の芝生の上にはイスとテーブルの他にビーズクッションが置いてあり、そこで談笑する人がたくさん。9月の暖かい日差しが降り注ぐ中、人々はマリファナをふかして終始和やかな雰囲気でした。   建物から25フィート (約8メートル)離れていればどこでも喫煙OKというなんともカンナビスフレンドリーな空間で、外にブースのあったワックスのブランドは無料でダブ(ワックス)を振舞い、中にはランチを食べてジョイントを吸って、スヤスヤお昼寝している人もちらほらと見かけました。マリファナの平和さが垣間見れたほっこりする一面でした。  

  • Vol.29 ハイになる食べ物、エディブル その2

 

    Vol.29 ハイになる食べ物、エディブル その2  

    2019年09月20日 マリファナのおはなし

    ロサンゼルスではベープと並ぶ人気のエディブルは、どんな効能をもたらすのでしょうか? エディブルのハイは、マリファナ、ベープを吸った時のハイとは別物、と言っていいと思います。体の中から効いて、頭の先からつま先まで、五感すべてがハイになるので体感がすごいです。体全体に大麻の成分を受け取るカナビノイド受容体があるからなんですね!   視覚が鮮やかになって、聴覚が敏感になるのでコンサートや音楽フェス、映画、ミュージカルなどエンターテイメントを楽しむ時は間違いなくエディブルをおすすめします。太陽や風などが普段よりも気持ちよく感じるので、自然と触れ合う時のエディブルも最高です。普段の数倍感動すること間違いなし!マリファナ愛好家たちが自然と触れ合うのを好むってそこからきているんですね。エディブルのハイはごはんも美味しく感じて、地球に感謝したくなる。そしてセックスの感度がバツグンに良くなります。おまけに本当によく眠れるんです。   <エディブルで失敗しないコツ> まず、絶対に少ない量から始めましょう! 前回記載したようにエディブルは摂取してから時間が経たないと効果が現れず、さらには一度摂取してしまうと後戻りすることができないので、摂取するTHCの量を調節することが大切になってきます。 THC 5-10mgを摂取して1時間は様子を見てから、少しずつ量を増やして自分に合った適量を見つけましょう!空腹時にエディブルを摂取すると効きが早くてハイは激しめ。お腹に何か入っている状態だと効きが緩やかでハイも穏やかめですが、これも摂取する量や人それぞれの新陳代謝によってきます。 エディブルは口の中で溶かして摂取すると効きが早くなり、薬の舌下摂取と同じで舌の血管に直接浸透させ口腔内の粘膜より吸収するため、即効性があります。さらにマンゴーはミルセンというマリファナによく含まれるテルペンを豊富に含んでいるため、エディブルと摂取すると効きが早くまわり、効き目も強く感じます。