全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年09月06日

コスタメサのナニー、男児への性的いたずらで禁固490年

 

【ロサンゼルス30日】オレンジ郡検事局は30日、4歳から10歳の男児12人に性的ないたずらをした容疑で、コスタメサ在住のナニー、マシュー・アントニオ・ザクルゼウスキー被告(30)に490年の禁固刑が言い渡される可能性が高いと発表した。
 

ザクルゼウスキー被告は今年5月17日に、国外から帰国した空港で逮捕された。その後の公判で性的いたずら容疑に無罪を主張。その後、さらなる被害者が名乗りをあげ、30日には、14歳以下の未成年への性的いたずら19件や、児童ポルノの所持と未成年への配布を含む重罪25件で再び起訴された。

 

犯行が行われた期間は、容疑者がナニーをしていた2016年1月から2019年5月まで。公判は11月8日。検事局は被害者情報を求めている。

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • 「ノーマスクならノーサービス」を条例化 LA市議会  

    2020年11月04日

    【ロサンゼルス4日】ロサンゼルス市議会は4日、マスクを着用していない客に対して、サービスを拒否する権限を市内のビジネスに与える条例を承認した。   この条例は、ハーブ・ウェソン市議が7月に起草。ロサンゼルス郡の新型コロナウイルスの死者が7000人を超えた現状を踏まえ、小規模ビジネスなどの従業員への感染拡大を防ぐため、直ちに効力を持ち、市の「Safer at Home」オーダーが解除されるまで有効となる。    

  • 「ホワイト・パワー」発言の男をヘイトクライムで起訴 トーランス市  

    2020年11月02日

    【ロサンゼルス2日】トーランス市で7月に、信号で停車中の黒人男性運転の車に近付き、「白人の命だけが大切」「ホワイト・パワー」などと発言し、ナチス式敬礼をして逮捕された白人のグレゴリー・ハーウェル被告(29)が30日、ヘイトクライムで起訴された。被害者の車をシャベルでたたいたことから、器物破損の容疑でも起訴された。   犯行時の様子を撮った動画がソーシャルメディアで出回り、批判が出ていた。動画では、妻のレイチェル容疑者も犯行に加担したが、証拠不十分として起訴されなかった。ハーウェル被告がすべての起訴内容で有罪となった場合、最高7年8カ月の禁固刑が科される。    

  • 駐車違反の罰金、48時間以内に支払えば20ドル値引き LA市が新プログラム  

    2020年10月30日

    【ロサンゼルス30日】ロサンゼルス市のエリック・ガルセッティ市長は30日、駐車違反時の罰金を48時間以内に支払えば20ドル値引きするプログラム「Early Pay L.A.」の導入を発表した。実施期間は11月2日から来年6月30日まで。市長は、新型コロナで経済難に直面する市民を援助するのが目的と述べた。  プログラムの対象となるのは、住宅街の道路掃除やオーバーナイト&オーバーサイズ駐車に関連した違反車両、特定の区域で期限が切れたばかりの駐車許可証を掲示している車両などで、すべての駐車違反チケットが対象になるわけではない。詳細は市のウェブサイトで、https://prodpci.etimspayments.com/pbw/include/laopm/covidinfo.html    

  • 遺体輸送業者が死者宅から遺品窃盗 5件の容疑で捜査中 サンディエゴ  

    2020年10月29日

    【サンディエゴ29日】サンディエゴで遺体安置所輸送サービス「Mortuary Transportation Service」を経営するサミー・ウィリー・ゲイツ容疑者が、死者の遺体を自宅から運び出すふりをして、貴重品などを盗んでいた常習犯の可能性があるとして、警察が取り調べを開始した。   ゲイツ容疑者は9月9日に、スプリングバレーの自宅で死亡した60歳の男性宅から遺品を盗んだ容疑で逮捕された。 その他5件の同様の余罪がある可能性が高いとし、容疑者宅を家宅捜査した結果、スプリングバレーの男性所有の金庫や銃の他、1900年代初頭の戦争の遺物と思われる銃器類16個や戦争のメダル、装飾品、コイン・コレクションなどが見つかった。 警察当局はその他容疑の可能性についても捜査している。    

  • 年末商戦近づき、ネットショッピング詐欺急増 米商事改善協会が注意呼び掛け  

    2020年10月29日

    【ロサンゼルス29日】米商事改善協会(Better Business Bureau=BBB)は29日、ホリデー・ショッピング・シーズンが近づく中、ネットショッピング詐欺が急増しているとして注意を呼びかけた。 BBBによると、最近同協会に寄せられた詐欺被害報告のうち、40%近くがネットショッピング詐欺で、ロサンゼルス事務所が扱う1日の被害報告件数は900件に上っている。   BBBによると、詐欺にあった消費者が利用した悪質ウェブサイトの半数が、Facebookの広告を通じたもの。たくみに合法的な会社を装ったものが多く、被害者10人中9人は購入した商品が届かなかった。 BBBによると、他社に比べて破格の安値で商品が販売されているサイトや、ウェブサイト上に英語のミススペルがあるなどの場合は要注意で、ギフトカードや送金での支払いを求める場合も怪しい。 BBBは、クレジットカードやPayPalで支払うようすすめている。