全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年09月06日

発火危険区域のホームレスを強制立ち退き LAで新条例

 

【ロサンゼルス4日】ロサンゼルス市議会は4日、山火事などの発火危険区域で野宿するホームレスに対し、立ち退きを命じる権限を警察に与える新条例を承認した。

 

セプルベダ盆地で7月30日に起きた山火事で、同地域に野宿していた少なくとも100人のホームレスが命の危機に瀕したことを重大視し、最近増えている山火事の恐怖から周辺コミュニティーを守るために起草された。

 

同条例の下、消防当局はロサンゼルスの発火危険区域を地図で示し、火事が起こるリスクが高い乾燥した日などには、警察がこの区域からホームレスを立ち退かせる。立ち退きを拒否した場合は、罰金が科されるか逮捕される。

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • CSU、民族学か社会正義学を履修科目に追加 人種差別の抗議デモが後押し  

    2020年07月22日

    【ロサンゼルス22日】カリフォルニア州立大学(CSU)機構評議会は22日、卒業に必要となる履修科目に、民族学(ethnic studies)か社会正義学(social justice)を新たに加える方針を可決した。   CSUの履修科目は過去40年間変わっていないが、民族学コースの追加論は以前から話し合われていた。人種差別に対する抗議デモが活発化している社会情勢が可決を後押ししたと言える。 新方針は、2023-24年度のスクールイヤーから取り入れられる。    

  • 新型コロナ、今年のLA郡死因2位濃厚に  

    2020年07月22日

    【ロサンゼルス22日】ロサンゼルス郡公衆衛生局は22日、新型コロナウイルスが、心臓病に次いで今年の郡内の死因2位になる可能性が高いことを報告した。 昨年1月から6月、郡内の死因1位は冠状動脈性心臓病で、6000人が死亡。今年の1月から6月、新型コロナウイルスで亡くなった人の数は3400人を上回っている。   同局はまた、2019年10月から5月のフルーシーズン中に、インフルエンザで1521人が死亡したと報告。インフルエンザは危険なウイルスだとの認識が強いが、それをはるかに上回る死者数が出ている新型コロナウイルスの脅威に改めて警鐘を鳴らした。  

  • セレーナ・ゴメスさんがメンタルヘルス基金を新設 1億ドルの寄付集め目標  

    2020年07月22日

    【ロサンゼルス22日】人気歌手のセレーナ・ゴメスさんが28歳の誕生日を迎えた22日、メンタルヘルス上の問題を抱える人を支援するための基金「The Rare Impact Fund」を設立したことを発表した。 今後10年間で1億ドルの寄付集めを目標とし、自身のコスメブランド「Rare Beauty」の全商品の売上の1%も同基金に寄付される。   セレーナさんは自身も躁うつ病を患い、メンタルヘルス上の悩みを公表している。同基金では、メンタルヘルスの十分なサービスを受けることができないコミュニティーを特に支援していくという。    

  • 高校スポーツのシーズン延期を決定 新型コロナでCIF  

    2020年07月21日

    【ロサンゼルス21日】カリフォルニア高校スポーツ連盟(California Interscholastic Federation=CIF)は20日、新型コロナ・パンデミックの影響により、本来なら今秋スタートする高校スポーツを、今年12月か2021年1月に遅らせる計画を発表した。   CIFは、各スポーツのシーズンを記したカレンダーを発表。例えば、フットボールだと2021年4月17日までに、バレーボールだと2021年3月20日までにそれぞれ州大会を終えることになる。   春季スポーツの野球、ソフトボール、陸上、サッカー、バスケットボールも、秋季スポーツに伴いシーズンが遅れ、3月から6月末にずれ込む予定。  

  • 車盗難が5744件で過去最高 LA市、2020年4月から7月  

    2020年07月21日

    【ロサンゼルス21日】ロサンゼルス市警が20日に発表したレポートから、今年の第二四半期(4月から7月)に報告された車の盗難件数が5744件にのぼり、過去10年間で最多を記録した。   この件数は、前年同時期に比べ57.7%の増加。盗難被害が最も深刻だった地区はボイルハイツで、327件だった。   データを収集した南カリフォルニア大学は、盗難急増の原因として、新型コロナの影響で在宅勤務が増え、長期間路上に駐車される車両が増えた点を挙げた。