全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年09月06日

女性を誘拐容疑で4人組逮捕 アーバイン

 

【ロサンゼルス5日】アーバインのアパートから28日に女性を誘拐し、女性の夫に身代金を要求した4人組が4日、誘拐や強盗の容疑で逮捕された。

 

逮捕されたのは、イズラ・シュレイ(71)、ヤング・ローズ・ワン(37)、リハ・ソイルラー(54)、ジョージ・アーマンド・メドラノ(34)の4容疑者。

 

4人は、女性を誘拐した後、携帯電話のメッセージアプリを使い、女性の夫に女性の写真を送りつけ、現金を要求。検事局によると、容疑者の一人が女性と面識があった。女性の義母が警察署に通報し、救出された。

 

メドラノ容疑者は、弾薬を所持した容疑でも起訴されている。

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • LA郡のレストランへ最高3万ドルの援助金支給 3日から申込受付開始  

    2020年12月02日

    【ロサンゼルス2日】コロナパンデミックの影響で経営難に陥ったロサンゼルス郡内のレストランを対象に、最高3万ドルまでの援助金を支給する事業「Keep Los Angeles County Dining Grant Program」への申し込みが3日午前12時からスタートし、6日午後11時59分までか、申込者が2,500人に達した時点で締め切りとなる。   独自の支援事業を展開しているロサンゼルス市とパサデナ市は対象から除外される。また、郡の「Coronavirus Aid, Relief and Economic Security(CARES)Act」事業からすでに援助を受けた店は申し込めない。   合計支給額は約560万ドルで、従業員への給与支払いや経営継続への資本金として使用できる。「Keep Los Angeles County Dining Grant Program」はロサンゼルス郡の雇用促進課が運営し、11月24日の時点でアウトドア・ダイニングを提供していたレストランを優先的に援助するという。申込者は、店の経営がコロナパンデミックにより影響を受けたことを収益の変化などで証明しなければならない。   応募の条件は、従業員25人以下で支店5店舗以下、法人所有のフランチャイズではないこと、衛生検査のランク付けがC以上であること、2020年3月4日よりも前から営業をしていること、など。詳しくは、keeplacountydining.lacda.org  または電話626-943-3833まで。      

  • LAフィル、過去のハリウッドボウル公演の名場面をPBSで全米放送へ  

    2020年12月02日

    【ロサンゼルス1日】ロサンゼルス・フィルハーモニック(LAフィル)協会は1日、毎年恒例で行なってきたハリウッドボウルでの夏のコンサートシリーズが、今年はコロナパンデミックの影響で中止されたことを受け、過去のハイライトをPBSテレビ局で全米に放送することを発表した。   タイトルは「In Concert At The Hollywood Bowl」で、来年1月15日から2月19日の間の毎週金曜日午後9時から、6回にわたり放送される。このTVシリーズは今夏初めに、南カリフォルニアで放送されたもの。ミュージカルや映画音楽、メキシコの音楽、ジャズ、ポップ、各ジャンルの有名アーティストらによるパフォーマンスなど盛りだくさんの内容で、ハリウッドボウルでのコンサートの醍醐味を全米に届ける。   同TVシリーズは、PBSで同時にストリーミング配信される。LAフィルによるハリウッドボウルでの公演が中止されたのは、98年の歴史の中で初めて。    

  • スタバがフロントライン・ウォーカーへ 無料コーヒーで感謝 12月いっぱい  

    2020年12月02日

    【ロサンゼルス2日】コーヒーチェーンの「スターバックス」は、1日からの1カ月間、フロントライン・ウォーカーに、トールサイズのコーヒーを無料で提供することを発表した。   フロントライン・ウォーカーは、医療従事者、薬剤師、救急電話のオペレーター、消防士、救急医療隊員、警官、歯科医、歯科衛生士、メンタルヘルスの分野で働く人、現役軍人ら。店内で、フロントライン・ウォーカーであることを証明するIDを提示する必要がある。   スターバックス側は、「2020年は、特にフロントライン・ウォーカーにとって困難な年となった。コミュニティーのために日々尽力してくれていることへ感謝したい」と説明した。    

  • CA州、12月半ばまでにファイザーの コロナワクチン327,000回分を入手  

    2020年12月01日

    【ロサンゼルス1日】カリフォルニア州のニューサム知事は30日、ファイザーによる新型コロナウイルス(COVID-19)のワクチン、327,000回分の供給を12月半ばまでに受ける計画があることをツイートした。   知事はまた、接種に関しては、透明性と公平、安全性がトップ・プライオリティーであると述べたが、ワクチンの具体的な配布方法については言及しなかった。   このツイートを行う前の会見で知事は、新型コロナの入院患者数が増え続けた場合は、再びロックダウン措置を取ることになる可能性にも言及。カリフォルニア州の過去7日間の新規感染者数の平均は14,657人で、7月のピーク時の平均9,881人を大幅に上回っている。    

  • LA郡で30日から自宅待機命令 店や図書館の収容制限を強化  

    2020年12月01日

    【ロサンゼルス1日】新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化しいるロサンゼルス郡では30日、住民に可能な限り外出を控えるよう求める「自宅待機命令(Safer-At-Home Order)」が出され、少なくとも12月20日までの3週間効力を持つ。   命令の内容は、家族以外の集まりは、教会サービスとプロテストを除いて禁止。ビジネスの収容人数を、エッセンシャル・リテイルは35%まで、屋内モールやパーソナルケア・サービス、図書館などのノン・エッセンシャル・リテイルは20%までにそれぞれ制限。フィットネスセンター、博物館、動物園、水族館、植物園、ミニゴルフ、バッティングセンター、ゴーカート場などは 屋外に限り収容人数50%までで営業。ビーチやトレイル、テニスコートやスケートパークなどはオープンし続けるが家族のみで利用し、公園内のプレイグラウンドは再び閉鎖となる。コミュニティーのプールは1レーンに1人ずつ泳ぐなど規制され、サッカーやバスケットなどの接触を伴うスポーツは禁止、など。   また、すべての学校とデイ・キャンプはオープンし続けるが、K-12に関しては、14日以内に3人以上の感染者が出た場合は14日間の閉鎖が義務付けられる。   レストランやブルワリーへの規制は、自宅待機命令発出前の25日に出された公衆衛生命令が適用され、テイクアウトや配達のみでの営業となる。   ロサンゼルス郡では30日、コロナ感染者総数が40万人を超え、400,919となり、死者総数は7,655人に増えている。