全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年09月06日

発火危険区域のホームレスを強制立ち退き LAで新条例

 

【ロサンゼルス4日】ロサンゼルス市議会は4日、山火事などの発火危険区域で野宿するホームレスに対し、立ち退きを命じる権限を警察に与える新条例を承認した。

 

セプルベダ盆地で7月30日に起きた山火事で、同地域に野宿していた少なくとも100人のホームレスが命の危機に瀕したことを重大視し、最近増えている山火事の恐怖から周辺コミュニティーを守るために起草された。

 

同条例の下、消防当局はロサンゼルスの発火危険区域を地図で示し、火事が起こるリスクが高い乾燥した日などには、警察がこの区域からホームレスを立ち退かせる。立ち退きを拒否した場合は、罰金が科されるか逮捕される。

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • トランプ大統領「中国は間違いを犯し、隠した」 新型コロナの起源と主張  

    2020年05月04日

    【ワシントン4日時事】トランプ大統領は3日、FOXニュースの番組に出演し、新型コロナウイルスの発生源を中国湖北省武漢市のウイルス研究所とする説をめぐり「中国は恐ろしい間違いを犯し、それを隠そうとした」と主張した。   トランプ氏は4月30日、武漢市のウイルス研究所が新型ウイルスの発生源とする証拠を「見た」と主張。この日は、詳細は明らかにしなかったものの「実際に何が起きたかに関する非常に強力な報告を行う」と語った。   一方、米情報機関が1月23日の段階で、新型コロナウイルスを「大きな問題」とみなしていなかったとも指摘。トランプ氏が同月末に中国からの渡航禁止を決定したのは、情報機関の意見によるものではなく、自分自身の判断であり「数十万人の命を救った」と自賛した。    トランプ氏はまた、「いつかの時点で国を開く必要がある」と語り、経済活動の再開に意欲を示した。9月の新学期からの学校再開に関して「(学生を)戻れるようにしたい」と述べるなど今後の情勢に関し楽観的な見通しに終始した。   番組は首都ワシントン中心部のリンカーン記念堂からの生中継で、視聴者が寄せた質問に直接答える「対話集会」の形式で行われた。  

  • 錦織組、大坂組に勝つ
慈善ゲーム大会で対戦

 

    錦織組、大坂組に勝つ 慈善ゲーム大会で対戦  

    2020年05月04日

    【ニューヨーク4日時事】テニスのトップ選手と著名人が参加する慈善ゲーム大会が3日に開催され、錦織圭のペアが初戦で大坂なおみのペアと対戦して勝利を収めた。錦織と、人気DJスティーブ・アオキさんのペアは準優勝。新型コロナウイルス対策の支援のため、参加者はそれぞれ賞金2万5000ドル、優勝者はさらに100万ドルを寄付する。   大会にはセリーナ・ウィリアムズ(米国)や、今年引退したマリア・シャラポワさん(ロシア)らが参加。「マリオテニス エース」(任天堂)を使い、選手と著名人によるダブルス8組がトーナメントで戦った。 写真:テニスのゲームで対戦する錦織圭(左下)と大坂なおみ(左上)  

  • 新年度は8月18日から LAUSDが発表  

    2020年05月04日

    【ロサンゼルス4日】ロサンゼルス統一学校区(LAUSD)のオースティン・バートナー学区長は4日、2020-21年の新年度を8月18日にスタートさせると発表した。在宅でのオンライン授業になるか、登校を再開するかは未定で、新型コロナウイルスの感染状況をみながら、公衆衛生局などの指示に従うと述べた。   バートナー学区長はまた、学校が閉鎖されて以来、LAUSDの食事提供事業を通じて1500万食以上が学区内のファミリーに提供されたと報告。また、バーチャルでの卒業式開催に向けた準備を進めているとし、コロナ終息後に通常の卒業式を改めて行いたいと述べた。   生徒数が全米第二のマンモス学校区であるLAUSDは今月初め、残りの学年度とサマースクールを引き続きオンライン授業で行うと決めた。  

  • 経済再開広がる
NY州は6月まで休校延長

 

    経済再開広がる NY州は6月まで休校延長  

    2020年05月02日

    【ニューヨーク2日時事】米国では1日、新型コロナウイルス感染拡大を受け停止していた経済活動を一部再開する州が広がった。CNNテレビによると、2日までに32州が規制の一部を緩和する見通し。   緩和の程度には州や地域ごとに差があり、州政府などは感染拡大を防ぎながら、経済を再開する道を模索している。   アラバマ、テキサス両州などでは4月末に自宅待機令が終了し、1日から経済の一部が再開。日本企業も多数拠点を置くテキサス州は小売店や飲食店の店内飲食などが客を25%に制限して再開した。ただ、同州では前日の死者が50人と1日の死者数として過去最多を記録している。   米政府の経済再開に向けた指針は、再開の前提として、新規感染者が直近の14日間にわたり減少傾向にあることを求めているが、これを満たさずに再開する州が出ている。国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長は4月30日、CNNに「一部の州や市は最初の検問所を飛び越しているようなものだ。大きなリスクを冒している」と警告した。   一方、最多の感染者を出している東部ニューヨーク州のクオモ知事は1日の記者会見で、休校措置を今学年末(6月)まで延長すると発表した。教室内の生徒数を制限する場合、教室や教師の早急な確保が難しいと説明した。州の死者は前日から289人増え、1万8610人になった。州の1日の死者は減少傾向が続いている。 写真:1日、ビーチ閉鎖が解除されたテキサス州ガルベストンを歩く人々  

  • メーデーにハンティントン・ビーチやLAでデモ 自宅待機令の解除求め  

    2020年05月01日

    【ロサンゼルス1日】「労働者の日」の5月1日、ハンティントン・ビーチやロサンゼルス・ダウンタウンでは、新型コロナによる自宅待機令で労働機会が制限されている住民らが、同命令の解除を求める デモを繰り広げた。   カリフォルニア州のギャビン・ニューサム知事が4月30日に、ビーチの閉鎖を命じたハンティントン・ビーチでは、これに反発する大勢のデモ参加者らが集まり、ソーシャル・ディスタンスも保たれなかった。   同日、南カリフォルニアの各地ではまた、医療従事者を感染から守る個人防護具(PPE)の不足を訴える看護師らによるラリーも繰り広げられた。