全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年09月06日

マリエタ市近郊で山火事 2,000エーカーに延焼

 

【ロサンゼルス5日】リバーサイド郡南西のマリエタ市の丘陵斜面で4日午後に山火事「Tenaja Fire」が発生し、5日午後の時点で2,000エーカー近くが焼け、周辺住民数百人に避難勧告が出された。500人以上の消防隊員が出動するなか、鎮火率は10%。建物2軒が軽度のダメージを受け、けが人は出ていない。

 

5日午後2時の時点で、マリエタ市などの約500家屋に強制避難命令が出され、ムリエタ・バレー統一学校区の全校が5日、休校措置を取った。

 

消防当局によると、強風や雷を伴う不安定な天候と傾斜が急な崖への延焼が消火活動を難航させている。落雷が火事の原因になった可能性もあるという。

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • 受刑者1700人を釈放 過密する刑務所でコロナ対策  

    2020年03月24日

    【ロサンゼルス24日】新型コロナウイルスの感染が拡大する中、ロサンゼルス郡刑務所は、受刑者およそ1700人を釈放したと発表した。 過密する刑務所内での新型コロナ感染を防ぐための措置で、シェリフ当局の24日の会見によると、これに伴い郡内刑務所の過密度は約10%低下したという。   受刑者の釈放措置は、ランキャスターの州刑務所で22日に、受刑者1人の新型コロナへの感染が発覚したのがきっかけ。別の州刑務所でもスタッフ5人の感染が確認された。   釈放されたのは、一般に危害を及ぼさないとみなされた、暴力行為以外の重罪か軽罪による受刑者で、残りの拘留期間が30日を切っている受刑者ら。  

  • 日本への渡航、自粛勧告 米疾病対策センター  

    2020年03月23日

    【ワシントン23日時事】米疾病対策センター(CDC)は22日までに、新型コロナウイルスの流行を受け、日本への渡航注意情報を最も高いレベル3(警告)に引き上げ、「不要不急の渡航自粛」を勧告した。   これに先立ち、国務省は19日、日本を含む世界各国への渡航情報を最も高いレベル4の「渡航中止」に引き上げていた。  

  • 学校閉鎖5月1日まで延長 オンライン学習へ1億ドル投入  

    2020年03月23日

    【ロサンゼルス23日】ロサンゼルス統一学校区(LAUSD)は23日、新型コロナウイルスの感染スピードを遅らせるための学校閉鎖措置を5月1日まで延長する方針を発表した。当初の発表では3月末までの予定だった。   同学校区のオースティン・バートナー教育長は会見で、全生徒がオンラインによる学習を行えるように、学校区は1億ドルを投じると説明。大手電気通信事業社「Verizon」と契約を結び、全生徒が家庭からインターネットへアクセスできる環境を整えると話した。同学校区はまた、休校中も生徒への食事提供を続けていく。  

  • 米の新型コロナ感染者、2カ月で65万人に拡大も

 

    米の新型コロナ感染者、2カ月で65万人に拡大も  

    2020年03月21日

    【ニューヨーク21日時事】ニューヨーク・タイムズは20日、コロンビア大学の研究者の分析に基づき、今後2カ月で米国の新型コロナウイルス感染者が65万人に上る可能性があると報じた。感染の爆発的拡大を防ぐため、厳格な社会的接触の制限が必要と訴えている。   研究者は米国内の感染状況を分析した同紙のデータベースを利用。症状が軽いため感染に気付いていない「隠れ感染者」が、確認されている感染者の11倍に上るという。こうした隠れ感染者が、感染を急速に拡大させており、政府の対策で感染率を半減させたとしても今後2カ月で65万人が感染すると見積もられている。   ニューヨーク市やカリフォルニア州などでは既に、感染が急速に拡大。外出を大幅に制限する措置を打ち出しているが、今後も感染者の大幅増が見込まれている。一方、感染が拡大していない地域では学校閉鎖や大規模集会禁止などの措置を直ちに講じれば、感染増を抑えることが可能と指摘している。   写真:20日、外出制限措置により人通りが少なくなったロサンゼルスの繁華街  

  • 米、海外渡航の中止勧告
国民に即時帰国促す

 

    米、海外渡航の中止勧告 国民に即時帰国促す  

    2020年03月20日

     【ワシントン20日時事】米国務省は19日、世界での新型コロナウイルス感染拡大を受け、米国民への渡航情報を全世界に対して最も高いレベル4の「渡航中止」に引き上げた。海外に滞在する米国民には即時の帰国を促した。多くの国が旅行制限や国境封鎖、外出禁止などを実施していることを踏まえた決定。   国務省は「もし海外渡航すれば、無期限に米国外にとどまることになるかもしれない」と警告した。   また国務省は20日、全世界で通常のビザ(査証)発給業務を一時停止すると発表した。既に日本など多くの国でビザ発給が一時停止されている。日本などが対象の90日以内の観光などのビザ免除プログラムは影響を受けない。   国務省は先週、全世界の渡航情報をレベル3の「渡航の見直し」に引き上げていた。中国のほか、韓国とイタリアの一部については既に「渡航中止」を勧告している。   CNNテレビによると、「渡航中止」勧告は新型コロナウイルス感染拡大以前では、内戦下のシリアや国交のないイラン、北朝鮮などに限られていた。   米政府は13日から欧州連合(EU)加盟国などに対して30日間の米国入国禁止を実施。その後、英国やアイルランドも加えられた。 写真:マスク姿で首都ワシントン近郊のダレス国際空港に到着した乗客=17日