全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年09月06日

コスタメサのナニー、男児への性的いたずらで禁固490年

 

【ロサンゼルス30日】オレンジ郡検事局は30日、4歳から10歳の男児12人に性的ないたずらをした容疑で、コスタメサ在住のナニー、マシュー・アントニオ・ザクルゼウスキー被告(30)に490年の禁固刑が言い渡される可能性が高いと発表した。
 

ザクルゼウスキー被告は今年5月17日に、国外から帰国した空港で逮捕された。その後の公判で性的いたずら容疑に無罪を主張。その後、さらなる被害者が名乗りをあげ、30日には、14歳以下の未成年への性的いたずら19件や、児童ポルノの所持と未成年への配布を含む重罪25件で再び起訴された。

 

犯行が行われた期間は、容疑者がナニーをしていた2016年1月から2019年5月まで。公判は11月8日。検事局は被害者情報を求めている。

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • トーランスのショッピングセンターにセスナ機墜落

 

    トーランスのショッピングセンターにセスナ機墜落  

    2019年09月19日

    【ロサンゼルス19日】トーランス空港を飛びたったセスナ機が19日正午過ぎ、クレンショー通りのショッピングセンターの屋根に墜落する事故が起きた。セスナ機に乗っていた2人のうち、パイロットが死亡し、もう1人は重傷で病院へ搬送された。   被害に合ったショッピングセンターには、レストランやサロン、携帯電話ショップなどが入っており、セスナ機はカリフォルニア・ピザ・キッチンとバーベキュー・レストランの上に墜落したもよう。消防当局が墜落の詳しい原因を調べている。  

  • 南加経済に85億ドル貢献 ディズニーランド  

    2019年09月18日

    【ロサンゼルス16日】アナハイムのディズニーランドが2018年、南カリフォルニアの経済におよそ85億ドルの貢献をしたことが16日、カリフォルニア州立大学フラトン校の調査で分かった。 この金額は、2015年に比べ50%増加。ディズニーランドに来園した約2,500万人が、近隣のホテルやビジネスを利用している。   ディズニーランドは、雇用者の一部に十分な賃金を支払っていないとして批判を浴びたが、アナハイム市当局は、ディズニーランド・リゾートが同地域に78,000件の雇用機会を生み出していると説明。批判を受けたディズニーランド側は、最低賃金を11ドルから15ドルに引き上げた。  

  • アメリカ1の新レストランにエコ・パークの「Konbi」  

    2019年09月18日

    【ロサンゼルス18日】雑誌「Bon Appetit」が18日、”アメリカで一番の新しいレストラン”として、エコ・パークの「Konbi」を選出した。   「Konbi」は、日本のコンビニエンスストアをモデルにした、カウンター10席ほどの小さな店。シンプルなメニューの中でもダントツ人気が、日本のコンビニでは定番のタマゴサンドウィッチ。毎日36個のみ焼くというチョコレート・クロワッサンや季節の野菜など、持ち帰りの客にも受けている。 同誌は、「Konbi」に行くなら朝のうちが一番とアドバイスしている。  

  • 「Perdue Foods」のチキンナゲット300袋をリコール  

    2019年09月18日

    【ロサンゼルス18日】食品会社「Perdue Foods」は18日、マーケット「Ralphs」で売られたチキンナゲット「Simply Smart Organics Gluten Free Chicken Breast Tenders」のリコールを発表した。300袋以上、合計495ポンド分が対象になる。   米農務省によると、この商品は「Gluten Free Chicken Breast Tenders」と表記されているにも関わらず、アレルギーを引き起こす可能性があるチキンナゲットや小麦が含まれている。 リコール対象商品は、「Best By Date of 08/29/20」「Time Stamp of 00:30-01:00」「UPC Bar Code of 0-72745-80489-2」の表示があるもの。  

  • ギグワーカーは「従業員」 加州知事が新法案に署名  

    2019年09月18日

    【ロサンゼルス18日】カリフォルニア州のギャビン・ニューサム知事は18日、近年増えている個人事業主(independent contractors)と契約する企業(雇う側)に対し、被契約者を従業員とみなし、最低賃金・残業代・病気休暇・社会保障やメディケアの提供などを義務付ける新法案「AB5」に署名した。   UberやLyftなどの企業も対象になり、これらを運転する、いわゆる「ギグワーカー」を守るための法案とされており、来年1月1日に施行される。