全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年09月06日

全米ライフル協会を「テロ組織」認定
サンフランシスコ市議会が決議

 

全米ライフル協会(NRA)の年次総会でライフルスコープをのぞく来場者ら(4月27日、インディアナ州)

 

【ワシントン時事】カリフォルニア州サンフランシスコ市議会は3日、銃所持の権利擁護を主張する圧力団体「全米ライフル協会(NRA)」を「国内テロ組織」と認定する決議を全会一致で可決した。法的拘束力はないが、こうした強い表現での非難は異例だ。

 

決議は、1日約100人が銃に関連して命を落とす米社会の現状に触れ、NRAについて「国民を欺く宣伝工作を行い、その幹部は会員や国民の大多数の考えに反する過激路線を進め、公共の福祉の土台を壊している」と非難。NRAと取引のある企業との契約関係について市当局に見直しを促している。

 

7月には同州内の祭りで6歳児を含む3人が犠牲となる銃撃事件が発生。キャサリン・ステファニー議員は「地方、州、連邦のあらゆるレベル」で銃規制強化に反対するNRAの対応が、決議起草のきっかけになったと地元メディアに明かした。NRAの広報担当者は米メディアに「価値のない、いつものうんざりするレッテル貼りだ」と反論した。
 

NRAは2016年大統領選でトランプ大統領を支援。今年8月にテキサス州エルパソなどで銃乱射事件が相次いで以降も、銃販売時の身元確認強化に反対する立場を表明している。

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • NYブロードウェー年内休演 新型コロナで  

    2020年06月30日

    【ニューヨーク30日時事】米業界団体ブロードウェー連盟は29日、ニューヨーク・ブロードウェーの劇場公演について、新型コロナウイルスの流行のため来年1月3日まですべて中止すると発表した。感染拡大を受け、公演は3月中旬から休演となっている。   連盟は声明で「出演者やスタッフ、楽団、観客の安全が最優先」と説明。再開日は未定だが、「2021年初め」の見通しという。再開に向け、検査や舞台裏の規則など俳優らの安全対策を検討している。   ニューヨーク市は新型コロナのため規制されている経済活動について、業種別に4段階で再開する計画。芸能分野は最後の第4段階の対象だが、当初は観客数の制限が求められるとみられ、全面再開の時期は不透明だ。   ニューヨーク・タイムズ紙によると、ブロードウェーの休演期間としてはこれまでで最も長く、ディズニーのミュージカル「アナと雪の女王」など3公演が打ち切りを決めた一方、来春の再開を目指している公演もあるという。  

  • カール・ライナーさん死去 98歳、コメディ界のレジェンド  

    2020年06月30日

    【ロサンゼルス30日】コメディアン、俳優、コメディライター、映画監督として70年にわたり活躍してきた ハリウッドのレジェンド、カール・ライナーさんが29日、ビバリーヒルズの自宅で死去した。98歳。死因は老衰とみられる。   ニューヨークのユダヤ系移民の家庭出身。50年代には、メル・ブルックスとパートナーを組みライターとして活躍し、アメリカのコメディ番組の基盤を築いた。60年代に企画したコメディ番組「The Dick Van Dyke Show」は伝説的人気で、主演のヴァン・ダイクらを国民的スターにした。近年では映画「Oceans」で天才詐欺師のソール・ブルーム役を演じた。   エミー賞を11回、グラミー賞を1回受賞し、コメディ界最高の栄誉「マーク・トウェイン賞」(2000年)など数多くの賞を贈られた。1943年に結婚したエステラ・ルボストさんは2008年に死去。3人の子供がおり、長男のロブ・ライナーさんは映画監督。  

  • ロサンゼルス、バー閉鎖 サンフランシスコも経済再開停止  

    2020年06月29日

    【ロサンゼルス29日時事】カリフォルニア州のニューサム知事は28日、ロサンゼルスなど感染拡大の勢いが激しい一部地域に対し、バーを閉鎖するよう命じた。シリコンバレーの中心部サンタクララ郡などに対しても閉鎖中のバーを再開しないよう求めた。   カリフォルニア州では、1日当たりの感染者数が過去1週間程度4000~7000人台と最悪水準で推移している。州知事の命令とは別に、感染が急拡大しているサンフランシスコ市は29日に予定していた美容院や博物館、屋外バーなどの再開を延期。経済活動の再開停止を余儀なくされた。   米国では、感染が再拡大しているテキサス州やフロリダ州でも、バーを再規制する動きが出ている。    

  • 元大統領像破壊の疑いで4人訴追

 

    元大統領像破壊の疑いで4人訴追  

    2020年06月28日

      【ワシントン28日時事】米検察当局は27日、反人種差別を訴える抗議行動の一環として、首都ワシントンのホワイトハウスに隣接する広場に設置されている元大統領アンドルー・ジャクソンの像を倒そうとしたとして、「連邦財産の破壊」の疑いで男4人が訴追されたと発表した。   1829~37年に大統領を務め、奴隷所有者だったジャクソンの像をめぐっては今月22日夜、デモ隊のグループが像にロープを巻き付けて引き倒しを試みた。訴追された4人は20~47歳で、ビデオ映像に基づいて身元が特定され、26日に訴追された。   米国では白人警官による黒人男性暴行死事件以来、南軍の将軍や奴隷制度支持者らの像が攻撃の標的となる事例が相次いでいる。検察当局は今回の訴追について「わが国の首都を飾る像や記念碑を汚す者への警告」だと強調した。 写真:ホワイトハウスに隣接する広場に設置されている元大統領アンドルー・ジャクソンの像=22日  

  • 南軍旗デザインの州旗変更へ
全米最後、ミシシッピ州が決議

 

    南軍旗デザインの州旗変更へ 全米最後、ミシシッピ州が決議  

    2020年06月28日

      【ワシントン28日時事】ミシシッピ州の議会は27日、全米で唯一、南北戦争時の南部連合(南軍)旗をあしらっている州旗のデザイン変更を可能にする決議案を可決した。人種差別に対する抗議デモの高まりを受け、奴隷制を守るために戦った南軍を象徴するデザインに対し、変更を求める圧力が強まっていた。   共和党が主導する上下両院は3分の2の多数で決議案を可決。リーブス知事(共和)は27日、「論争を終わらせる時だ」と述べ、署名する考えを明らかにした。ミシシッピは南部ジョージア州が2001年にデザインを変更して以降、南軍旗のロゴを持つ唯一の州だった。   百年以上の歴史を持つ州旗のデザインを変更する議論はこれまでにもあり、01年の住民投票では圧倒的多数で存続を決めた。   だが近年は党派、人種を超え反対論が強まり、50万人以上の信者を擁するミシシッピ州バプテスト連盟は今月、「多くの人を傷つける」として新たなデザインを要請。全米大学体育協会(NCAA)も州旗を変更しない限り、主要大会の開催地から同州を外す意向を示していた。 写真:ミシシッピ州の州旗(手前上)