全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年09月06日

コスタメサのナニー、男児への性的いたずらで禁固490年

 

【ロサンゼルス30日】オレンジ郡検事局は30日、4歳から10歳の男児12人に性的ないたずらをした容疑で、コスタメサ在住のナニー、マシュー・アントニオ・ザクルゼウスキー被告(30)に490年の禁固刑が言い渡される可能性が高いと発表した。
 

ザクルゼウスキー被告は今年5月17日に、国外から帰国した空港で逮捕された。その後の公判で性的いたずら容疑に無罪を主張。その後、さらなる被害者が名乗りをあげ、30日には、14歳以下の未成年への性的いたずら19件や、児童ポルノの所持と未成年への配布を含む重罪25件で再び起訴された。

 

犯行が行われた期間は、容疑者がナニーをしていた2016年1月から2019年5月まで。公判は11月8日。検事局は被害者情報を求めている。

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • 黒人男性死亡で抗議デモ
LAダウンタウン、一部暴徒化

 

    黒人男性死亡で抗議デモ LAダウンタウン、一部暴徒化  

    2020年05月28日

    【ロサンゼルス28日】ミネソタ州ミネアポリスで25日に、黒人男性のジョージ・フロイドさん(46)が白人警察に身柄を拘束された際、首を膝で押さえつけられ後に死亡した事件で、これを人種差別だと批判する数百人による抗議デモが27日、ロサンゼルス・ダウンタウンで行われた。 カリフォルニア州ハイウェー・パトロール局の車両の窓がデモ参加者により割られるなどの被害が出た。   デモではまた、星条旗が燃やされたり、ロサンゼルス市警本部前のサインに落書きが書かれたりして一部が暴徒化した。デモ参加者がフリーウェー101号になだれ込み、約15分間通行止めになった。 警察当局の発表では、27日のデモ参加者の逮捕者は出ていない。    

  • ロサンゼルス、オフィス業務や小売店舗の再開容認
加州の経済再開は「第3段階」

 

    ロサンゼルス、オフィス業務や小売店舗の再開容認 加州の経済再開は「第3段階」  

    2020年05月27日

    【ロサンゼルス27日時事】カリフォルニア州ロサンゼルス郡は26日、新型コロナウイルスの感染拡大で停止中の小売店舗営業や宗教施設の再開を収容人数を制限した上で許可すると発表した。 新たな行政命令は「遠隔勤務を強く推奨する」としながらも、生活に必要不可欠とはみなされていないオフィス業務の再開も容認する内容だ。 宗教行事や抗議活動を除いて、集会は引き続き人数を問わず禁止される。   これとは別にロサンゼルス市のガルセッティ市長も小売店の店舗営業や宗教施設を27日から再開することを認めると発表した。レストラン店内での飲食や理髪店の営業は対象外。 カリフォルニア州は25日、小売店舗や宗教施設の再開を条件付きで容認すると発表したが、実際に適用するかどうかは地元自治体に委ねている。   一方、ニューサム知事は26日の会見で、基準を満たした自治体について、感染防止措置を施した上で理髪店の営業再開を許可すると発表した。26日時点で全58郡のうち47郡が基準を満たしているという。 経済活動の再開に向けて州が定めた4段階のステップのうち、「第3段階」の初期に入ったことになる。    

  • 小売店への客入店を許可 規模縮小して宗教行事も ロサンゼルスで規制緩和  

    2020年05月26日

    【ロサンゼルス26日】ロサンゼルスのエリック・ガルセッティ市長は26日、新型コロナウイルス感染防止のための規制を緩和し、客が小売店に入店して買い物をすることを許可すると発表した。これまでは店頭での受け渡しか配達のみの営業だった。ソーシャル・ディスタンスを保ち、マスクなどで口と鼻を覆うことが前提。   同日発表されたロサンゼルス郡当局のガイドラインでは、小売店は営業時の入店者数を通常の半分に抑えるよう要求しており、市もこれに従う。郡当局はまた、宗教団体に対し、収容人数を25%以内か100人以内の低い方に抑えた上でのサービス再開を許可し、フリーマーケット、スワップミート、ドライブイン・ムービーの再開も許可した。   モール経営の「Westfield Shopping Centers」は今週末から営業時間を短縮して再開し、「Glendale Galleria」とシタデル・アウトレッツは28日から再開する。  

  • コロナ死者、100人下回る 10人以下の集まり許可 NY  

    2020年05月24日

    【ニューヨーク24日時事】クオモ・ニューヨーク州知事は23日の記者会見で、新型コロナウイルス感染者の1日当たりの死者が84人になったと明らかにした。4月上旬の感染ピーク時、死者は799人に達した。100人を下回るのは2カ月ぶり。   クオモ知事は「死者が100人を下回ることを目指していた。まさに進展の兆しだ」と強調した。   また、知事は22日夜、一定の距離を保つことを条件に、10人以下の集会などを認める行政命令を発表。米国は25日にメモリアルデーの祝日を控え、家族や友人と集まる機会が増えることから、再び感染拡大につながる恐れがあると懸念する声も上がっている。    

  • 米小売り大手、コロナで明暗
店舗閉鎖が打撃、ネット好調

 

    米小売り大手、コロナで明暗 店舗閉鎖が打撃、ネット好調  

    2020年05月23日

    【ニューヨーク23日時事】新型コロナウイルスの感染拡大で、米小売り大手の2~4月期業績の明暗が分かれた。外出規制が広がる中、インターネット通販の比率が高い企業は売り上げが増加。一方、感染防止のための店舗閉鎖が打撃となり、経営破綻に追い込まれる企業も出ている。   小売り最大手ウォルマートは、売上高が前年同期から9%増えた。必需品や消耗品の需要が増え、米国内のネット通販の売り上げは74%の大幅増だった。ホームセンター大手ロウズも、ネット通販を中心に住宅補修用品などの販売が好調で、2桁の増収増益を達成した。   住宅改装用品大手ホーム・デポや、小売り大手ターゲットも、ネット通販の伸長で増収を確保。ただ、感染防止などに絡むコストが膨らみ、純利益は目減りした。   一方、百貨店大手メーシーズは45%の大幅減収となり、営業損益は最大約11億ドルの赤字(前年同期は約2億ドルの黒字)になる見通し。ジェネット最高経営責任者(CEO)は「3月に全店舗を閉鎖したことに伴い、売り上げが急減した」と説明した。同業のコールズも純損益が約5億ドルの赤字となった。   百貨店などは、ネット通販の台頭で既に業績が悪化していたところへ、コロナによる店舗閉鎖が追い打ちを掛けた。5月に入り、百貨店のJCペニーやニーマン・マーカス・グループ、衣料品大手Jクルー・グループが経営破綻した。   日系証券関係者は、コロナ禍が「実店舗を中心とした弱体企業の淘汰を促す可能性がある」と警告している。 写真:閉鎖された米百貨店大手メーシーズのサンフランシスコの店舗