全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年09月06日

コスタメサのナニー、男児への性的いたずらで禁固490年

 

【ロサンゼルス30日】オレンジ郡検事局は30日、4歳から10歳の男児12人に性的ないたずらをした容疑で、コスタメサ在住のナニー、マシュー・アントニオ・ザクルゼウスキー被告(30)に490年の禁固刑が言い渡される可能性が高いと発表した。
 

ザクルゼウスキー被告は今年5月17日に、国外から帰国した空港で逮捕された。その後の公判で性的いたずら容疑に無罪を主張。その後、さらなる被害者が名乗りをあげ、30日には、14歳以下の未成年への性的いたずら19件や、児童ポルノの所持と未成年への配布を含む重罪25件で再び起訴された。

 

犯行が行われた期間は、容疑者がナニーをしていた2016年1月から2019年5月まで。公判は11月8日。検事局は被害者情報を求めている。

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • LA郡、大規模小売チェーンで従業員900人超がコロナ感染 ファーストフード店でもアウトブレイク  

    2021年01月07日

    【ロサンゼルス7日】新型コロナウイルスの感染が、ロサンゼルス郡の大規模小売チェーンを直撃している。郡内のTarget11店舗、Costco8店舗、Home Depot9店舗、Amazon直営店・ウェアハウス6店舗で、過去2週間のうちに合計900人以上の従業員の新型コロナ感染が報告された。   これらのチェーンはパンデミック以降、米疾病予防管理センター(CDC)の感染防止ガイドラインを導入しているが、ホリデーシーズンからの店内混雑や、従業員が複数の仕事を掛け持つ割合が高い点、公共交通網を利用する従業員が多い点などが感染を広げていると見られる。   ロサンゼルス郡ではまた、複数のファーストフード・チェーンでもアウトブレイクが起きており、Chick-Fil-A5店舗、McDonald’s6店舗、In-N-Out Burger6店舗などで合計150人の従業員が新型コロナに感染した。    

  • コロナ患者の病床確保へ、緊急性低い手術の延期を要請 加州公衆衛生局  

    2021年01月07日

    【ロサンゼルス7日】カリフォルニア州公衆衛生局は5日、新型コロナウイルスの患者増加に対応するため、集中治療室(ICU)の病床が不足する病院に対し、急を要さない手術の延期を要請するとともに、病床がない他の病院からの患者を受け入れるよう求めた。   この要請は、南カリフォルニアの全郡に出され、少なくとも3週間は継続する。急を要さない手術を延期することで、病床確保はもとより、コロナ患者の治療にあたれる医療従事者数を増やすとともに、一般患者へのコロナ感染を防止する狙いもある。心臓病やがん切除の手術などは予定通り行われる。   コロナの感染拡大が深刻なロサンゼルス郡では、5日時点で8,000人近くの感染患者が入院しており、その5分の1以上がICUで治療を受けている。    

  • バイデン次期大統領 当選確定  

    2021年01月07日

    【ワシントン7日】アメリカ大統領選挙の結果を確定する連邦議会の合同会議は、混乱による中断のあと各州の選挙人による投票結果を承認して、バイデン次期大統領の当選が正式に確定した。  

  • ドル上昇、経済回復への期待  

    2021年01月07日

    【ニューヨーク7日】ニューヨーク外為市場では、ドルが2018年3日月以来の安値水準から切り返し1週間ぶりの高値を付けた。今後数四半期で経済が回復するとの期待が高まった。    

  • LA市庁舎前でもトランプ支持者がラリー 市長は「暗黒の日」と非難  

    2021年01月06日

    【ロサンゼルス6日】昨年11月の大統領選挙の選挙人投票集計が行われていた連邦議会で6日、議事堂内外でトランプ支持者が暴徒化して議会が封鎖された事件を受け、ロサンゼルスのエリック・ガルセッティ市長は同日、「アメリカにとって暗黒の日だ」とツイートした。   ガルセッティ市長は、公正な選挙結果と議事堂の安全性を脅かす行為だと激しく非難し、トランプ大統領の責任を問うた。同市長は、ジョー・バイデン氏の 大統領選挙キャンペーンの全国共同議長を務めていた。   ロサンゼルス市庁舎前でも6日、トランプ支持者が集まりラリーが行われた。「Black Lives Matter」の支持者らとの間で複数件のけんかが勃発し、警察が集会の解散を命令。数人の逮捕者が出た。