全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年09月06日

全米ライフル協会を「テロ組織」認定
サンフランシスコ市議会が決議

 

全米ライフル協会(NRA)の年次総会でライフルスコープをのぞく来場者ら(4月27日、インディアナ州)

 

【ワシントン時事】カリフォルニア州サンフランシスコ市議会は3日、銃所持の権利擁護を主張する圧力団体「全米ライフル協会(NRA)」を「国内テロ組織」と認定する決議を全会一致で可決した。法的拘束力はないが、こうした強い表現での非難は異例だ。

 

決議は、1日約100人が銃に関連して命を落とす米社会の現状に触れ、NRAについて「国民を欺く宣伝工作を行い、その幹部は会員や国民の大多数の考えに反する過激路線を進め、公共の福祉の土台を壊している」と非難。NRAと取引のある企業との契約関係について市当局に見直しを促している。

 

7月には同州内の祭りで6歳児を含む3人が犠牲となる銃撃事件が発生。キャサリン・ステファニー議員は「地方、州、連邦のあらゆるレベル」で銃規制強化に反対するNRAの対応が、決議起草のきっかけになったと地元メディアに明かした。NRAの広報担当者は米メディアに「価値のない、いつものうんざりするレッテル貼りだ」と反論した。
 

NRAは2016年大統領選でトランプ大統領を支援。今年8月にテキサス州エルパソなどで銃乱射事件が相次いで以降も、銃販売時の身元確認強化に反対する立場を表明している。

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • ディズニー再開はコロナ警戒レベル「黄色」が条件 加州の新規ガイドライン  

    2020年10月20日

    【ロサンゼルス20日】カリフォルニア州当局は20日、ディズニーランドやユニバーサル・スタジオなどのテーマパークの営業再開に向けた新規ガイドラインを発表。各郡の新型コロナの警戒レベルが、最も低い「黄色」になることを条件に、収容人数を25%に制限する厳しい内容で、再開は来年の春か夏になる可能性が高いとの見方だ。   ディズニーランドのあるオレンジ郡の警戒レベルは現在、最も深刻な紫色から1段階緩和した赤色で、次のレベルはオレンジ色、黄色と続く。黄色は、人口10万人あたりの新規感染者数が1人以下のレベルで、「人の移動頻度が高い大きな郡では容易ではない」と郡関係者は言う。   新規ガイドラインではまた、小規模なテーマパークについては、郡のコロナ警戒レベルがオレンジ色になった段階で屋外アトラクションの再開を許可するとした。    

  • 加州生徒の4.3%、269,269人がホームレス UCLAレポート  

    2020年10月20日

    【ロサンゼルス20日】UCLAが19日に発表したレポートによると、カリフォルニア州のK-12(幼稚園から高校まで)の全生徒の4.3%にあたる269,269人がホームレスであることが分かった。 調査が行われたのは2018-19年度のスクールイヤーで、コロナパンデミック以降は、生徒のホームレス化がさらに深刻化している可能性が高い。   同レポートによると、このうちロサンゼルス郡のホームレス生徒は66,566人で、K-12生徒総数の4.4%にあたる。また、コミュニティー・カレッジに通う5人に1人、カリフォルニア州立大学(CSUU)に通う10人に1人、カリフォルニア大学(UC)に通う20人に1人が一定期間ホームレスだったことも分かった。   レポートによると、K-12生徒と大学生ともに、ホームレスの数は過去10年間で50%増加した。人種別では、ホームレス生徒の70%がラテン系で、9%がアフリカ系。その他の郡のホームレス生徒数は、サンバナディーノ郡が31,180人、オレンジ郡が29,424人、リバーサイド郡が19,675人、ベンチュラ郡が6,247人。    

  • ディズニー・ホールでのコンサートを来年6月までキャンセル LAフィル  

    2020年10月20日

    【ロサンゼルス20日】ロサンゼルス・フィルハーモニック(LAフィル)協会は20日、ウォルト・ディズニー・コンサートホールで行う予定だった来年6月までのコンサートを、新型コロナウイルスの影響でキャンセルすることに決めた。   LAフィルは今年の初め、今秋に予定されていたコンサートの中止を発表し、ハリウッド・ボウルで毎年、1世紀近くにわたり続けてきた夏のコンサートも中止となった。コロナ・パンデミック以降行われてきたデジタル・プログラムは、今後も続ける予定。    

  • 殺人件数が20%増加 最も増えたのはサウスLA  

    2020年10月19日

    【ロサンゼルス19日】データ分析専門の非営利組織「Crosstown」が19日に発表したロサンゼルス市の犯罪レポートによると、今年1月から9月までに、全体の犯罪総数は前年度比で9.7%減少した一方で、殺人件数が20%増加し、239人が死亡したことが分かった。昨年同時期の死亡者数は199人だった。   レポートによると、殺人が最も多発したのは7月の40件で、これは少なくとも過去10年間で最多。次いで9月が36件だった。 殺人が最も増えた場所はサウスLAのVermont Square地区で、12人が死亡(昨年同時期は3人)。これに次ぐ殺人多発地域はボイルハイツとダウンタウンで、それぞれ15人が犠牲になった。    

  • 地下鉄駅で男性を刺殺した容疑者を逮捕 メトロ「Red Line」  

    2020年10月19日

    【ロサンゼルス19日】メトロ「Red Line」の7th Street/Metro Center駅で16日夜10時45分頃、乗客の女とメトロの従業員男性が口論になり、従業員男性が刺されて死亡する事件が起きた。   防犯カメラに映った女の姿を手掛かりに容疑者の行方を追っていたロサンゼルス市警は19日、同市在住のイルマ・モンロイ容疑者(25)を殺人容疑で逮捕した。犯行に使われたナイフと容疑者の自転車も押収された。