全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年09月06日

マリエタ市近郊で山火事 2,000エーカーに延焼

 

【ロサンゼルス5日】リバーサイド郡南西のマリエタ市の丘陵斜面で4日午後に山火事「Tenaja Fire」が発生し、5日午後の時点で2,000エーカー近くが焼け、周辺住民数百人に避難勧告が出された。500人以上の消防隊員が出動するなか、鎮火率は10%。建物2軒が軽度のダメージを受け、けが人は出ていない。

 

5日午後2時の時点で、マリエタ市などの約500家屋に強制避難命令が出され、ムリエタ・バレー統一学校区の全校が5日、休校措置を取った。

 

消防当局によると、強風や雷を伴う不安定な天候と傾斜が急な崖への延焼が消火活動を難航させている。落雷が火事の原因になった可能性もあるという。

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • 休園中のディズニーランドもワクチン接種の会場に  

    2021年01月15日

    【ロサンゼルス15日】新型コロナウイルスの感染拡大が特に深刻なカリフォルニア州では、休園中のアナハイムのテーマパーク、ディズニーランドもワクチン接種の会場となっている。  

  • ドジャース球場でワクチン接種開始 LA郡は、65歳以上への接種はまだ  

    2021年01月15日

    【ロサンゼルス15日】ロサンゼルスのドジャース球場で15日、新型コロナウイルスのワクチン接種がスタートした。国内でも最大規模の会場として、一日12,000人の接種を目指す。   ワクチン接種には事前の予約が必要で、まずは医療従事者と、ナーシングホームなど介護施設の入居者が対象。カリフォルニア州知事が13日に、65歳以上の高齢者も現段階での接種対象と述べたが、ロサンゼルス郡では現時点で500,000人の医療従事者がワクチン接種待ちの状態であるため、65歳以上への接種はその後になる。   医療従事者へのワクチン接種が終わると、次に接種を受けるグループには、65歳以上の高齢者、教師、食料・農業労働者、救急サービス従事者が含まれる。   ロサンゼルス郡では来週から、他の大規模接種会場もオープンする予定で、場所は、イングルウッドのフォーラム、バレンシアのマジックマウンテン、カリフォルニア州立大学ノースリッジ校、ポモナ・フェアプレックス、ダウニーの教育管理事務所本部。各会場で一日4,000人規模の接種を進める。また、これら大規模接種会場に加え、75カ所の小規模な接種センターも設置する。   ロサンゼルス郡のワクチン接種の予約やその他の情報はこちらのウェブサイトから。    

  • ディズニーランドが年間パス制度の廃止を決定  

    2021年01月15日

    【ロサンゼルス15日】コロナパンデミックの影響を受けて昨年からディズニーランドを閉鎖しているディズニーランド・リゾートは14日、40年近く続けてきた年間パスポート・プログラムを廃止すると発表した。保持者には、残りの有効期限に応じて払い戻される。   年間パスポートはこれまで、ディズニーランドとディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーパークで使用でき、リゾート全般で割引などの対象になった。   ディズニーランドは、昨年7月にダウンタウン・ディズニー、昨年11月にブエナビスタ・ストリートの営業をそれぞれ再開。2020年3月14日時点で有効な年間パスポートの保持者は、これらのロケーションでの商品・食べ物の割引がまだ受けられ、新たなメンバーシップ・プログラムが発表されるまで有効になる。割引は店やパスによって異なるので確認が必要。   また、年間パスポート保持者には1月18日から2月25日まで、ダウンタウン・ディズニーとブエナビスタ・ストリートの一部の店で追加の30%割引を行う。ディズニー側は現在、ファンを満足させられる新たなメンバーシップ・プログラムを考案中だといい、今後を楽観視していると声明を出した。    

  • コロナ禍でテナントの22%が家賃の支払い遅れた経験 LA調査  

    2021年01月15日

    【ロサンゼルス15日】UCLAとUSCが実施した共同調査の結果から、ロサンゼルス郡のテナントの約22%が、コロナパンデミック下で一回以上、家賃を遅れて支払った経験があることが分かった。   調査が行われたのは昨年4月から7月の間で、回答者の7%が、少なくとも1回以上、家賃を払えなかったと答えた。   ロサンゼルス市のヌリー・マーティネス市議会長は12日に、コロナ禍で家賃の支払いが困難なテナントを援助する同市の「Emergency Renters Relief Program」をさらに拡大するよう議会に提案。エリック・ガルセッティ市長は12日、コロナパンデミックの影響で家賃を支払えないテナントを強制退去することが違法であることをリマインドする手紙を家主宛に出した。   ロサンゼルス市では昨年夏から、49,133家族が「Emergency Renters Relief Program」を通じて援助を受けた。同プログラムには1億390万ドルの資金が割り当てられ、一家族につき約2000ドルの家賃支援が給付された。    

  • 大統領就任式 国歌はレディー・ガガさん  

    2021年01月15日

    【ワシントン15日】1月20日に行われるアメリカのバイデン次期大統領の就任式の実行委員会は、14日、人気歌手のレディー・ガガさんが式典で国歌を歌うと発表した。