全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年09月06日

発火危険区域のホームレスを強制立ち退き LAで新条例

 

【ロサンゼルス4日】ロサンゼルス市議会は4日、山火事などの発火危険区域で野宿するホームレスに対し、立ち退きを命じる権限を警察に与える新条例を承認した。

 

セプルベダ盆地で7月30日に起きた山火事で、同地域に野宿していた少なくとも100人のホームレスが命の危機に瀕したことを重大視し、最近増えている山火事の恐怖から周辺コミュニティーを守るために起草された。

 

同条例の下、消防当局はロサンゼルスの発火危険区域を地図で示し、火事が起こるリスクが高い乾燥した日などには、警察がこの区域からホームレスを立ち退かせる。立ち退きを拒否した場合は、罰金が科されるか逮捕される。

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • 電子たばこ販売禁止へ予備選挙 LA郡参事会  

    2019年09月27日

    【ロサンゼルス24日】ロサンゼルス郡参事会は24日、郡内の非法人地域で、電子たばこなどのフレーバー・タバコの販売を禁じる条例への支持を予備投票で決定した。   提案されているこの条例は、電子タバコやメンソールを含むフレーバー・タバコの販売を禁じる内容。 また、すべてのタバコ販売店に郡のビジネスライセンスの取得と2年毎の更新を義務付ける。このビジネスライセンス取得の費用は778ドルで、更新には142ドルかかり、たばこ販売店が現在払っている年間235ドルのリテイル・ライセンス料に上乗せされる。   カルフォルニア州知事はこのほど、深刻化している若者の電子たばこ使用に警鐘を鳴らすため、2,000万ドルをかけたキャンペーンに着手した。  

  • 貿易協定、合意文書署名
日米首脳が会談

 

    貿易協定、合意文書署名 日米首脳が会談  

    2019年09月27日

    日米貿易協定交渉の最終合意を確認した文書に署名した安倍晋三首相(左)とトランプ大統領  

  • IRS職員装いギフトカード要求 詐欺で女2人を逮捕  

    2019年09月27日

    【ロサンゼルス21日】IRS(内国歳入庁)の職員を装い、逮捕されたくなければギフトカードを渡すよう電話で要求する詐欺で、ロサンゼルスのアイリン・ルー(25)とガーデナのジ・ヒュン・リー(25)の2容疑者が逮捕された。警察当局が20日に発表した。   警察当局によると、容疑者らは、約90万ドル分の電気製品などを、詐欺で得たTargetのギフトカードで購入。全米のその他の地域でも同様の手口による詐欺が報告されていることから、容疑者2人が犯罪グループの一味である可能性もある。 警察は、被害者は申し出るよう呼び掛けている。  

  • LAのカレッジ新入生にラップトップを無料配布  

    2019年09月27日

    【ロサンゼルス25日】カレッジ学生のためのサポート事業「Connect to Success」の下、ロサンゼルスのコミュニティー・カレッジの新入生およそ6千人に、無料でラップトップ・コンピューターが配布されることが分かった。   ラップトップの無料配布は、アネンバーグ財団ら慈善団体からの援助を得て、デジタルデバイドの解決に取り組む非営利団体「human-I-T」により実現した。   ロサンゼルス市は先月、統一学校区の全生徒に対する通学時のDASHバスの運賃無料化を決定。州当局は、カリフォルニア州在住のカレッジ新入生への授業料無料措置の期間を当初の1年から2年に延長するなど、学生援助に力を入れている。  

  • いじめで頭部強打の13歳少年が死亡 モレノ・バレー  

    2019年09月27日

    【ロサンゼルス25日】リバーサイド郡モレノ・バレーのランドマーク・ミドルスクールで、16日にいじめによる暴力を受け、コンクリートで頭を強打し入院していた13歳の少年が24日夜、心肺機能が停止した臨床死を宣告された。少年の家族は、少年の臓器を移植を必要とする人に提供する意向を示している。   少年は16日に、校内で殴られた際にコンクリートで頭を強打。殴った2人の生徒は逮捕された。事件後、校内のいじめ対策の甘さを批判する保護者の声が高まっている。