連載・コラム 教育コラム

編集: Weekly LALALA - 2019年09月19日

 

Vol.2

補習授業校を継続することの難しさ

 


 補習授業校は、平日現地校で学ぶ子どもが、帰国後に日本の学校に適応できるように、日本の教科書を使った授業や学校行事など、日本の学校に準ずる教育を行っている学校です。

ただし、多くの学校には、帰国予定の子どものみでなく、永住者や米国市民の子どもも在籍しており、後者の方が多い学校も目立ちます。


 私は補習授業校の教員を、複数校で通算十七年ほど勤めています。娘も幼稚部から高等部までの十三年間通学しました。これらの経験で、永住者や米国市民の子どもが補習授業校を継続することの難しさを実感しています。


 補習授業校を継続することの難しさの一つは、日本の子どもが一年間で学ぶ内容を、週一回のみで履修しなければならないことです。授業だけでは定着しないので、多くの宿題が課されますが、それをこなすのがなかなか大変です。


 娘の場合、幼稚部や小学部一~二年生までは、さほど苦労はしませんでしたが、それを過ぎると、覚える漢字の数も増えますし、難しい言葉も出てくるようになり、徐々に親の手伝いを要するようになりました。

また、毎日、少しずつ進めればよいのですが、平日は現地校の宿題や課外活動、習い事などもあり、ふと気が付くと金曜日になっていたこともあり、そんな時は深夜まで泣きながら取り組んだこともありました。

しかし、大変でも宿題をすることによって授業を理解できる実力が着き、続けることができるのです。


 もう一つの難しさは、現地校との両立です。現地校のエレメンタリースクールは、授業も難しくなく宿題も多くはありませんが、ミドルスクール、ハイスクールと上級学校に進学すると様変わりします。授業や宿題が難しくなるだけでなく、授業によっては平日の放課後や休日にも、コンサートやコンクール、プロジェクトへの参加の必要があり、クラブに所属すれば、練習や試合などに参加せねばなりません。

また、アメリカの大学に進学するためには、ボランティア活動やインターンシップを行う必要もありますし、進学に必要なSATやACTは、補習授業校の授業日の土曜日に試験が行われます。


 娘の場合、オーケストラとバンドの両方をやっており、平日の夜にコンサートに参加することもしばしばありました。

ただし、補習授業校を休まないよう土曜日に練習や試合のあるクラブ活動には、敢えて参加しませんでした。それでもオーケストラやバンドの関係で休むことはありましたし、フットボールのシーズンは金曜日の夜まで試合の応援演奏があり、土曜日の朝に辛い思いをして起きたことも少なくありませんでした。

た、高等部三年の九月からは州内の大学に進学し寮生活をしていましたので、毎週金曜日に車で片道一時間半かけて迎えに行かねばならず、親としても大変でしたが、今は、補習授業校を継続できて、とても良かったと感じています。

 

次回は、『補習授業校を継続することの大切さについて』を掲載します。

 

 


 

夏休み明けは、心身ともに一回り成長した子どもの姿が見られ嬉しいです。一方で、現地校の学年が上がり、勉強が難しくなったり、課外活動が忙しくなったりして、大変そうな子どもの姿を見ることもあります。将来のため、頑張って乗り切ってほしいと思います。

 


 

 

米日教育交流協議会代表
丹羽 筆人

名古屋・東京の河合塾在職後に渡米し、約20年間にわたりCA・NY・NJ・MI州の補習校・学習塾にて指導。2006年に「米日教育交流協議会」を設立。日本語・日本文化体験学習「サマーキャンプ in ぎふ」の企画・運営や帰国生と保護者のサポートを行っている。他に、河合塾北米事務所アドバイザー、名古屋国際中学校・高等学校アドミッションオフィサー北米地域担当。カリフォルニア州サンディエゴ補習授業校教務主任。
 

●米日教育交流協議会ウェブサイト:
www.ujeec.org

 


 

関連記事:その他の教育コラム

  • Vol.7 小学生で帰国する子どものアメリカ生活

 

    Vol.7 小学生で帰国する子どものアメリカ生活  

    2019年12月02日 教育コラム

    小学一・二年生で帰国する子どもは、乳幼児期に来米していることが多く、中には、アメリカ生まれという子どももいます。家庭内では日本語を使っていても、現地の保育園や幼稚園のみに通園している場合には、英語が第一言語になりやすいというケースが目立ちます。家庭内でも、英語の本を読んだり、英語のテレビを観たりすることも多くなりますし、兄弟姉妹との会話も英語になったりすることもあります。したがって、帰国を予定している場合には、家庭内での日本語使用を徹底することや、日系の幼児教室を利用することが大切です。また、学齢期になった際には、補習授業校にて学習することも必要です。帰国後は、公立小学校に入る子どもがほとんどですが、学校や友達にもすぐに馴染んで、あっという間に日本の子どもと変わらなくなります。せっかく身に付けた英語も、忘れてしまう子どもが多いです。  小学三・四年生で帰国する子どもは、幼児期や小学校入学後の間もない時期に来米していることが多いです。来米直後は、英語や現地校の環境に戸惑うこともありますが、すぐに馴染む子どもが目立ちます。現地校ではもちろん、家庭でも現地校の宿題に取り組むため、英語で学習する時間が多くなり、英語が第一言語となる傾向もあり、一方で、日本語力が伸び悩む子どももいます。日本の学校の小学三・四年生の学習は、小学校入学後からの積み重ねがないと理解がすることが難しくなることもありますので、補習授業校での学習の継続が、とても重要です。  小学五・六年生で帰国する子どもは、小学校低学年時に来米していることが多いです。中には、幼児期に来米している子どももいます。来米直後は、英語や現地校の環境に戸惑うことが多いのですが、現地校の学習内容も、それほどは難しくはなく、現地の友達もできやすいので、しばらくすると馴染めるようになります。英語力の定着は個人差があり、英語が第一言語のようになる子どももいますが、そこまでには至らない子どももいます。後者の場合、現地校がミドルスクールになると、英語での学習に苦労するということもあります。一方、前者の場合は、帰国後に日本の学校での学習に苦戦するということもあります。補習授業校での学習の継続が、より重要です。  また、帰国生も小学校卒業後は、多くの子どもが公立中学校へ進学しますが、国私立中学校への進学を希望する場合には、補習授業校の学習のみでは対応できないこともあるので、アメリカにいる時から学習塾や通信講座を利用する必要もあります。私は、学習塾の講師をしていた時に、中学受験生の指導をしましたが、小学六年生の秋からは、平日の夜に週四・五日、土曜日は終日にわたり、受験対策の学習に取り組みました。睡眠時間も少なく、かなりハードな生活が続きましたが、子どもたちはよく頑張ったと思います。 次回は、『中学生で帰国する子どものアメリカ生活』を掲載します。   10月中旬から11月中旬は、全米の12都市を訪問し、帰国生大学入試の説明を行っています。現地校で学び、日本の大学進学を目指す高校生は、日英両語での高度な学習をしなければならず、負担も重いですが、この経験は必ず今後の人生に生かされますので、頑張ってほしいと思います。

  • Vol.6 帰国生のアメリカ生活

 

 

    Vol.6 帰国生のアメリカ生活    

    2019年12月01日 教育コラム

    私は、アメリカの複数の都市の補習授業校や学習塾の教員として、多数の帰国生の指導に携わりました。帰国生は、保護者の仕事の都合で来米するため、来米時の年齢、在米年数は様々です。年齢は、最近は若年化傾向にあり、未就学児や幼児、小学校低学年が多く、中学生や高校生の時に来米する家庭は少なくなっています。在米年数は、二年から三年が多いですが、五年とか十年以上という子どももいます。  アメリカの帰国生の多くは、平日は現地校に通学します。この現地校に馴染めるかどうかが大切です。また、帰国後に日本の学校に適応できるように、補習授業校で日本の教科書を使った学習を継続することや日本の学校生活を体験することも重要です。高校や国私立中学校への入学や編入学を予定していれば、受験対策も必要です。  幼児や小学校低学年時に来米した子どもは、現地校での学習内容も難しくなく、同級生とのコミュニケーションも取りやすいので、比較的早く馴染める傾向があります。また、二年から三年暮らせば、英語力はかなり向上し、ネイティブ並みになる子どももいます。しかし、小学校低学年は、日本語や日本の学校教育の基礎を定着させる時期です。そのため、教科書での学習をしっかり行わないと、帰国後に日本の学校の学習についていけないという問題が生じます。また、帰国後の数年で、せっかく身に付いた英語を忘れてしまう傾向も目立ちます。  小学校高学年時に来米した子どもは、低学年の子どもより時間はかかりますが、多くが現地校に馴染めるようになります。二年から三年で英語力が向上し、英検二級や準一級に合格する子どももいます。一方、日本の教科書での学習を継続していれば、日本語力を維持することもできます。ただし、学習する漢字の数も増えますし、内容も難しくなります。また、中学生として帰国することも多いので、学習内容を修得するための努力が必要です。  中学生や高校生時に来米した子どもは、現地校に馴染むのに苦労するケースが目立ちます。現地校の学習内容は難しくなり、英語の語彙力も必要になります。また、宿題も多くなり、多くの子どもが、帰宅後は毎日深夜まで宿題に追われます。また、思春期でもあり、現地校の同級生と仲良くなることも大変です。現地校生活が辛くなり、登校できなくなる子どももいます。しかし、現地校での学習を、歯を食いしばって頑張り、英語力が向上し、それを活かしてアメリカの大学に進学する子どももいます。また、この時期に身に付けた英語力は、維持できる傾向があり、日本の大学卒業後に英語を生かした仕事に就いている子どもも目立ちます。  このように、来米時期や年齢、在米期間は様々でも、アメリカに暮らす帰国生がいろいろな苦労をしています。しかし、多くの日本人が経験できるわけではないアメリカでの生活は貴重です。帰国後も、この経験を活かしてほしいと思います。 次回は、『小学生で帰国する子どものアメリカ生活』を掲載します。 日本の学校の学年は4月から半年が過ぎ、これからの半年は、次の学年に進む準備期間となります。補習校と現地校との両立や部活動、習い事、受験対策などと忙しい日々を過ごしている子どもたちが着実に成長していく姿を見るのは、とても嬉しいことです。  

  • Vol.5


家庭での日本語学習の大切さ

 

 

    Vol.5 家庭での日本語学習の大切さ    

    2019年09月27日 教育コラム

    前回お伝えした米日教育交流協議会主催の日本語・日本文化体験学習プログラム「サマーキャンプin ぎふ」には、二〇〇六年から二〇一八年までの十二年間に二三七人の小中学生・高校生が参加しました。  参加者の国や地域は、アメリカ各地をはじめ、カナダ、メキシコ、イギリス、フランス、アイルランド、トルコ、中国、香港、台湾、韓国、タイ、ナミビアというように、世界各地に広がりました。日本に在住し、インターナショナルスクールやアメリカンスクールに在学する子どもたちも参加しました。 また、参加者の両親を見ると、半数以上は母親が日本人という子どもでしたが、父親が日本人、両親とも日本人でもアメリカ生まれや幼少時からアメリカ在住という子ども、両親ともアメリカ人や中国人という子どももおり、いろいろな家庭からのニーズがあることを実感しました。  サマーキャンプに参加者したのは、すべて日本語学習中の子どもたちですが、日本語力には大きな差がありました。日本語での会話が堪能で、日本の学年相応の読み書きができる子どもがいる一方で、ひらがなの読み書きも難しく、片言の会話しかできない子どももいました。 このような日本語力の差は、家庭での日本語学習環境が大きく影響していることを感じました。  日本語が堪能な子どもの家庭では、多くが両親や兄弟姉妹と日本語で会話しています。一方、母親だけと日本語で会話している家庭の子どもの日本語力は、やや足りないケースが目立ちます。 また、父親だけと日本語で会話している家庭の子どもの日本語力は、外国語を話す母親と過ごす時間が長いということもあり、日本語力が足りない傾向があります。 そして、両親と日本語で会話していても、兄弟姉妹では日本語を使わない家庭でも、日本語力が足りないこともあります。 両親が日本人でない家庭の子どもなのに日本語が堪能で感心したのですが、両親がともに日本での生活経験があり、流ちょうな日本語を使える方であり納得したという経験もあります。  日本語力の向上のためには、家庭ではできるだけ日本語で会話することに加え、日本語学習環境を整えることが大切です。そのためには、補習授業校に通学し、家庭での日本語学習時間を確保するのが最適です。 しかし、補習授業校に通学しない場合でも、日本語の本や漫画を読んだり、日本語のテレビやビデオを観たり、音楽を聴いたりして、日本語に触れる時間を増やすと良いでしょう。本の種類や番組は、子どもの興味を引くものを選ぶことも大切ですが、年齢相応のものを選ぶことも心がけましょう。  サマーキャンプ終了時には、保護者に日本語で話しかける子どももおり、大変嬉しく思いました。にもかかわらず、次の年に参加した時には、元に戻っているという場合もありました。次の年も日本語力を維持・向上しているのは、アメリカに帰ってからも日本語学習を継続した家庭の子どもでした。「継続は力なり」ですね。    次回は、帰国生のアメリカ生活について』を掲載します。     現地校の新年度が始まり1カ月が過ぎました。来年にアメリカの大学を目指す高校生は希望大学の出願準備に追われています。今年高校を卒業した生徒が受験する帰国生大学入試は9月入試の合否結果が判明しつつあり、来春の入学先を射止めた受験生も出ています。    

  •  

Vol.4

一時帰国で学ぶ日本語と日本文化

 

      Vol.4 一時帰国で学ぶ日本語と日本文化  

    2019年09月26日 教育コラム

    アメリカの学校の長い夏休みには、長期間にわたり一時帰国する家庭が目立ちます。一時帰国中の日本での過ごし方で目立つのが、日本の学校での体験入学です。  帰国予定のある家庭にとっては、子どもが本帰国後に日本の学校に円滑に適応するために、学校生活の様子を知る良い機会です。また、同学年の子どもとの学力の違いを確認することもできます。 ただし、国私立の中学や高校の受験を予定している場合には、学習塾で受験対策中心の学習をされる方もおられます。  一方で、帰国予定のない家庭にとっては、日本語の学習を集中的に行ったり、学校生活を通じて日本文化を学んだりする絶好の機会です。ただし、補習授業校に通学せず、日本の教科書での学習を行っていない子どもにとっては、日本の学校の体験入学はお勧めできません。 国内の子どもと日本語で会話はできたとしても、授業内容はほとんど理解できないため、教室に座っていることが苦しいと感じるからです。また、受け入れ校側でも対応に困るため、体験入学を断られることもあります。  しかし、帰国予定のない家庭では、せっかくの一時帰国中に日本語や日本文化を学ばせたいという強い思いがあります。我が家でも、娘は補習授業校で学び、家庭でも日本語で会話をしていましたが、年々日本人離れしていく姿を見て、アメリカでの生活では体験できない日本の文化を理解する必要性を感じていました。 そこで、私が設立した米日教育交流協議会では、日本語・日本文化体験学習プログラム「サマーキャンプin ぎふ」を企画しました。  活動拠点は、日本の自然や歴史を心と体で感じさせるため、私の故郷である岐阜県の里山としました。 楽しみながら日本語と日本文化を学ぶことをコンセプトにし、約十日間から二週間の実施期間中には、築百年以上の古民家での生活体験、寺院での読経や座禅体験、里山の畑での農業体験、清流での川遊びやいかだ川下りなどの自然体験、岐阜城や神社仏閣などの史跡見学の他、民家でのホームステイや公立学校での体験入学など、多彩な活動をすべて日本語で行いました。 また、私が実施期間中に心がけていたのは、参加した子どもたちに日本の礼儀作法を修得させることです。  いつも初日のオリエンテーションでは、日本語で大きな声で挨拶をすることを約束しました。お世話をしてくれる大人には、「おはようございます。」、「ありがとうございました。」などというように敬語を使うことも指導しました。 また、家に入るときには脱いだ履物を揃えること、和室での食事の際、食前食後の挨拶「いただきます。」、「ごちそうさまでした。」の時は必ず正座をすること、話を聞くときは話す人の顔を見て聞くことや、途中で口をはさまないで最後まで聞くことなども徹底しました。これらの礼儀作法は、サマーキャンプに参加した子どもたちが大人になった際に役立っていると信じています。   次回は、『家庭での日本語学習の大切さ』を掲載します。       ミシガンでは、9月に入ると秋の気配が漂い、一気に広葉樹が紅葉します。えも言われぬ鮮やかな色に染まった森や林を見るのが楽しみでした。サンディエゴは相変わらず青空が広がっていますが、秋は訪れているようです。ただし、私にとっては夏が続いていると感じます。  

  •  

Vol.3

補習授業校を継続することの大切さ

 

      Vol.3 補習授業校を継続することの大切さ  

    2019年09月20日 教育コラム

     前回述べました通り、補習授業校を継続することは、特に永住や米国市民の子どもにとって、とても難しいことですが、継続することによって、とても大切なものを得ることができます。  まず、日本の同年齢の子どもに準ずる日本語力が修得できます。中学部を卒業すれば、二、一三六字の常用漢字すべてを学ぶことになりますので、日本で生活するのに支障がなくなります。高等部を卒業すれば、常用漢字の読みに慣れ、主な常用漢字を書き、文や文章の中で使うことを学習しますので、日本語をより使いこなすことができるようになります。  また、補習授業校では、文法、敬語、ことわざや慣用句、故事成語なども学びます。文法を学ぶことは正しい日本語を使うことに有効ですし、敬語を修得することは日本で大学生や社会人になった時にはもちろん、海外でも日系企業で働いたり、日本人と接したりする場合に必ず役に立ちます。  永住者や米国市民の子どもは、英語は第一言語として使いこなしているでしょうから、補習授業校の中学部や高等部を卒業すれば、バイリンガルとなれると言えるでしょう。 しかし、日英両語が使いこなせるだけでは、真のバイリンガルとは言えません。日本の文化を理解していること、特に日本的な礼儀作法を身に付けていることが必要です。  補習授業校では、授業はもちろん、運動会や入学式、卒業式などの学校行事や、音楽会、文化祭、生徒会活動などの諸活動も、日本の学校に準じて行っています。このような学校行事や諸活動を通じて、起立、礼などの礼法、朝や帰り、始業や終業時の挨拶など、日本的な礼儀作法が自然に身に付いていきます。  このように、補習授業校を継続することによって、社会でも通用する日本語力と日本的な礼儀作法が修得でき、真のバイリンガルとなることができるのです。そして、真のバイリンガルとなった子どもたちは、グローバルな世界で活躍しています。  私の教え子たちも、アメリカの大学を卒業してアメリカに進出している大手日系企業に勤務している生徒、日本の大学を卒業して世界四大会計事務所のような外資系の企業に勤務している生徒など、さまざまな分野で活躍しています。 私の娘も、アメリカの大学を卒業し、アメリカの医薬品関係企業に就職しましたが、日英バイリンガルということで、現在は東京支社に勤務しています。  すべての生徒に共通しているのは、幼少時より高等部まで補習授業校を継続したこと、日英両語が堪能であること、日本的な礼儀作法を修得していることです。 さらに、大学で身につけたエンジニアリング、コンピュータサイエンス、バイオケミストリー、マネージメントなど専門分野を活かして活躍しているということです。現在、補習授業校で学んでいるどもたちが、彼らに続くことを期待しています。   次回は、『一時帰国で学ぶ日本語と日本文化について』を掲載します。       サンディエゴでの生活も5カ月半となりました。妻はミシガン、娘は東京という、各々時差のある地域で暮らしていますが、ラインでコミュニケーションを取っています。お互いが寂しいながらも、元気に生活しているのを確認でき、嬉しく思います。