連載・コラム テリー伊藤の東京チャンネル

編集: Weekly LALALA - 2019年10月03日

 「カメラを止めるな!」より面白い

 映画界2018年最大の話題作となった上田慎一郎監督。

「カメラを止めるな!」制作費300万円、動員数220万人、興行収入31億円突破となったことは記憶に新しい。

その上田監督にお話を聞いた。もちろん新作を見させてもらってからの対談となった。(「アサヒ芸能」での対談)

最初に、あれ程の話題作の次回作なのでプレッシャーはどうだったのか尋ねたところ「ノイローゼになるくらい毎日しんどい思いをしました。でもそのノイローゼが新作のヒントにもなったんです。」と。

いや~流石転んでもただでは起きない!  

 

作品のあらすじを紹介しよう。売れない役者である主人公が、数年振りに再会した弟から俳優事務所に誘われる。

そこは役者の仕事の他に、依頼者から受けた相談や悩みを役者によって解決してゆくという仕事があった。

ある日カルト教団から旅館を守って欲しいという依頼が入る。

ヤバイ連中相手に計画を練り、作戦を遂行してゆくのだ。前回の「カメラを止めるな!」と同様、最後の最後まで観客が気を抜けない程、楽しみ満載の作品となっている。

 

映画を見た感想として、監督にこんな質問をぶつけてみた。「なぜ無名の役者ばかりを使うのですか?」「美男美女の役者が全然でてこないのは何故ですか?」と。監督は即答してくれた。

日本の映画は美男美女ばかり出すぎでリアリティをあまり感じられないんですよ。

ビッグネームだと、作品に感情移入できづらい場合が多く、今回は悩み多き集団なので、実際に悩みがありそうな役者さんを選んでみました!」と明快な答えが返ってきた。

確かに最近の日本のテレビは、時代劇でも正義から悪役まで若手俳優は全員美男子だ。

そんな作品を見ているとどこか白けてしまう。

そのうち忠臣蔵の赤穂浪士の仇役 吉良上野介を木村拓哉あたりがやり出すかもしれないし、水戸黄門を少年隊の東山がやり出すこともあるだろう。

まぁ~それはそれで見てみたいが・・・

 

そんな「なんでも美男美女」の時代に、一石を投じる上田監督の演出家としての考え方に強く支持したい。

作品の出来も素晴らしい。

実は「カメ止め」を見た時、二作目はどうかなと心配していたが、まったく杞憂に終わった!

ズバリ私の評価は「カメ止め」よりも面白い、エンターテイメントとしても素晴らしい!だ。

 

上田監督は元々ハリウッド映画から多くの影響を受けたと言っていたが、まさにハリウッド映画を彷彿させる作品となっている。

今のところ全米での公開は決まっていないので、日本に来た時には是非見てください!

関連記事:その他のテリー伊藤の東京チャンネル

  • スマイルシンデレラがやってきた

 

    スマイルシンデレラがやってきた  

    2019年08月28日 テリー伊藤の東京チャンネル

    AIG全英女子オープンで、日本人選手として42年振りにゴルフのメジャー大会制覇を成し遂げた、渋野日向子(20歳)が凱旋帰国した。   優勝から一夜明けた日から日本では連日各メディアが渋野の偉業を報じ、大変なことになっている。テニスの大坂なおみのフィーバーを上回る騒ぎだ。 帰国の記者会見では、まだオリンピックに選ばれていないのに「来年の東京オリンピックでは金メダルをとりたい」と宣言。普通ならまだ出られると決まっていないのにと世間も言うところだが、渋野選手のあの笑顔で言われると、日本中がにっこり。 そうだよな、渋野に金メダルを獲得して欲しいと思ってしまいます。まさに100万ドルの笑顔だ。   簡単に笑顔というけれど、状況によってはそう出るものではない。自分に例えてみると、仲間と一緒にお笑い番組を見ている時、私だけが笑っていないのだ。私の本職は演出家です。 そんな訳で、みんなが笑っている時に「そうか、こんな話題の時に面白がるんだ」と、職業意識でお客さんの心理を分析してしまう。みんなと同じ場所で面白いと思えることがあまりないのだ。情けない話である。

  • モーターサイクルファンはどこへ行った

    モーターサイクルファンはどこへ行った

    2019年08月20日 テリー伊藤の東京チャンネル

    車好きの私にとって嬉しいニュースが続けざまに飛び込んできた。 まずは、6月15日15時にスタートした世界三大レースのひとつル・マン24時間レースで、トヨタの8号車(セバスチャン・ブエミ/中嶋一貴/フェルナンド・アロソン組)がチェッカーを受け、トヨタが2連覇という大快挙を成し遂げた。   さらに6月30日に行われたF1第9戦オーストリアGPで、2006年以来13年振りにホンダが優勝したのだ! それまでメルセデスの8連勝中だった中での見事なホンダ勝利だった。   そのニュースを耳にした時、不覚にも私は涙してしまった。HONDAが帰ってきた!私達の元に勇者となって帰ってきた!   しかし、しかしなのだ! これ程のビッグニュースは私にとってまさにお盆とお正月が一緒に来たみたいな出来事(古い?)くらいに嬉しいのに、日本ではほとんど話題になっていないのだ! もしかしたら、全然話題になっていないのではないか!恐らく若者の8割は知らないだろう。 奥様、女子大生、女子高校生に至っては9割以上が全く知らないだろうし、興味もないだろう。「ル・マン24時間ってなに?」「F1ってなに?」と思っているのではないか。 ビックリ!悲しい現実!なんです。  

  • ジャニーさんありがとう!

    ジャニーさんありがとう!

    2019年08月13日 テリー伊藤の東京チャンネル

    7月9日にジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(87歳)が、くも膜下出血のため都内の病院で死亡した。   米国ロサンゼルス出身、6月18日に体調不良を訴え救急搬送され、所属タレントは連日病院に駆けつけたが、その祈りは届かなかった。   私とTBSの朝の報道番組で共演しているTOKIOの国分太一さんも何度か病院にお見舞いに行っていたが、復帰とはならなかった。   私の中のジャニーさんの思い出話をしたいと思います。 よくジャニーズ帝国だとか、多くのタレントを輩出したカリスマだとか、残された遺産は300億円だとか、ジャニー喜多川さんのイメージがひとり歩きしていますが、私の知っているジャニーさんは本当に普通の演出家だったとずっと思っています。   ジャニーさんとの出会いはそんなに昔ではありません。 今から10年位前だったと思いますが、東京日比谷の「日生劇場」でのジャニーズの舞台を見に行きませんかというお誘いをいただきました。 同じ芸能界にいても、お笑い業界で育った私と、エンターテイメント業界のジャニーさんとは、それまで会う機会もありませんでした。芸能界で名声が知れ渡っているジャニーさんからの直接のお誘いに「緊張する!!」が最初の感想でした。  

  • ピザよ、おまえは何処へゆく

 

    ピザよ、おまえは何処へゆく  

    2019年08月08日 テリー伊藤の東京チャンネル

     私の通っている慶応大学の最寄り駅辻堂から徒歩15分のところにイタリアンレストランがオープンした。その名も「オリーブの丘」。   妙に爽やかな名前だが、ここがものすっごく混んでいる。昼から夜まで大変な賑わい。 ファミリーレストランなので当然駐車場スペースはあるのだが、驚くことに駐輪場はいつも満杯なのだ。PTAの集会場のようにご近所の主婦たちで毎日ごった返している。 それだけではない。カップルも遠方から、サラリーマンも仕事の途中でやって来る。 私は週に2度この店の前を通るのだが、いつも満席で横目に見ながら通り過ごしていた。   ある雨の日、嬉しいことに空席が見えたので、このチャンスを逃すまいと店へ入った。 元気な女性店員に迎えられ席に着いて思わずびっくりしたのは、メニューに見る値段の安さだ。パスタランチ690円。それには好きなパスタはもちろん、ドリンクはスープを始めナン十種類もが飲み放題、更にここからが凄い! 女性店員が「サラダにしますか?ピザにしますか?」と聞いてきた。「スープにしますか?サラダにしますか?」は聞いたことはあるが、ピザは聞いたことがない。アメリカでもさすがにこんな大盤振る舞いは無いのではないか。   友人と二人で行ったので、それぞれサラダとピザを注文した。どうせ味は大したことがないだろうと見くびっていたら、これが大間違い。 私の頼んだアラビアータは麺もアルデンテで無茶苦茶美味しかった。ピザは薄くてこれまた無茶苦茶美味しい。呆れるほどだ。 私は別にこの店から宣伝してくれと頼まれたわけではない。それにしても、こんなに安くして採算は合うのかと余計な心配をしてしまう。特に奥様軍団は滞在時間が長い。スープ→ジュース→コーヒー→紅茶と、何度もドリンクバーを往復している。  

  • 日本は、ただいま八村塁
にわかファン急増中

    日本は、ただいま八村塁 にわかファン急増中

    2019年07月31日 テリー伊藤の東京チャンネル

    それにしてもとんでもない騒ぎだ。アメリカでLALALAを読んでいる皆さんは当然ご存知だと思いますが、あのNBAドラフトで一巡目全体9位、ワシントンウィザーズからの指名を受けた八村塁(21歳)の快挙! ほとんどの日本人が、NBAで指名されるまで彼の存在を知らなかったのだ。情けない。 まさか日本人が、それもドラフト一巡目になるなんて想像もしない。   更に驚いたのは、上位指名選手の年俸だ。 一巡目1位なら7億円、10位前後で4億円が相場だとはビックリ。八村なら最大年俸4.9億円にもなる。移動の飛行機もいきなりファーストクラスとは、いったいどうなっているのだ!   なぜこんなに凄いのか。MLB(メジャーリーグ)の選手は1200名、NBAの選手は450名という貴重な存在。日本では野球がNo.1スポーツだが、アメリカではNBAの方が人気があるらしい。