連載・コラム マリファナのおはなし

編集: Weekly LALALA - 2019年11月15日

Vol.37

マリファナディスペンサリーの昔と今

法改正後の現状(後編)

©Weekly LALALA

マリファナが嗜好品になってからたくさんの新しい法律ができ、以前よりも規制が厳しくなったカリフォルニアのマリファナ業界。

 

政府からすると、安全性の面でも新しいルールを設けなくではならないのはわかりますが・・・やはり昔を知っている人からしたら馴染めないことばかり!というのが正直なところでしょう。

 

マリファナが嗜好品として解禁されてようやく約2年が経ち、人々も変化や新しいルールに慣れた気がしますが、やはり昔を懐かしむ思いがあるのも確か。

 

 

主にどんな変化があったのかまとめてみました。

 

■暗くて危ないイメージだった店内が明るく清潔感のある雰囲気になった。

誰でも安心して買い物できるようにお店側も思考を凝らしています。現在ではどのディスペンサリーに行っても明るく親しみやすい雰囲気です!以前は、入り口のドアも中からブザーで開けてもらえないと入れず、重い鉄格子のドアが二重になっていたのが普通でしたが、今ではガラスドア一枚でディスペンサリーに入れます。

 

■税金がかかる

州が発行した医療用マリファナカードがあれば29.5%、それ以外の人は34.5%の税金がかかります。2018年以前は税金は一切かかりませんでした。それと比べてしまうと約30%の税金は大きな打撃ですよね。

 

■カード払いOK

なんでもカードで支払うのがスタンダードなアメリカですが、それとは正反対に完全現金主義のマリファナ業界。ですが2019年あたりから手数料を払えばカードでの支払いが可能なお店が増えてきました。

 

■全体的に2018年以前よりも値段が高い

ブランド側も検査機関での検査や、政府が新しく定めた法律に反しない正しいパッケージなどで経費がかかるため、全体の値段が上がったのもあります。

 

■マリファナ製品はチャイルドプルーフ容器に入っている

誤飲、誤食を避けるために全てのマリファナ商品は開けづらいチャイルドプルーフの容器に入れることが義務付けられています。存在するいくつかのチャイルドプルーフの容器は、とにかく開けづらい!開け方を知らないと数時間苦戦するハメになります。そんな時は素直にグーグルで調べると開け方が出てくるはずです。

 

■政府と契約している検査機関で検査された商品のみ販売可能

安全性を保つためにマリファナ商品は安全、クリーンであることが証明されてから店頭に並んでいます。マリファナ、エディブル、ワックス、ベープ、体に塗るバームなど全ての商品が対象です。

 

■エディブルのTHCの含有量は100mg以下、スロードーシングの義務化

以前はTHC含有量が1000mgというモンスタークッキーが存在しましたが、現在ではエディブルのTHC含有量は100mg以下で一粒何mgというように何mg摂取したかわかるようになっています。(一回の平均THC摂取量は1025mgといわれています)

 

■最新機器でのメニューの観覧やお会計

iPadで全メニューが見れてお会計もデジタル。以前は手書きの黒板メニューにお会計は手書きの伝票、レシートは絶対に無いなど今では考えられないアナログ感でした。

 

■バッテンダーがきちんとした対応をしてくれる

以前は真っ赤な目で「オイオイ、ちゃんと会話できる?」というほどにハイだったバッテンダーが多かったイメージ。態度も悪く接客もテキトーだったお店もかなり多いです。「この症状にいいのは、どの商品ですか?」とたずねても「この品種まじでヤバイよ、超いいよ」といういい加減にしか答えてくれなかったりもしたののです。まぁ、それもアリだった時代なんですね(笑)。

現在のバッテンダーさんたちはそのようなゲトー感はなく、聞いた質問にハキハキと丁寧に答えてきちんと接客してくれるので、嫌な思いをすることはそんなにありません。

 

■マリファナがすでにパッケージに入っている

以前は大きな瓶にたんまりと入った新鮮なマリファナの匂いをバッテンダーに嗅がせてもらって、「これをこれくらいの量ください」と伝えて目の前で量り売りをしていました。懐かしさを感じますね。

現在、すべてのマリファナ商品はパッケージに入って完全に梱包されています。これは政府が、このお店、ブランドはどのくらい売ったのかをきちんと追跡するためだといわれています。税金がかかっているので、どれくらい売ったか目を光らせているからなのでしょうか。

 

■店内でのマリファナの使用は一切禁止

以前は店内でワックスを吸うことができるダブバーがあるディスペンサリーが数多く存在していました。2018年以前は店内でのマリファナの使用が許可されていた、ということではなく、政府も監視せず野放し状態だったので、どこのショップもやりたい放題でした。お客さんは買った商品をそのまま店内のラウンジで吸ったり食べたり、ジョイントを巻いて店内でバッテンダーと一緒に吸ってチルしたりなど、今では考えられないほどゆるかったのです。

 

このように以前のディスペンサリーは現在と大きく違っていたんです。医療用マリファナから嗜好用マリファナに切り替わった頃は、新しいシステムやルール、税金や値段設定に納得がいかないお客さんとよく揉めていたのを思い出しました。お客さんとバトルして口論していたのが懐かしいです。

納得できないところはたくさんありますが、時代の変化に合わせてそれに対応していかなければならないというわけですね。

 


【記事・マリファナに関するあらゆるお問合せはコチラ】
sodan@la-network.com

 

■カンナビスライフスタイルアドバイザー

Blue Dreamz Eiju

茨城県出身、ロサンゼルス在住10年目。2010年に語学留学目的でロサンゼルスに渡米後、メルローズ沿いの洋服屋でマネージャーとして勤務する。独自のセンスを生かし、セレクトシューズブランドADORE Los Angelesを立ち上げ順調に売り上げを伸ばすが、兄の死をきっかけに目的を見失う。人間活動に専念しようと生きていく中で医療大麻というものを知り、LAローカルたちの大麻に対する価値観の違いに衝撃を受ける。自身も医療大麻に助けられたという経験から、LAのマリファナシーンに身を投じるべくLAダウンタウンにあるカンナビスディスペンサリーで働き始め、マネージャーを務めるという経歴を持つ。

「日本人は小さい頃から大麻は人生をダメにするドラッグだと教えられる中、世界各国では医療用、そして嗜好用大麻が続々と解禁になっているのはギャップがありすぎるなと思いませんか?大麻にはメリットがあります。大麻によって精神的にも肉体的にも助けられた人をたくさん見ました。大麻先進国ロサンゼルスの事情をお届けし、大麻に偏見がある人の意識を少しでも変えていけることができればと思います。」

Instagram : @bluedreamz

関連記事:その他のマリファナのおはなし

  • 最終回 今までありがとうございました!

 

    最終回 今までありがとうございました!  

    2020年02月28日 マリファナのおはなし

    突然ではありますが、今週のコラムで「ロサンゼルスのマリファナのおはなし」連載が最後となります。   2019年の3月から右も左も分からずとにかく我流で始めたコラムでしたが、連載当初の記事を読み返すとまぁなんと幼稚な文章。当時はまだ大麻ショップマネージャーだったため、日常的に英語しか使わなかったので日本語が下手で下手で! コラムを書いていても日本語がなかなか出てこなかったりと苦労したなんていう裏話はありますが、後半は少しよくなったのではないでしょうか!(笑)   1年間ご愛読頂き本当にありがとうございました!  

  • Vol.51         大麻を吸ったあとのおすすめアクティビティ

 

    Vol.51         大麻を吸ったあとのおすすめアクティビティ  

    2020年02月21日 マリファナのおはなし

    ロサンゼルスで大麻が嗜好品として浸透していくにつれて、街の人々の大麻への寛容・認知度もかなり高くなっているのが目に見えている今日この頃です。街中を歩いていると大麻の匂いがすることも増えましたが、大麻の匂いを嗅いで顔をしかめる人さえもいない、そんな街ロサンゼルスから大麻使用後に楽しめるアクティビティを紹介します!   食べる、マンチー 食べることはアクティビティに入らないかもしれませんが、これは一番最初に書かなければいけないことだと思いました。それくらい劇的な変化が現れるのです! 大麻を摂取してハイの状態で食べると、口に入るものがいつもの数倍美味しく感じます。風味、味、歯触りや舌触りもかなり敏感に感じ、「こんな美味しいもの今まで食べたことがない!」と感動します。 お腹がいっぱいなのに箸が止まらず、永遠に食べ続けることができる自分に何度びっくりしたことがあるでしょう。癌患者さんや体が弱り食欲のない人が、大麻を使用して食欲を増進させて楽しく食事ができるというのも納得です。 何を食べたくなるかは人によりますが、甘いものを食べだすと止まらないという人が多いです。初心者にはコントロールしづらいマンチーも、大麻に慣れれば落ち着きますよ!   人と話す ハイな状態でのおしゃべりはとても楽しい!どうでもいいことがおかしくて、ケラケラ笑えて幸せな気持ちになります。うつ病の人に気分を高揚させるサティバが処方されるのはハッピーにする効果があるからなんですね。 大麻を使用して人に自分の悩みや日頃起きたことを考えていると、自分の正直な気持ちに気付けることが多々あります。普段は理性が働き制限している部分を大麻が解放してくれて、素直な自分を引き出してくれるという感覚です。私の周りでも、大麻を使用すると自分に素直になれるという人は多いのですが、これは大麻歴が長い人に多いようです。不思議ですね。   映画、ミュージカルや舞台を見る、音楽を聴く 映画やミュージカルを観たり、音楽を聴くのは誰がなんといおうと最高です!音が立体的に感じ、体感もあり、感覚が研ぎ澄まされ世界感に引き込まれます。ダンスをするのも音と一体になる感覚が分かり、たまりません。 個人的にはエディブルがおすすめですが、大麻やリキッドも◎。 作品に入り込みたいならインディカ、活発でいたいならサティバ、美味しいところどりのハイブリッドは初心者におすすめ。ハイブリッドにもインディカ寄り、サティバ寄りがあるので注意してみてくださいね!   エクササイズ エクササイズにはアクティブになれるサティバが断然おすすめです。普段よりも集中することができ、エクササイズ自体が楽しくなります。エクササイズの後はCBDを摂取したりCBDバームを塗流ことにより筋肉の炎症を沈め、修復を助けます。   ⒸWeekly LALALA

  • Vol.50         一般参加型大麻イベント「Secret Sesh」

 

    Vol.50         一般参加型大麻イベント「Secret Sesh」  

    2020年02月18日 マリファナのおはなし

    前回のコラムでご紹介した、34.5%の税金がかからない大麻系プライベートイベントの一つ「Secret Sesh」が6月6日に開催されます!今のところ場所は未定ですが、ロサンゼルス周辺の予定。   前回12月に開催されたこのイベントに私も参加したのですが、本当に楽しかったです。ぜひまた行きたいと思ったので皆さんにご紹介させて頂きます。  

  • Vol.48  大麻の裏マーケット

 

    Vol.48  大麻の裏マーケット  

    2020年02月07日 マリファナのおはなし

    ©Weekly LALALA   大麻の裏マーケットをブラックマーケットと呼ぶことがあります。初めに余談ですが、アメリカではブラックマーケットを「オフマーケット」と呼ぶようにしている動きが見られます。これはアメリカの歴史の中でアフリカ系アメリカ人(黒人)を「ブラック」と人種差別目的で使う傾向があったところから、ブラックという言葉を悪いイメージと繋げないためにも、「オフマーケット」と呼ぶようにしています。私も文中ではオフマーケットという言葉を使わせて頂きます。   大麻が合法である州には必ずオフマーケットと呼ばれる違法の裏マーケットが存在します。昨年アメリカ中を騒がせた、8人の死者が出た大麻のベープペンも、全てオフマーケットで購入された商品だったことにより、オフマーケットの存在が浮き彫りになりました。  

  • Vol.47  大麻情報ならTwitter!

 

    Vol.47  大麻情報ならTwitter!  

    2020年01月31日 マリファナのおはなし

    Blue Dreamz活動を始めた昨年、唯一利用していたSNSはInstagramでした。 そんなある日、私の妹がTwitter上で見つけてきた大麻関連のツイートを送ってきてくれました。 蓋を開けてみるとTwitter上にはたくさんの大麻活動家が存在し、世界中から大麻に関する情報を日本語に訳してツイートしている! Twitter上にはInstagramよりも遥かに多い大麻推進派の人々がいることに気がつきました。 裏アカ(自分の本性を明かしていないアカウント)が多いのも事実ですが、それでも無料でこれだけの情報量を掴めるので使わない術はないと思っています。Instagramしか使っていなかった私にとってはショッキングな出来事でした。 私のコラムを読んでくださっている方にも、ぜひTwitterを活用して必要な情報を取り入れて頂きたいです。今回は私が普段からチェックしているTwitterのアカウントをご紹介します!   ©Weekly LALALA