連載・コラム ロサンゼルスで暮らす人々

編集: Weekly LALALA - 2019年10月16日

「パスの返し200%」

衣装スタイリスト/衣装製作

見留 小織

Saori Mitome


 

映画やTVコマーシャル、TVシリーズ、ミュージックビデオ、バレエ団などの衣装スタイリスト・デザイン・製作を手がける見留小織さん。「毎回、そのプロジェクトに関われること、機会を与えられたことに感謝する」と話す(Webサイト:mitome-certifiedswag.com

 「中学生のころミュージックビデオを観て、お店で売っていない衣装に魅力を感じて手作りしてみたいと思った」。

そう語る見留小織さんは、衣装スタイリスト、衣装デザイナー、衣装製作としてロサンゼルスを拠点に活躍中だ。

主に映画の撮影、コマーシャル、TVシリーズやバンド用ミュージックビデオの衣装製作、劇場およびバレエ演劇の衣装製作を手がけている。

 

もともとの音楽・ファッション好きから衣装の分野に関心が向いたわけだが、アメリカ生活をする後押しとなったのは高校の交換留学。

兄の影響で洋楽を聴くようになり、「英語ができたらいいなあ」と思っていたこと、当時LAドジャースでプレーしていた野茂英雄選手をテレビで観て日本人1人というのはいったいどんな感じなんだろう」という好奇心を抱いたことから異文化への興味が膨らんだ。

交換留学のステイ経験は深く心に残り、後に移住するきっかけとなった。

 

衣装の仕事については大好きなサッカーになぞらえてこう分析する。

「自分で作りあげるというよりは、チーム内で与えられた役をこなして全力でより良いものを作ろうとする。

常にどうやってアシストするか考えながら作業し、一つのゴールにみんなで向かっていく」。

スタイリストとしてなのか、あるいはデザイン・製作としてなのかによって衣装への携わり方はさまざまだ。

 

TVシリーズや長編映画では、監督から伝えられたイメージに対し、自分なりのストーリー解釈とそれをキャラクターにどう着せるかをプレゼンし、話し合いを重ねて最終的な形をまとめ上げる。

人の頭にあるコンセプトを用意するという作業はハードルが高い。

また、ミュージックビデオ用の作業は準備期間が非常に短いため、1から10のステップのうちどこをどう詰めるかを考え、臨機応変に調達、製作し、いかにゴールに合わせてもっていくかが成功の鍵となる。

関わり方が異なっても、自身の姿勢は変わらない。

自分のポジションを「言ってみれば、下がって守備に回ることもあれば攻撃も組み立てるボランチのような役割」と例える。

現場では唯一の日本人であることがほとんど。

 

しかし「締切を守るとか的確さで重宝されることは多い。パスの返しが200%だから」と自信をみせるように、日本人ならではの細やかさが活きているという。

時間との勝負を強いられても、プレッシャーに負けず「絶対できる」と自己暗示をかける。

 

「この仕事は一期一会。同じチームでまたやることはないしすべてが一発勝負。だからこそ全員で、一瞬一瞬を全力でやる」。

毎回、チームメイトと一つのゴールを目指すためフィールドに立っている。

TV用に製作した(XXXXXLARGE)5Extra Large ジャケット。衣装とはさまざまな関わり方をする(Instagram@mitome.wardrobe_styling

今後は「音楽と洋服のコラボを見たいからミュージックビデオをメインにやりたい」という

関連記事:その他のロサンゼルスで暮らす人々

  • 「Hapa英会話―生きた英語を世界へ発信」

英語講師 / 『Hapa英会話』 プロデューサー

淳 セニサック|Jun Senesac


 

    「Hapa英会話―生きた英語を世界へ発信」 英語講師 / 『Hapa英会話』 プロデューサー 淳 セニサック|Jun Senesac  

    2018年04月12日 ロサンゼルスで暮らす人々

     アメリカ人の父と日本人の母を持ち、ロサンゼルスで生まれ育った淳セニサックさん。そのセニサックさんが約5年前にブログからスタートし、ポッドキャスト、メルマガ、ユーチューブと様々な媒体で発信する『Hapa英会話』。2013年1月21日に初回のブログを投稿し現在の媒体別アクセス数は、ブログ1日のアクセス数が5万以上、ポッドキャストの総ダウンロード数1600万以上、ユーチューブの購読人数が20万以上と、莫大な支持を得る人気ぶりをみせる(4月5日現在)。  昨年よりLAから東京へ拠点を移し活動開始。さらに4月9日にはセニサックさんの書籍第二弾『Hapa英会話ネイティブ感覚で話す英語フレーズ』が出版されたばかり。反響の多かったトップ90のブログをまとめて一冊の本にした同著は、amazon.co.jp売れ筋ランキングで第2位を獲得している。  『Hapa』とは日本語で混血やハーフ、ミックスとも表現される。その言葉の通り、日米の血を引くセニサックさんによる英会話。「TOEICの高得点を持ち、英語の理解力のある日本人の方が実際にアメリカへ来て生活をしてみて、遭遇する英語の壁はたくさんあります。レストランでの注文に困ったり、学校やビジネスの場で日本の文化について聞かれて答えられなかったりと、ネイティブのイングリッシュスピーカーとの会話に戸惑い悩む方も多い。そんな皆さんからのお悩みや疑問をいただいて、答えたいと最初に始めたのがブログでした」  両親であるビル& 陽子セニサック氏はトーランスで英会話学校、BYBイングリッシュセンターを開校して33年。長男であるセニサックさんは2011年に開校したBYBアーバイン校の校長を務め、英語教育と学校運営に尽力した。もともと大学では会計士を目指して勉強していたというセニサックさんだが、大学時代に日本へ1年間の交換留学に訪れ、その後、国際交流員として石川県内灘町役場に勤務。2年間の石川での生活で、自分の将来への考えが180度変わったという。「日米をバックグランドに育った僕は、言語や文化の上で混乱した時期がありました。自分がアメリカ人なのか日本人なのか葛藤した部分がたくさんあった。そんな中で、経験したのが石川県内灘町での生活。そこで週に一回、街の人たちに英会話を教えていたんです。生徒さんからの質問に答えると喜んでくれたことや、彼らの悩みに共感できたことが本当に嬉しかった。それが自分の中で何をするべきかがクリアになった瞬間でした」  日本の美しき四季の文化や習慣、話題などにまつわる新鮮な英語が日々更新される『Hapa英会話』。「アメリカ人が教える英語でも、日本人が教える英語でもない。アメリカ人の視点を日本人の感覚でわかりやすく伝えられるコンテンツを、これからも多くの皆さんにお届けしていきたいと思っています」。

  • 「自分のルーツを融合して

        オリジナリティを築く」

フィットネスコーチ/ 俳優/ダンサー/モデル
 

Shuichi Morimoto


 

    「自分のルーツを融合して         オリジナリティを築く」 フィットネスコーチ/ 俳優/ダンサー/モデル   Shuichi Morimoto  

    2018年04月05日 ロサンゼルスで暮らす人々

     いつの時代も様々なフィットネスのトレンドを生み出すフィットネス王国カリフォルニア。トレーナーたちは、自らの肉体が培ってきたフィットネスの知識や経験をもってオリジナルのトレーニングをクリエイトする。  ロサンゼルスでフィットネスコーチとして活動するShuichi Morimotoさんは、ダンスをもとにしたグループエクササイズや一般個人へのセッションを提供している。「自分の活動のルーツはダンサーなので、フィットネスやダンスをはじめとしたエンターテイメントをミックスして、どこにもない新しいものを作り上げていきたいと思っています」  ダンサーとしてのバックグランドはニューヨークで築きあげられた。2011年に渡米し本格的にNYを拠点にダンサーとして活動をスタート。渡米以前にも日本からたびたび現地に足を運んでダンスワークショップを受けたほか、ネットワーク作りを行いダンサーとしての基盤を作った。全米規模で行われるストリートダンスバトル番組『アメリカズ・ベスト・ダンスクルー』ニューヨーク代表のダンスクルーの1人に選ばれアメリカ国内で多数のコンテストやショーにゲスト出演、また鍛えあげた肉体とダンスでオーディエンスを魅了するダンスプロジェクト『The Ken Project』にも初のアジア人として選ばれたほか、Rhythm Cityやビヨンセ、アッシャーなどのプロダンサーと一緒にダンスのワークショップをしに日本や台湾を訪れた。「NYでの自分にとっての宝は、人との出会いですね。エンターテイナーはもちろん、アーティスト、ミュージシャン、ファッション・・・自分の専門分野を飛び越えて会ったことのないような人と出会って繋がって、色々な影響を受けました。あの街で日々、新しいことを発見したことが新鮮だったし、それがエンターテイナーとしてのクリエイティビティを研ぎ澄ましてくれたんだと思います」  2年前に新たなエンターテイメントの新境地を目指してLAへ移り、様々な挑戦を続ける。フィットネスコーチの仕事に力を注ぐと同時に、褐色の肌やがっちりとした体型やルックスを持ち味にして、モデルや俳優としてコマーシャルやミュージックビデオなどにも出演。昨年は、ボディービルディングコンテストNational Physique Contestアトランタ大会に初出場しNovice部門で3位入賞を果たした。  「ダンサーになるにも、アスリートになるにも、他の何かで上を目指すにしても、大切なのは体力です。自分がダンサーとして活動してきて、体作りの大切さを体感しました。ダンサーになるためにダンスだけするのではなく、トレーニングによってスタミナをつけたり、インナーマッスルを鍛えることの大切さを自分の経験をもとに、皆さんとシェアしていきたいですね」。