全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年10月04日

不法入国者のDNA採取計画
「犯罪者扱い」に批判も

 

未成年の不法入国者を拘束する米国境警備隊隊員=9月10日、テキサス州ミッション

 

【ワシントン3日時事】ニューヨーク・タイムズなど複数のメディアは2日、米政府が拘束した不法入国者らからDNAサンプルを採取し、犯罪者の生体情報を収めたデータベースで共有することを計画していると報じた。

トランプ政権が進める不法移民対策の一環だが、人権侵害だと反発する声が上がっている。

 

政府高官の話として報じられたところによると、司法省が提案した計画は、不法入国者の口内の粘膜からDNAサンプルを採取。連邦捜査局(FBI)が管理するデータベースに情報を入力し、連邦や州の警察など法執行機関で共有する。データベースには現在、重大犯罪で有罪判決を受けた者の情報が収められている

 

年数十万人に上る不法入国者の多くは、難民申請をするため、難民関連法の保護対象となる。一方、適正な書類を持たず、入国管理を回避して越境することは連邦法上の軽罪に当たり、高官は「(拘束された人々には)法を犯した者という側面もある」と説明した。

 

これに対し人権団体などは、プライバシー保護の面で懸念がある上、採取対象者と似たDNA情報を持ち合法的に米国に居住する肉親にも影響を及ぼし得ると指摘。全米市民自由連合(ACLU)の弁護士は、ニューヨーク・タイムズ紙に「DNA採取の目的を犯罪捜査から身元調査に変えるもので、自由で自律的な社会というわれわれの基本理念に根本から反する」と批判している。

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • 史上初、女性だけで宇宙遊泳

 

    史上初、女性だけで宇宙遊泳  

    2019年10月18日

    宇宙飛行士のクリスティーナ・コークさん(左)とジェシカ・メイアさん  

  • 空母「加賀」、太平洋の海底で発見 ミッドウェー海戦で沈没  

    2019年10月18日

    【ニューヨーク19日時事】太平洋戦争で沈没した軍艦などの探査活動に当たっている米調査チームは17日、日米海軍が戦った1942年のミッドウェー海戦で沈没した旧日本海軍の空母「加賀」を、中部太平洋の水深5400メートルの海底で発見したと発表した。   発見したのは、IT大手マイクロソフトの共同創業者ポール・アレン氏(昨年10月死去)が設立した調査チーム。数週間にわたって広範な海域を捜索した末に見つけたという。過去には戦艦「武蔵」などを発見したと発表している。   「加賀」は旧日本海軍の代表的な空母で、41年12月の真珠湾攻撃に参加した後、42年6月のミッドウェー海戦で沈没した。この海戦で日本側は空母4隻を失う大敗を喫し、太平洋戦争の転換点になったともいわれる。

  • サンタモニカ・ピアの駐車場で発砲事件 男性1人が負傷

 

    サンタモニカ・ピアの駐車場で発砲事件 男性1人が負傷  

    2019年10月17日

    【ロサンゼルス17日】サンタモニカ・ピアの駐車場で16日夜10時前、何者かが銃を発砲し、男性1人が足に銃弾を受け病院へ搬送された。   事件が起きた現場は、レストラン「Bubba Gump Shrimp Co.」横の駐車場で、発砲の直後に消防車とパトロール車両が駆け付け、ピアへの入り口は閉鎖された。容疑者は逃走し、警察が行方を追っており、目撃情報の提供を呼び掛けている。  

  • 違法ギャンブルで40人拘束 ロングビーチ  

    2019年10月16日

    【ロサンゼルス16日】ロングビーチで16日午前3時半頃、違法なギャンブルが行われていた建物に警察の特殊部隊(SWAT)の手入れが入り、少なくとも40人が身柄を拘束された。   違法ギャンブルの手入れは、ロングビーチで今月に入り2件目。警察当局はロングビーチの違法ギャンブル組織の摘発を強化しており、今月8日には、違法なギャンブル、麻薬売買、売春が行われていたとされる店で男女27人が拘束されている。  

  • イングリウッド市の不動産価格、5年間で63%急上昇  

    2019年10月14日

    【ロサンゼルス14日】不動産データを提供する「Property Shark」は14日、ここ5年間でイングリウッド市の不動産価格が急激に上昇しているとの分析を発表した。その勢いは、ロサンゼルスの都市部の中でダントツで、NFLチーム「ロサンゼルス・ラムズ」が本拠地として使うスタジアムの建設などが大きく影響しているとみられる。   不動産価格は急上昇しているものの、イングリウッド市はまだロサンゼルスの中では一戸建て住宅が買いやすいエリアで、家の平均価格は50万ドルを下回る。   住宅中間価格は、2014年の$298,000から2018年には$485,000へと63%上昇した。この変動は長年の住民らにとってはレントが高騰し痛手となっている一方で、新たなビジネス参入がコミュ二ティーに潤いを与えている。