全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年09月06日

発火危険区域のホームレスを強制立ち退き LAで新条例

 

【ロサンゼルス4日】ロサンゼルス市議会は4日、山火事などの発火危険区域で野宿するホームレスに対し、立ち退きを命じる権限を警察に与える新条例を承認した。

 

セプルベダ盆地で7月30日に起きた山火事で、同地域に野宿していた少なくとも100人のホームレスが命の危機に瀕したことを重大視し、最近増えている山火事の恐怖から周辺コミュニティーを守るために起草された。

 

同条例の下、消防当局はロサンゼルスの発火危険区域を地図で示し、火事が起こるリスクが高い乾燥した日などには、警察がこの区域からホームレスを立ち退かせる。立ち退きを拒否した場合は、罰金が科されるか逮捕される。

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • パサデナの3小学校閉校へ 生徒数減少と予算不足で  

    2019年10月04日

    【ロサンゼルス27日】パサデナ統一学校区理事会は26日、生徒数の減少と予算不足を理由に、フランクリン、ジェファーソン、ルーズベルトの区内3小学校を今学期末で閉校することを決めた。賛成4票対反対3票の僅差による決断となった。   2020ー21年度、フランクリン小学校の生徒はアルタデナ小学校へ、ジェファーソン小学校の生徒はロングフェロー小学校へ、ルーズベルト小学校の生徒はマディソン小学校へそれぞれ転校することになる。  

  • 全米初のマリファナ・カフェ ウェストLAにオープン

 

    全米初のマリファナ・カフェ ウェストLAにオープン  

    2019年10月04日

    【ロサンゼルス1日】ウェスト・ハリウッドに1日、飲食類とともにマリファナを提供する国内初のカフェ「Lowell Cafe」がオープンした。   ウェスト・ハリウッドで、室内での喫煙を許可する条例が通過したことが同カフェのオープンを可能にした。客は21歳以上が原則で、身分証明証の提示が必要。 マリファナ購入は現金のみで、その他カードでサラダ、サンドウィッチ、コーヒー、ジュース類などもオーダーできる。アルコール類は置いていない。  

  • ウーバー、NYで「ヘリタクシーサービス」 JFK空港とマンハッタン結ぶ  

    2019年10月04日

    【ニューヨーク4日時事】ライドシェア大手ウーバー・テクノロジーズは3日、ニューヨーク市でジョン・F・ケネディ(JFK)国際空港行きのヘリコプターを格安で利用できる輸送サービス「ウーバー・コプター」を発表した。   ヘリはマンハッタン島の最南端地区が発着地で、ウーバーの上級メンバーが利用できる。   飛行時間は約8分で、運賃は地上の移動費込みで1人当たり200~225ドル。ヘリには小型スーツケースの持ち込みが認められ、出発前には通常の航空便と同様に機内安全に関するビデオが放映される。サービス開始は10月7日。  

  • 旧爆撃機墜落、7人死亡  

    2019年10月04日

    【ニューヨーク3日時事】コネティカット州のブラッドリー国際空港で2日、第2次大戦時にB17爆撃機として使用された航空機が墜落し、搭乗していた乗客乗員13人のうち7人が死亡した。航空機は保有する非営利の財団が運航。財団は旧爆撃機の搭乗ツアーを提供していた。 パイロットは離陸直後に管制に「引き返したい」と伝えてきたという。航空機は滑走路に戻り、着陸を試みたが、失敗して墜落した。目撃証言では、エンジンに問題があったもようだ。  

  • 不法入国者のDNA採取計画
「犯罪者扱い」に批判も

 

    不法入国者のDNA採取計画 「犯罪者扱い」に批判も  

    2019年10月04日

    未成年の不法入国者を拘束する米国境警備隊隊員=9月10日、テキサス州ミッション