全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年10月11日

年間の家賃値上げ5%までに制限 加州で新法案

 

【ロサンゼルス9日】カリフォルニア州のギャビン・ニューサム知事は8日、アパートなどの家賃の年間値上げ率上限を5%にとどめることを定めた「法案1482」に署名した。深刻化するホームレス問題を解決するため。

 

家主が代わった際に賃借人を追い出して賃貸料を一気に引き上げる行為が横行しているが、同法の下、家主が理由なしに賃借人を追い出すことは禁じられる。

同法は2020年1月1日から施行されるが、5%の上限規制は今年3月15日以降の家賃値上げから適用される。

この法案は2030年までの期限付き施行の予定。

 

過去15年以内に建設された家や、ユニットにオーナーが住むデュープレックスは対象外。法人や不動産投資信託が所有する住宅を除き、一戸建て住宅も対象外。

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • ホワイトハウス近くで発砲
トランプ氏、会見を一時中断

 

    ホワイトハウス近くで発砲 トランプ氏、会見を一時中断  

    2020年08月12日

      【ワシントン11日時事】首都ワシントン中心部のホワイトハウス近くで10日夕、発砲があった。トランプ大統領は当時、ホワイトハウスで記者会見を開いていたが、事件を受けて急きょ中断。警護担当者に付き添われ、執務室に一時避難した。   数分後に会見を再開したトランプ氏は記者団に、容疑者が警護要員に撃たれたと述べた。大統領警護隊(シークレットサービス)によると、容疑者は51歳の男で、隊員に近づいて武器のようなものを取り出し、銃撃の構えをしたため、隊員が容疑者の胴に向けて発砲した。男と隊員1人が病院に搬送されたが、男の身元や2人の容体などは明らかにされていない。   発砲があったのはホワイトハウス敷地外の西側。大統領警護隊は「敷地内への侵入はなく、(大統領を含む政権高官など)警護対象者が危険にさらされてもいない」と説明した。   現場はホワイトハウス正面に通じる道路への進入口。大統領警護隊の検問所があり、通常は歩行者なら通行できるが、車両は原則として進入できない。 写真:銃撃の発生を受けてホワイトハウス近くの通りをふさぐ警察車両    

  • 子供の感染者も急増 学校早期再開困難に 新型コロナ  

    2020年08月10日

    【ニューヨーク10日時事】ニューヨーク・タイムズは9日、米小児科・子供病院協会アカデミーの報告として、7月後半の2週間で米国の子供の新型コロナウイルス感染者が少なくとも9万7000人確認されたと報じた。これにより、子供の新型コロナ感染者は33万8000人以上となった。   全米の新型コロナ感染者は、500万人を超えたが、子供にも感染拡大が確認されたことで、学校の早期再開は困難になりそうだ。   子供の感染が最も深刻なのは、オクラホマ、ネバダ、モンタナなど南部や西部の州で、人種別では、ヒスパニックが約4割を占め、黒人が33%となっている。    

  • 街頭パーティーに発砲、17歳死亡  

    2020年08月10日

    【ワシントン10日時事】首都ワシントン南東部で9日未明、街角の広場でパーティーを開いていた大勢に対して何者かが銃を乱射し、参加していた17歳の男性が死亡、少なくとも20人が負傷した。警察は容疑者の行方を追っている。パーティーは、新型コロナウイルス感染防止で市当局が出した50人超の集会禁止令に違反していたとみられる。   地元警察は、NBCニュースに「少なくとも3カ所から発砲があった」と説明。100発近い弾丸が発射されたもようだ。発砲前に口論が起きたとも伝えられ、パーティー開催の是非をめぐるトラブルの可能性もある。   事件が起きたパーティー参加者の1人は、ワシントン・ポスト紙に「約400人いた」と証言した。ワシントン市当局の集会禁止令に違反した場合、最大1000ドルの罰金が科される可能性がある。    

  • 23歳モリカワが初優勝
全米プロゴルフ

 

    23歳モリカワが初優勝 全米プロゴルフ  

    2020年08月10日

      【サンフランシスコ10日時事】男子ゴルフのメジャー大会、全米プロ選手権は9日、米サンフランシスコのTPCハーディング・パーク(7251ヤード、パー70)で最終ラウンドが行われ、4位でスタートした23歳のコリン・モリカワ(米国)がメジャー大会2度目の出場で初優勝した。1イーグル、4バーディー、ボギーなしの64で回り、通算13アンダーの267で米ツアー通算3勝目。 コリン・モリカワはロサンゼルス生まれの日系人。   18位で出た松山英樹は4バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの70とスコアを伸ばせず、通算4アンダーの276で22位に終わった。   大会3連覇を目指したブルックス・ケプカは29位。タイガー・ウッズ(ともに米国)は37位だった。 写真:メジャー初優勝し、カップを掲げるコリン・モリカワ    

  • 大統領権限で追加経済策

 

    大統領権限で追加経済策  

    2020年08月08日

      【ワシントン8日時事】トランプ大統領は8日、失業給付の上乗せを含む追加の新型コロナウイルス経済対策の実施を大統領権限で命じた。秋の再選をにらみ、野党民主党との協議が暗礁に乗り上げたことで景気への影響を憂慮。議会手続きを飛び越える強硬策に踏み切った。   失業給付の上乗せ額は週400ドルと、7月末に失効した週600ドルから減額した上で年末まで給付する。国土安全保障省の災害救援基金の流用や州に一部負担を求めることで財源を捻出する。民主党は週600ドルを主張しているが、政権側は「失業者の復職を妨げる」(ムニューシン財務長官)との立場だ。   また、社会保障の財源として労使が負担する給与税の一部は、9月以降に生じる納税分を年内は猶予する。家賃滞納者に対する強制退去の禁止措置延長、学生ローン利払い猶予も命じた。   トランプ氏は記者会見で、民主党が協議で譲歩しなかったことに「必要不可欠な支援策を人質にすることを選択した」と非難した。さらに中低所得層を対象とした所得税減税、株式や不動産の取引所得などに対する減税に言及。景気低迷が再選に響きかねず、減税でV字回復を後押ししたい意向をのぞかせた。   民主党のペロシ下院議長とシューマー上院院内総務は8日声明を発表し、「機能しない貧弱で偏狭な政策」と切り捨てた。   経済対策をめぐっては、民主党が約3兆4000億ドルの財政出動を訴える一方、政権と与党共和党は1兆ドル程度を主張。7日までの交渉で民主党は1兆ドルの減額提案を示したが、政権側が拒否、協議は頓挫した。   写真:新型コロナウイルス経済対策を命じる文書に署名するトランプ大統領