連載・コラム 教育コラム

編集: Weekly LALALA - 2019年09月20日

 

Vol.3

補習授業校を継続することの大切さ

 


 前回述べました通り、補習授業校を継続することは、特に永住や米国市民の子どもにとって、とても難しいことですが、継続することによって、とても大切なものを得ることができます。


 まず、日本の同年齢の子どもに準ずる日本語力が修得できます。中学部を卒業すれば、二、一三六字の常用漢字すべてを学ぶことになりますので、日本で生活するのに支障がなくなります。高等部を卒業すれば、常用漢字の読みに慣れ、主な常用漢字を書き、文や文章の中で使うことを学習しますので、日本語をより使いこなすことができるようになります。


 また、補習授業校では、文法、敬語、ことわざや慣用句、故事成語なども学びます。文法を学ぶことは正しい日本語を使うことに有効ですし、敬語を修得することは日本で大学生や社会人になった時にはもちろん、海外でも日系企業で働いたり、日本人と接したりする場合に必ず役に立ちます。


 永住者や米国市民の子どもは、英語は第一言語として使いこなしているでしょうから、補習授業校の中学部や高等部を卒業すれば、バイリンガルとなれると言えるでしょう。

しかし、日英両語が使いこなせるだけでは、真のバイリンガルとは言えません。日本の文化を理解していること、特に日本的な礼儀作法を身に付けていることが必要です。


 補習授業校では、授業はもちろん、運動会や入学式、卒業式などの学校行事や、音楽会、文化祭、生徒会活動などの諸活動も、日本の学校に準じて行っています。このような学校行事や諸活動を通じて、起立、礼などの礼法、朝や帰り、始業や終業時の挨拶など、日本的な礼儀作法が自然に身に付いていきます。


 このように、補習授業校を継続することによって、社会でも通用する日本語力と日本的な礼儀作法が修得でき、真のバイリンガルとなることができるのです。そして、真のバイリンガルとなった子どもたちは、グローバルな世界で活躍しています。


 私の教え子たちも、アメリカの大学を卒業してアメリカに進出している大手日系企業に勤務している生徒、日本の大学を卒業して世界四大会計事務所のような外資系の企業に勤務している生徒など、さまざまな分野で活躍しています。

私の娘も、アメリカの大学を卒業し、アメリカの医薬品関係企業に就職しましたが、日英バイリンガルということで、現在は東京支社に勤務しています。


 すべての生徒に共通しているのは、幼少時より高等部まで補習授業校を継続したこと、日英両語が堪能であること、日本的な礼儀作法を修得していることです。

さらに、大学で身につけたエンジニアリング、コンピュータサイエンス、バイオケミストリー、マネージメントなど専門分野を活かして活躍しているということです。現在、補習授業校で学んでいるどもたちが、彼らに続くことを期待しています。

 

次回は、『一時帰国で学ぶ日本語と日本文化について』を掲載します。

 

 


 

サンディエゴでの生活も5カ月半となりました。妻はミシガン、娘は東京という、各々時差のある地域で暮らしていますが、ラインでコミュニケーションを取っています。お互いが寂しいながらも、元気に生活しているのを確認でき、嬉しく思います。

 


 

 

米日教育交流協議会代表
丹羽 筆人

名古屋・東京の河合塾在職後に渡米し、約20年間にわたりCA・NY・NJ・MI州の補習校・学習塾にて指導。2006年に「米日教育交流協議会」を設立。日本語・日本文化体験学習「サマーキャンプ in ぎふ」の企画・運営や帰国生と保護者のサポートを行っている。他に、河合塾北米事務所アドバイザー、名古屋国際中学校・高等学校アドミッションオフィサー北米地域担当。カリフォルニア州サンディエゴ補習授業校教務主任。
 

●米日教育交流協議会ウェブサイト:
www.ujeec.org

 


 

関連記事:その他の教育コラム

  • Vol.12 グローバルな世界に羽ばたいた子どもたち

 

    Vol.12 グローバルな世界に羽ばたいた子どもたち  

    2019年12月19日 教育コラム

     私は、補習授業校や学習塾の教師として、長年にわたり、多くの子どもたちと出会いました。すでに帰国した子どもが多いですが、アメリカで生活している子どももいます。また、社会人として活躍している子ども(もう大人ですが…)もいます。 一人ひとりの活躍ぶりを把握しているわけではありませんし、特に小学生や中学生の時に帰国した子どもの進学した大学や就職先は分かりませんが、ある日、帰国生中学入試を受験して、有名大学附属の中高一貫校に入学した教え子が、テレビ番組の天気予報のコーナーに大学生として出演している姿を見かけ、その成長ぶりに感激しました。小学生ながら、TOEFLで高スコアを上げるという抜群の英語力がありましたので、それも活かして活躍していることと思います。最終回となる今回は、アメリカ育ちの子どもたちの大学卒業後の様子について触れさせていただきます。  補習授業校の高等部卒業後に帰国し、帰国生大学入試を受験して大学に入学した子どもたちの中には、大学卒業後、外資系企業に就職したり、日本の企業の海外駐在員としてアメリカに派遣されたりして、海外で習得した英語力を活かして活躍しているケースが目立ちます。特に、近年、増加している英語の授業のみで学位取得ができる=卒業できるという英語プログラムを設置する大学・学部の卒業生は、このような傾向が強いです。ただし、英語ができるだけで帰国生の就職が有利という時代ではなくなっているのも実情です。国内の学校での英語教育が進んでいることもあり、また、大学入試や次期学習指導要領で英語の四技能(読む、書く、聞く、話す)の力が重視されることも相俟って、国内生の英語力の向上が目立っているからです。企業は、日英バイリンガルであることはもちろんですが、どのような専門的な知識や技能があるかを判断するようになっています。大学を選ぶ際に、何を学ぶかが重要です。  補習授業校の高等部卒業後に、アメリカの大学に進学した子どもたちの多くは、アメリカの企業に就職しています。日英バイリンガルであることが評価され、日系企業で活躍しているケースも目立ちます。ただし、アメリカの企業は、日本の企業以上に専門的知識や技能を重視します。つまり、大学で学んだ専門分野(専攻)が、就職の有利不利を左右しますし、年俸にも影響します。私の教え子でも、サイエンス、エンジニアリング、ビジネス系の専攻で学位を取得した生徒が有名企業に就職し、好条件で採用されています。  また、アメリカの大学卒業後に日本で就職しているケースもあります。日本の企業の中には、日英バイリンガルで専門性の高い人材を獲得するために、アメリカの大学の学生に対する求人を積極的に行っているところもあるからです。私の娘は、サイエンス系の学位を取得し、アメリカの企業に就職しましたが、現在は、その企業の東京支社に勤務しています。  このように、アメリカで育った子どもたちは、グローバルな世界に羽ばたいて活躍しています。今後も、地球の未来のために頑張ってくれることを期待しています。     本コラムの連載は今回で終了します。これまでお読みいただきましてありがとうございました。本コラムが読者の皆様のお役に立てることを願っています。私自身にとっても、これまでの補習授業校教員として、また、在外子女の父親としての経験を振り返る良い機会になりました。  

  • Vol.11 帰国後の英語力の保持・向上

 

    Vol.11 帰国後の英語力の保持・向上  

    2019年12月10日 教育コラム

    英語圏での生活や現地校での英語での学習によって、せっかく身に付けた英語力を帰国後も保持し、さらに向上させたいと思っておられる親御さんは多いでしょう。これを実現するために、どのような方法があるのかを紹介させていただきます。  まず、帰国生受け入れ校に入学・編入学したとしても、必ず充実した英語教育が受けられるわけではありません。入学後は国内生とともに学ぶという学校がほとんどです。したがって、英語力の向上を図るよりも授業についていくための学習に追われている子どもも目立ちます。一方、帰国生専用クラスのある学校は少ないですし、英語力の高い児童生徒がいることを考慮して授業が行われる場合もありますが、日本語力が不足している児童生徒へのサポートが中心という学校もあります。したがって、帰国生専用クラスのある学校に入ったものの、英語力の保持や向上は図れなかったという子どももいます。  また、帰国生受け入れ中学校や高校には、英語力の高い帰国生を考慮して、英語の取り出し授業という英語の授業のみ別クラスで行う授業を受けられるという学校もありますが、最近は減少傾向です。それよりも、英語の授業時間数が多い、英語はレベル別のクラスで授業を行う、高レベルの英語の特別授業を放課後に行うなど、国内生も含めて英語力の向上を目指すカリキュラムを設置している学校が目立ちます。このような学校に入学・編入学し、英語力の保持や向上を図っている子どもは少なくありません。  次に、英語の授業だけでなく英語以外の多くの授業を英語で教える、いわゆるイマージョン教育を行っている学校も増えています。このような学校では、英語を使う頻度がより多くなりますので、ますます英語力が向上したということも耳にしています。  さらに、国際バカロレア(IB)プログラムを導入し、その授業を英語で行っている学校もあります。高校でIBのディプロマを取得すれば、全世界のすべての大学の入学資格が得られるため、アメリカの大学に進学したという子どももいます。  二〇二〇年度から始まる新学習指導要領や大学入学共通テストでは、ますます英語が重視されます。このため、より多くの学校で英語力を向上させる教育を推進する動きが加速化しています。英語力保持や向上を図ることのできる学校は多数ありますので、その中で自分の子どもに合った教育を行っている学校を見つけることが重要です。  最後に、インターナショナルスクールは、ほとんどの授業が英語で行われますし、外国人とともに学びますので、現地校に近い環境があります。英語力の保持や向上は期待できますが、多くの学校が文部科学省の認定校ではないため、九年生を修了しても日本の中学校卒業と同等とは認められないことが多く、日本の高校に進学できないことがあります。また、学齢相応の日本語力が習得できない可能性もありますので注意が必要です。   次回は、『グローバルな世界に羽ばたいた子どもたちについて』を掲載します。   もうすぐ子どもたちは冬休みです。娘は幼少の頃、長期休暇中も朝から夕方までデイケアなどで過ごしましたが、私が自宅で仕事をするようになってからは、私と過ごすことが多くなりました。子どもの世話は大変ではありましたが、今になって思うと、とても貴重な時間でした。  

  • Vol.10 多様化する高校卒業後の進路

    Vol.10 多様化する高校卒業後の進路

    2019年12月09日 教育コラム

    海外の高校卒業後に帰国する生徒の多くが米国からの帰国生で、その大部分が海外駐在員の子どもですが、近年では、永住や米国籍の子どもが日本の大学に進学する傾向が強まっています。一方で、海外駐在員子女が米国の高校卒業後に米国の大学に進学するケースもあり、進路は多様化しています。  海外の高校卒業生の進路の一つが、卒業翌年の春に日本の大学に入学するルートです。春入学の帰国生入試は、在籍高校の成績証明書やTOEFL、SATなどのスコアなどの書類に加え、学科試験の受験が必要です。試験科目は、概ね文系学部志望者には小論文と英語や国語、理系学部志望者には数学、理科と小論文が課されます。また、大半の大学で面接も課されます。春入学を目指す高校生は、現地校で学びながら、これらの受験対策学習をする必要があり、両立が大変です。また、在外年数が二年~三年と短い場合には、TOEFLやSATなどのスコアを伸ばすのにも苦労しています。帰国してからは、ほとんどの生徒が予備校に通学して受験対策学習を進めます。受験勉強は、私立大志望者は十月まで、国公立大志望者は十一月または二月下旬まで続きます。  二つ目は、高校を卒業した年の秋に入学するルートです。秋入学の帰国生入試は、成績証明書やTOEFL、SATなどのスコアやエッセイなどの書類のみという大学が多く、高校を卒業してすぐに大学生になれるのが魅力です。ただし、現地校の成績やTOEFL、SATなどのスコアが合否の決め手になりますので、在外年数が長く英語力が伸びている高校生が、このルートに目を向けています。ただし、大学入学後、日本語で学ぶことに苦労しているケースも見られ、留年や中退をしてしまったという話も耳にします。  三つ目は、二つ目と同様に秋に大学に入学しますが、英語で行われる授業のみを受講して卒業できる英語プログラムを行っている大学・学部に入学するルートです。約十年前に文部科学省のグローバル30(国際化拠点整備事業)が始まり、その後のスーパーグローバル大学創成支援事業によって、英語プログラムを実施する大学・学部が続々と登場しています。これらの大学・学部への入学方法は、秋入学と同様に、成績証明書やTOEFL、SATなどのスコアやエッセイなどの書類のみという大学が多く、英語で学び学位が取得できるため、これまで米国の大学への進学を考えていた高校生も、日本の大学に目を向けるようになっているのです。  最後は、米国の大学に入学するルートです。米国生まれや米国生活の長い子どもが中心ですが、駐在員子女でもこのルートに進むケースが現れています。米国の大学は、現地校での成績(GPA)やSAT、ACTなどのスコアなどで、合格できそうな大学が判断できますので、このルートを選択する駐在員子女がいるのです。中には、世界大学ランキングでトップクラスの大学に進学するケースもあります。   次回は、『帰国後の英語力の保持・向上について』を掲載します。   早いもので、サンクスギビングも終わり、もう12月です。サンディエゴの冬は、これまで住んでいたミシガンと比べて暖かく、とても過ごしやすいです。ただし、ホワイトクリスマスを味わうことができないのが少々残念ですが、ビーチでクリスマスを迎えるのもいいなと思います。  

  • Vol.9 高校生で帰国する子どものアメリカ生活

    Vol.9 高校生で帰国する子どものアメリカ生活

    2019年12月04日 教育コラム

    高校生で帰国する子どもたちは、小学校高学年や中学校の時に来米していることが多いです。現地校では、来米してすぐにミドルスクールやハイスクールに通学することになりますので、とても苦労することが多いです。日本の中学校で英語教育を受けただけでは、現地校での学習には通用しません。また、英会話の学習をしていたとしても、先生や同級生とのコミュニケーションはできても、授業を聞いて理解したり、教科書を読んだりすることは難しいですし、テストを受験したり、リポートを書いたり、発表したりすることは至難の業でしょう。中には、授業についていけないだけでなく、学校生活にもなじめず、不登校になってしまう子どももいるくらいです。  もちろん、日本人や外国人が多い学校では、ESLのクラスに所属して、英会話や授業のサポートを受けることもできます。ただし、ESLのクラスの授業は、通常の授業とは異なりますので、学年相応の教科の知識が修得できないこともあります。また、日本人が多い学校では、現地校内で日本語を使ってしまうことが多くなり、英語力がなかなか伸びないというケースもあります。  一方、小中学生で帰国する場合と異なり、帰国するための準備も大変です。高校に入学や編入学する際に、入学試験の受験が必要で、現地校での学習に加え、帰国時の受験対策をしなければならないからです。高校一年生の四月に入学する場合には、中学校での履修内容から出題される国語、数学、英語の三教科の試験が課されます。社会や理科が課される高校もありますが、試験がなくても、高校入学後を考えれば、勉強しておく必要があります。また、作文や小論文が課される高校もあります。高校一年生の四月を過ぎて入学する場合は編入学となります。国語、数学、英語の三教科の試験が課されることが多いですが、地歴・公民や理科、作文や小論文が課される高校もあります。出題範囲やレベルは、その高校の履修内容と同様です。つまり、帰国までに、入学・編入学試験に対応できる日本語での学力を修得しなければならないのです。  また、日本の高校に入学・編入学するためには、現地校でのクレジットの取得も重要です。九年生修了は高校入学の条件ですし、編入学のためにも、日本の学年に相当する現地校の学年を修了していることが条件になります。つまり、現地校の授業に出席し、課題や宿題を提出し、テストで合格点を取ることが必要です。そのためには、家庭での学習時間の確保が重要となりますが、一方で、帰国のための日本語での学習時間も確保せねばなりません。  せっかくのアメリカでの中学校や高校生活を謳歌しようと、スポーツや音楽、ボランティアなどにも参加することは良いことですが、このような活動のためにも時間が取られ、睡眠時間が削られている子どももいます。しかし、海外で苦労したことによって、大学進学や就職で、素晴らしい成果を挙げ、活躍している子どもたちが目立っています。頑張ってほしいです。 次回は、『ますます多様化する高校卒業後の進路について』を掲載します。   令和元年度の補習校の授業日も、もうすぐ残り四分の一となります。月日が過ぎるのが早く感じます。年が明けると、年度末と新年度のための校務に追われ、もっと月日が過ぎるのが早くなるでしょう。ただし、子どもたちの成長を感じることができることを嬉しく思います。    

  • Vlo.8 中学生で帰国する子どものアメリカ生活

 

    Vlo.8 中学生で帰国する子どものアメリカ生活  

    2019年12月03日 教育コラム

    中学生で帰国する子どもたちは、小学校高学年や小学校卒業後間もない時期に来米していることが多いです。日本の小学校で日本語の基礎が定着しているため、日本語力が急激に衰えることはありません。しかし、補習授業校などで日本の教科書での学習を継続しないと、帰国後に適応できる学力が身に付きません。また、来米後すぐに学ぶ現地校のエレメンタリースクールでは、英語に苦労しながらも何とか乗り切れるのですが、ミドルスクールに進学すると現地校の学習内容が難しくなり、宿題も良質ともに増えます。個人差はありますが、中には帰宅後も現地校の学習に追われ、補習授業校の宿題や予復習の時間が取れなかったり、場合によっては両立ができず、補習授業校を休むことになったりする子どももいます。来米後すぐにミドルスクールに入学する子どもには、この傾向が目立ちます。  一方、小学校高学年よりも早い時期に来米し、中学生で帰国する子どもの場合は、現地校のミドルスクールに進学する頃には、すっかり現地校に馴染んでいることが多いため、そんなに苦労することはありません。しかし、どちらかというと英語の方が強くなり、補習授業校の小学校の日本の教科書での学習がしっかりと身に付いていないというケースも見受けられます。  いずれにしても、中学生で帰国する場合には、帰国後の学校選びにも苦労しておられる方が目立ちます。もちろん、公立中学校は、自宅の住所が決まれば、いつでもすぐに入学できます。ただし、アメリカ生活がある程度長くなった子どもには、適応しにくい雰囲気のある学校もあります。また、中学卒業後に待っている高校入試も心配です。そのため、帰国生の受け入れを行っている国私立の中高一貫校に目を向ける方もおられます。この場合、入学試験の受験が必要になります。入試の内容は学校によって異なりますが、国語、数学、英語の三教科が目立つので、そのための対策に帰国前から着手する必要があります。  しかし、英語の方が強くなった子どもにとっては、このような入学試験対策は至難の業と言っても過言ではありません。その場合には、英語力を重視する入試を行う学校を受験しています。また、中学校入学後の日本語での学習にも不安を感じている場合には、公立中学校はもちろん、国私立の中学校でも、授業についていくことが大変になりますので、学習内容や日本語の補習をしている学校や、英語で授業を行っている学校を選択する方もおられます。  このように、中学生で帰国する子どもは、来米後しばらくは現地校の学習に苦労し、また帰国が近づけば、受験対策に追われる生活を送っています。ただし、日英両語での会話が流ちょうになりやすいのは。このような子どもです。帰国後も英語力の保持を心がけていただきたいと思います。 次回は、『高校生で帰国する子どものアメリカ生活について』を掲載します。 シカゴ、ワシントンDC、ニュージャージー、サンノゼ、ロサンゼルス、デトロイト、コロンバス、レキシントンを訪問し、日本の大学進学を目指す多くの高校生や保護者の皆様にお会いしました。帰国生大学入試の受験対策は大変ですが、ぜひ頑張ってほしいです。