全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年09月06日

トーランスのビーチに男2人の遺体

 

【ロサンゼルス30日】トーランスのビーチで30日朝7時頃、男性2人が遺体で見つかった。ロサンゼルス郡シェリフ局は9月3日、遺体が、ホームレスのダニエル・ペドロ・アラリドさん(22)と、レドンド・ビーチ在住のブライアン・ロドリゲスさん(34)だと断定した。
 

2人の遺体は、砂浜をジョギングしていた女性らが発見し、警察に通報した。2人の死因は今のところ不明だが、警察の調べでは、ともに体に目立った外傷などはない。警察当局が事件の背景を調べており、遺体の検死が行われている。

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • LA市、洗車とペット・グルーミング店の営業許可 「7月4日の完全再開目指す」と郡  

    2020年05月19日

    【ロサンゼルス19日】ロサンゼルス市のエリック・ガルセッティ市長は19日、新型コロナ対策で郡当局が定めるガイドラインの下、カーウォッシュとペット・グルーミング店の営業を許可すると発表した。   ペット・グルーミング店は、客の入店は禁じられ、ペットを預けてピックアップする形で営業する。   ロサンゼルス郡のキャサリン・バーガー参事は、19日のロサンゼルス郡経済回復委員会との会合で、レストランやショッピングモール、小売店などを完全に再開する目標期限を、早くて7月4日に設定した。 郡当局によると、郡内の失業保険申請者数は100万人を超えており、レストランと小売業界が深刻な打撃を受けている。  

  • マジック・ジョンソン氏が1億ドルの救済ローン提供 マイノリティーのビジネスへ  

    2020年05月19日

    【ロサンゼルス19日】元ロサンゼルス・レイカーズのマジック・ジョンソン氏が18日、新型コロナ・パンデミックの影響で経営難に陥ったマイノリティー所有のビジネスに、1億ドルの救済ローンを提供すると発表した。   自身の「Magic Johnson Enterprises」を通じて経営する「Equitrust Life Insurance Company」から、中小企業・個人事業主を支援する「PPP」の制度を用いてローンを提供する。 ジョンソン氏は、「銀行との良好な関係性を持たないマイノリティーによる小規模ビジネスの救済策となれば嬉しい」と話した。  

  • 保守系TVも「死に至る」と警告
大統領の抗マラリア薬服用

 

    保守系TVも「死に至る」と警告 大統領の抗マラリア薬服用  

    2020年05月19日

    【ワシントン19日時事】トランプ大統領が18日、新型コロナウイルスの治療薬として推奨してきた抗マラリア薬「ヒドロキシクロロキン」を毎日服用していると明らかにし、米国内に衝撃が走った。 深刻な副作用のリスクがあり、トランプ氏に近い保守系FOXニュースの司会者も、安易な服用は「死に至る」と視聴者に警告を発した。   1週間半前から予防的に服用しているとのトランプ氏の発言は、記者団とのやりとりで唐突に飛び出した。 FOXのニール・カブト氏は番組で即座に薬の有効性を否定。「もしあなたがリスクの高い集団に属していれば、(この薬は)あなたを死に至らせる。そのことはいくら強調しても十分でない」と訴えた。   米食品医薬品局(FDA)も、治療や予防に用いれば「深刻な副作用」をもたらす恐れがあると警告している。しかし、トランプ氏は18日、「今のところ私は大丈夫そうだ」と強調した。   野党民主党のペロシ下院議長は、テレビのインタビューで「彼は私たちの大統領だ。未承認の薬を服用すべきでないし、年齢や病的な肥満体を考えればなおさらだ」と述べ、自重を求めた。 写真:ワイトハウスで、抗マラリア薬「ヒドロキシクロロキン」を飲んでいることを明らかにしたトランプ大統領  

  • カリフォルニア州、6月にスポーツ再開許可も  

    2020年05月19日

    【ロサンゼルス19日時事】カリフォルニア州のニューサム知事は18日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大で中断しているプロスポーツについて、6月第1週にも州内での無観客試合の開催を認める考えを示した。感染率を抑えることなどを条件としている。 同州は、大リーグだけでも大谷翔平選手のエンゼルスなど5球団が本拠地を置いている。   新型コロナの被害が深刻なニューヨーク州のクオモ知事も、記者会見で「メジャースポーツのチームに無観客での再開を勧めている。州は手助けする」と明言した。同州は田中将大投手が所属するヤンキースなどの本拠地球場がある。   テキサス州のアボット知事は5月31日から野球やバスケットボール、ゴルフ、アメリカンフットボールなどのプロスポーツの開催を認める方針を明らかにした。    

  • ドライバーと乗客にマスク義務付け Uber、6700人を解雇  

    2020年05月18日

    【ロサンゼルス18日】配車アプリ「Uber」は18日、新型コロナ対策として、ドライバーと乗客にマスクの着用を義務付ける方針を発表した。 パンデミックの影響を受けた利用者激減で、約一週間前に3700人の従業員を解雇したが、さらに3000人の解雇も発表した。   「Uber」のドライバーは今後、仕事開始前にセルフィーを撮影し、マスク着用を証明する必要がある。乗客には、助手席に座らないよう求める。 「Uber」のダラ・コスロシャヒ社長によると、コロナ・パンデミックで「Uber」の乗車率は80%近く減少した。