全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年09月06日

マリエタ市近郊で山火事 2,000エーカーに延焼

 

【ロサンゼルス5日】リバーサイド郡南西のマリエタ市の丘陵斜面で4日午後に山火事「Tenaja Fire」が発生し、5日午後の時点で2,000エーカー近くが焼け、周辺住民数百人に避難勧告が出された。500人以上の消防隊員が出動するなか、鎮火率は10%。建物2軒が軽度のダメージを受け、けが人は出ていない。

 

5日午後2時の時点で、マリエタ市などの約500家屋に強制避難命令が出され、ムリエタ・バレー統一学校区の全校が5日、休校措置を取った。

 

消防当局によると、強風や雷を伴う不安定な天候と傾斜が急な崖への延焼が消火活動を難航させている。落雷が火事の原因になった可能性もあるという。

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • テニスの大坂、最も稼ぐ女子選手に

 

    テニスの大坂、最も稼ぐ女子選手に  

    2020年05月23日

    【ニューヨーク23日時事】米経済誌フォーブスは22日、大坂なおみが「1年間で世界で最も稼いだ女性アスリートとなった」と報じた。賞金やスポンサー収入を含む1年間の総収入が女子史上最高額の3740万ドルとなった。   昨年まで4年連続トップだったセリーナ・ウィリアムズを140万ドル上回った。同誌が統計を始めた1990年以降の最高額は、今年2月に引退したマリア・シャラポワが2015年に稼いだ2970万ドル。 同誌によると、大坂は15社とスポンサー契約を結んでいる。  写真:今年1月に行われたテニスの全豪オープンで、女子シングルス2回戦に勝って笑顔を見せる大坂なおみ  

  • 運転免許証の期限7月まで延長 新型コロナでDMV  

    2020年05月22日

    【ロサンゼルス22日】カリフォルニア州車両管理局(DMV)は、新型コロナ・パンデミックの中、DMVを訪れ感染者が出ることを防ぐため、4月に発表した運転免許証の延期期限をさらに延長し、7月までとする方針を決めた。   今年3月から7月に期限切れを迎える70歳以下のドライバーの運転免許証は、オンラインで更新手続きができない場合、有効期限が7月31日まで延長される。 また、6月と7月に期限切れする70歳以上のドライバーの運転免許証は、有効期限が120日間延長される。 カリフォルニア州で徐々にコロナ規制が緩和される中、DMVは今週、州内46カ所のオフィスで営業を再開させた。  

  • 「中国の無能さ」で大量殺人 新型コロナで批判強める トランプ大統領  

    2020年05月21日

    【ワシントン21日時事】トランプ大統領は20日、ツイッターで、新型コロナウイルスの感染拡大で多数の犠牲者が出ていることをめぐり、「世界規模の大量殺人を引き起こしたのは『中国の無能さ』以外の何物でもない」と主張した。新型コロナをめぐる対中批判のトーンを一段と高めた形だ。   トランプ氏は「ウイルスで数十万人が死んだことについて、中国のおかしなやつが、中国を除く誰にも責任があるという声明を発表した」とも投稿した。具体名には触れなかった。   一方、ポンペオ国務長官は20日の記者会見で、中国の習近平国家主席が新型コロナ対策で20億ドルの拠出を表明したことに触れた上で「中国が世界にもたらした被害と比べれば、取るに足らない」と批判した。   また、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長について「中国との異常に親密な関係は新型コロナ流行のずっと以前からだと理解している。極めて問題だ」と語った。  

  • LA郡のコロナ死者数2000人超える 入院率と死亡率は減少続く  

    2020年05月21日

    【ロサンゼルス21日】ロサンゼルス郡の新型コロナウイルスによる死者数が2000人を超え、郡公衆衛生局のバーバラ・フェラー局長は21日、「とても悲しいマイルストーン」と述べた。   郡内では21日、新たに46人が新型コロナの犠牲になり、死者数は2016人になった。同日時点の感染者数は42037人。フェラー局長は、自宅待機令が緩和される中でも、感染防止への警戒を緩めないよう呼びかけた。   一方で、入院率と死亡率は減少し続けており、過去7日間の1日の平均死者数は37人で、その前の7日間に比べると12%減っている。同様に、過去3日間の平均入院者数は1532人で、その前の3日間に比べ15%減った。   フェラー局長はまた、ロサンゼルス郡が2項目でまだ次の再開ステージへ移行する基準を満たしていないと説明。それは、1日15000人以上の感染検査実施と、病院の医療防護具の供給で、現在の感染検査実施数は1日平均13332人。郡内ではこれまでに40万3千人が感染検査を受け、陽性率は9%。  

  • UC機構、SAT/ACT義務付けを入学審査プロセスから除外へ  

    2020年05月21日

    【ロサンゼルス21日】カリフォルニア大学(UC)機構理事会は21日、出願者に受験を義務付けていた標準統一テスト「SAT/ACT」を、2024年秋まで入学審査プロセスから除外することを決定した。 UC機構はその間、新しいテストの導入などについて検討し、2021年1月までに新たな方針の決定を目指す。   UC機構は3月、新型コロナの影響でSATとACTの実施が困難となったことから、2021年秋の出願者への受験義務付けを一時的に見合わせることを決めた。この「任意の受験」方式は2022年秋の出願者まで適用される。 UC機構は2023年秋までに、SATとACTの結果を入学審査に用いることをやめる計画で、その代わりにクラス分けや奨学金の適性判断に利用する可能性があるという。