連載・コラム テリー伊藤の東京チャンネル

編集: Weekly LALALA - 2019年10月09日

あの天才子役は今!

YouTubeを見ていると面白い企画に出合える。私は、かつての人気子役の、過去と今を徹底比較する「あの天才子役は今!」の企画が大好きなんです。

スターだった子供が大人になって、全員が素敵になっているとは限らない。その変わりようを楽しむのだ!

映画「ホーム・アローン」(1990年)が大ヒットしたマコーレー・カルキン

逮捕された際に撮影された写真(2004年)

必ず登場させられてしまうのが、映画「ホーム・アローン」が大ヒットしたマコーレ・カルキン(ケビン役)だ。

本当に可愛かった。

衝撃的だったのは、彼が成人になってから、薬物やマリファナの不法所持で逮捕された時の写真だ。

世界中がビックリした。まさにクリスマス・イブの夜サンタクロースが悪者になって家に来た感じだ。

ひとりでドロボー退治したあの少年・・・ものすごい落差だった。

 

もちろん犯罪は犯していないが「ハリー・ポッター」のダニエル・ラドクリフや、「シックス・センス」や「A.I.」で哀愁の表情を漂わせていたリーレイ・ジョエル、オスメントは、私が彼らの子供時代を知らないで、大人として出会っていたら、3人は個性派俳優として見ていただけなのに、天才子役時代を知っているだけに相当楽しめた。

本当に天才子役が大人の役者として成長していくのは大変そうだ。増して子役時代に一生分の富を得ることもあり、周りの大人たちにはチヤホヤされ、どんな人間形成ができるのか他人ごとながら心配になってくる。

もっともダニエル・ラドクリフのように生涯金に困らないほどの資産があれば、好きな映画だけに出るという作戦もある。

 

とはいえ私も人のことは言えたもんじゃない、小学校6年生の時のアルバムを見たら、そこには今の私とはまったくの別人が写っていた!

髪の毛は沢山あったし、前立腺の薬も飲んでいなかったし、爽やかだったし!

そう考えると、他人の老いていく姿を見て楽しむなんてあまり良い趣味とはいえないが、マァ芸能人もいい思いしているのでいいかなと。

 

ハリウッドだけでなく日本の芸能人でも子供から大人への転身を上手にできる人は少ない。

その中でも現在も輝き続けている子役もいる。天才子役といわれた芦田愛菜。

2010年、テレビドラマ「Mother」に出演し、実母から虐待されるという少女を熱演し、各賞を総なめして知名度を一気に全国区に広げた。

その後ゴールデンタイムの連続ドラマで史上最年少での主演、共演した鈴木福との主題歌「マルマルモリモリ」で歌手デビュー、その年に「NHK紅白歌合戦」に出場。

当時7歳だった愛菜ちゃんと私も共演したことがある。スタジオで放送中、カメラの横でA.D.がカンニングペーパーを出すのだが、びっくりしたのは、7歳にも関わらず難しい漢字を全て読んでいたことだ、それも一度も噛まずに。

本当にあの時はビックリした!

そんな愛菜ちゃんも現在は慶応機塾大学付属の中学校に在籍という。

多くの天才子役が愛菜さんみたいな人生を歩めたら素敵です!

だが・・・マァそれじゃあ企画的にはつまらないか・・・

関連記事:その他のテリー伊藤の東京チャンネル

  • コロナウィルス騒動、問われる日本人の真価

 

    コロナウィルス騒動、問われる日本人の真価  

    2020年04月15日 テリー伊藤の東京チャンネル

     緊急事態宣言で東京の街は戒厳令のような静けさだ。丸の内、銀座、青山を車で走ってみても、SF映画のワンシーンのような不気味さがある。午後7時になると細々とやっていたスターバックスなども店を閉め、更に静まり返ってくる。まさに静寂。    ところが、都心の中央部からほんの少し離れた街、例えば、武蔵小山商店街や戸越銀座商店街、麻布十番商店街、深川のイトーヨーカドーなどの大手スーパーなどは週末どこも押すな押すなの賑わいなのだ。いったいどうなっているんだ!テレワーク(在宅勤務)の皆さんや、家族も家でじっとしているのが飽きてしまうのか。それら住宅地のお店はどこも大変な騒ぎになっているではないか。それも子供やおじいちゃんおばあちゃん連れで。ディズニーランドや映画館、劇場、コンサートなどに行けなかったウサを近所のお店で紛らわしているのか。せっかく会社や学校の活動を自粛して戦っているのに、こんなことではコロナウィルス菌を感染させる環境を自ら作ることになってしまう!!    それだけではない。国や東京都では他の県には不要不急の場合以外は行かないでと要請を出している。しかし皆がみんな言うことを聞くわけではない。こんな問題が起きている。東京都では、パチンコ屋さんに対して営業の自粛を要求しているが、パチンコ中毒の連中は東京都で出来ないのであれば、川を越えた隣の茨城県のまで足を運び、駐車場は東京ナンバーの車でいっぱいだ。本当に情けない!    いったいどうすればコロナウィルスを防げるのか。専門家の先生方が言われているのは、普段会う人の数を8割減らしなさいとのことだが、こんな連中がいる限り、いくら真面目に行動している人達がいても効果があるのだろうか。こんなことでは5月6日迄の緊急事態宣言が終わるはずがない。このままではアメリカN.Y.の二の舞になることは目に見えている。    安倍さん、小池さんが悪いわけではない。わずか1か月も我慢できない国民が悪いのだ。では、どうしたら良いのか。もうすでに自分はコロナウィルスに掛かっているという意識を持つことが大切。そう考えれば、のん気にパチンコ屋にも、家族手を繋いで近所のスーパーマーケットに行くこともないだろう。自分が被害者だと思うのではなく、加害者だと考える発想が必要になってくる。わたしだって無駄遣いの王様なのだから、本当は買い物に出たいのに今は我慢我慢。    今こそ日本人の真価が問われている。世界中が見ている。   写真:日本経済新聞 2020/4/11版より

  • 志村けんさん、映画見たかった!

 

    志村けんさん、映画見たかった!  

    2020年04月09日 テリー伊藤の東京チャンネル

    志村けんさんが亡くなった。日本中が驚きと悲しみに包まれている。本当に残念だ。私は志村さんと同じ70歳。他人ごとではない。   実は多くの日本人が今回のコロナウイルス騒動をどこか「自分は平気」と思っていたのではないか。コロナ騒動が起こってから3か月、私達の心の中にある種の緩みがあったと思う。   例えば、3月の3連休の時も桜の便りが聞こえ出し、多くの人々が町へ、行楽地へ足を運んだ。そう、日本全体が、どこか解放感に浸りたかったのかもしれない。   そこに、志村けんさんの突然の死。 いままでどこか対岸の火事だった事が、リアルになってくる。若者世代も真剣な気持ちを持つようになってきた。しかし、残念ながらコロナウイルスとの戦いは始まったばかりのような気がする。   日本のプロ野球も、来年のオリンピック開催も、日程だけは出ているが、本当にできるのだろうか。まったく先が見えない。  

  • 後世に残したいあのスターはこんな人柄だった!「淡谷のり子」

 

    後世に残したいあのスターはこんな人柄だった!「淡谷のり子」  

    2020年04月03日 テリー伊藤の東京チャンネル

    私も遂に70歳になってしまった。びっくりです。若かったころは70歳なんて遠い先!よその世界の話だと思っていたのに。 そう、まるで浦島太郎が竜宮城から帰って来て、おと姫様からいただいた玉手箱を開けてしまい、一瞬にしてお爺さんになってしまった、そんな感じです。学生時代が昨日のことのように思えるのに。   まあ、爺さんになってしまったのだから、そんなことを言っても仕方ありません。   ふと、芸能界にどのくらいいるのだろう?と考えてみました。24歳でこの世界に来たのだから、46年もいるんです!長いのやら短いのやら。 私は芸能界で何かのお役に立ったのだろうか、なんて考えてしまいます。   今日は、昔のスターとの思い出話をしたいと思います。 題して「後世に残したいあのスターはこんな人柄だった!」 まず第一回は、淡谷のり子さん(92歳没)。日本のシャンソン歌手の先駆者でした。愛称は「ブルースの女王」。   青森市の豪商の長女として1907年に生まれ、1923年青森県の女学校を中退後、母・妹と上京し、現在の東京音楽大学ピアノ科に入学、その後声楽家に編入してオペラ歌手を目指すためクラシック音楽を学んだ。 その頃家が貧しくなったため、絵画のモデルを務めるなどして生活費を稼いだ。努力の甲斐あって、首席で卒業し、新人演奏会で「魔弾の射手」を唄い、十年に一人のソプラノ歌手と呼ばれた。   物凄い実績ではないか。勿論プロ歌手となってからも、日中戦争が勃発した1937年「別れのブルース」が大ヒットしてブルースの女王の地位を不動のものにした。  

  • 西川史子さん、お疲れさま!

 

    西川史子さん、お疲れさま!  

    2020年03月26日 テリー伊藤の東京チャンネル

    TBS「サンデージャポン」に一緒に出演している西川史子さんが、13年の長きに渡ってレギュラーとして活躍していた番組を卒業することになった。 何故辞めたのか実は私もよく知らないのですが、以前から、もうすぐ50歳になるからもう一度医師の仕事をやりたい、と言っていた。恐らく本音だろう。   長くタレントをやっていると、身の回りの世話を周りの人がすべてやってくれるのが普通の感覚になってくる。お化粧はメイクさんが、衣装はスタイリストさんがやってくれる。ホリプロという一流の芸能事務所に所属していたので、マネージャーも人格者が就いている。 しかし、医師に戻るということは、そんなサポーターがいつもついてくれる訳ではないと思う。病院まで送迎と言うのも、大先生ではないのでおかしい気がするが、彼女の性格だと、運転手付の出勤となるのかな。  

  • 山の手なのか下町なのか、武蔵小山の住み心地

    山の手なのか下町なのか、武蔵小山の住み心地

    2020年03月18日 テリー伊藤の東京チャンネル

    私は休日によく品川区にある武蔵小山商店街パルムに遊びに行きます。目黒や自由が丘も近く、本来なら高級住宅地になってもおかしくないのに、何故か山の手に在りながら昭和の下町の雰囲気が漂う。そんな街にあるこの商店街が大好きなんです。昭和31年(1956年)にオープンした日本初の大型アーケードは、完成時は「東洋一のアーケード」といわれた。その後も延長拡大し、現在は武蔵小山駅から中原街道までの全長800メートルの東京で最も長いアーケード商店街になっている。寅さん映画に出てくる件品交換会場や、目方で洋服を売っているようなディスカウントショップがあったり、ペットショップ、老舗の日本蕎麦屋、マッサージ屋さんなど多岐にわたっていて、お客さんのニーズに応えてくれている。この街は本当に良い!約250店舗のこの商店街に来れば、年齢を問わず、半日は時間をつぶすことができる。まさに昭和の香りがする「オールウェーズ3丁目の夕日」の世界である。    しかし、この街に異変が起きたのだ!長年、高層ビルがまったく建たなかったこの街に、駅前開発に伴い、なんと地上41階、地下2階建ての三井不動産「パークシティー武蔵小山」が出来たのだ!人情の街武蔵小山に、まさに黒船のようにやってきたのだ!  目黒駅から2駅5分、渋谷まで20分、圧倒的に交通の便が良いのだ。街が再開発されなかったのが実は不思議なくらい。エアーポケットに入ったようなほっとする風が吹いていたこの街に、ニューウェーブが押し寄せてきた。    私の友人のメイクさんも、3人の子供と家族5人で狭い一戸建てに住んでいる。そんな彼女が「なんか複雑な気持ちなんですよね~。お金持ちや投資等で儲けている人達が巨大なタワーマンションの高層階から、私達が住んでいる下界を見下ろしているんじゃないかなと思っちゃう。街の雰囲気が変わっちゃうんじゃないかしら。」とため息をついていた。一方、商店街の人達からは「新しい人たちが来てくれればこの街にお金を落としてくれるので、結構なことじゃないの。」という声も当然聞こえてくる。    考えてみれば、都心のあちらこちらで、旧住民と引っ越してきた人達の間でこんなギャップがあるのだろう。私も実際どんな雰囲気か下見をしてきました。マンションの下から見上げれば、首が痛くなるほどの高さでした。40階からの景色は、さぞかし富士山も綺麗に見えるんだろうな~。東京湾の花火もバッチリ見えるんだろうな~。夜空も近くに見えるのかな~。おっとっとっと、完全に私はタワーマンションに魅了されているでないか!更に1階のモールに目を通せば、見たこともない高級冷凍食品の専門店もある。これは便利だ。カフェからはいい香りがしてくる!どうやら私はこの新しいタワーマンションの魅力に惹かれてしまいました。