連載・コラム マリファナのおはなし

編集: Weekly LALALA - 2019年09月06日

Vol.27

ロサンゼルスの大麻リキッド、

Vape事情 その2

 

 

前回紹介した、オイルカートリッジをコイルタイプのバッテリーに取り付けて吸う一般的なvapeペンももちろん人気ですが、現在カリフォルニアに存在するVapeブランドは各社オリジナルのVapeペンを発売し、人気を争っています。

その中でも先駆者となったのがPAX Era(パックス・エラ)とStiiizy(スティーズィー)です。

●上写真:バッテリーは約$30、オイルポッドは0.5g$30$50

●下写真:PAX3という大麻を吸えるコンパクトなベーポライザーも展開していて、こちらも人気が出てきているようです。

 

PAXはサンフランシスコで2007年に生まれたブランド。

PAX Era用は専用のオイルポッドとしか機能しませんがPAX用のオイルポッドを作っているブランドはたくさん存在し、各ブランドが発売したオイルポッドの種類は今までに約300種類。

CBDのオイルポッドも存在するんですよ!

CBDオイルポッドにもCBD100%のものからCBD:THCの比率が1:110:1のものなど種類が様々。

 

PAXはカリフォルニアのどこのディスペンサリーに行っても取り扱いがあるほどに人気ですが、その理由はスリムなデザインと使いやすさにあります。

壊れにくく充電も長く持ち、ウェブで登録すると1年保証がついてきます。充電レベルが確認できるので、使いたい時に電池がなくて使えない!などということがなく、さらにPAXのアプリとシンクさせてアプリから4段階の温度調節が可能。温度を低めにして喉に優しい抑えめなベープ、温度をあげて激しくベープできるのも◎

他のベープペンと比べるとオイルの減りがそんなに早くなく、全体的にオイル自体のクオリティが良いといわれています。

●上写真:Stiiizy:バッテリーは$20-$30、オイルポッドは0.5g$30$40

PAXに似たフォルムですがこちらはもう少しスリムなデザイン。

Stiiizyはオイルポッドの種類がCBDも含め約15種類ほどと少なめですが、インディカ、ハイブリッド、サティバの人気種ばかりを集めています。

甘くフレーバーがする種類も大麻の独特な匂いが少なく人気ですが、フレーバーがついていないものももちろん存在します。

 

Stiiizyは温度調節機能がないですが、バッテリーに赤、紺、ピンク、オレンジのカラーバリエーションがあり、アパレルや小物も展開するなど若者をターゲットにプロモーションし大人気です。

最近ロサンゼルスのアート・ディストリクトにディスペンサリーをオープンさせ、Stiiizyのベープペンからアパレル、小物グッズをはじめ現在ではそのディスペンサリーでStiiizy自社の大麻も扱っており、先日のグランドオープニングではものすごい賑わいを見せていました。

最近ではダブ用のワックス、テルペンをたっぷり含むLive Resin(ライブ・レーズン)や更に熱と圧力だけで凝縮したピュア度の高いLive Rosin(ライブ・ローズン)を使用したワックスvapeペンも誕生しこちらはハードコアなカンナビスファンに人気です。

各ブランド誇りを持って様々なテクノロジーを駆使して作り上げているオリジナルの喫煙器具とオイル。様々な種類の中から自分のニーズにぴったりあったvapeペンを選べるというのも楽しみの一つですよね!

 


【記事・マリファナに関するあらゆるお問合せはコチラ】
sodan@la-network.com

■カンナビスライフスタイルアドバイザー

Blue Dreamz Eiju

茨城県出身、ロサンゼルス在住10年目。2010年に語学留学目的でロサンゼルスに渡米後、メルローズ沿いの洋服屋でマネージャーとして勤務する。独自のセンスを生かし、セレクトシューズブランドADORE Los Angelesを立ち上げ順調に売り上げを伸ばすが、兄の死をきっかけに目的を見失う。人間活動に専念しようと生きていく中で医療大麻というものを知り、LAローカルたちの大麻に対する価値観の違いに衝撃を受ける。自身も医療大麻に助けられたという経験から、LAのマリファナシーンに身を投じるべくLAダウンタウンにあるカンナビスディスペンサリーで働き始め、マネージャーを務めるという経歴を持つ。

「日本人は小さい頃から大麻は人生をダメにするドラッグだと教えられる中、世界各国では医療用、そして嗜好用大麻が続々と解禁になっているのはギャップがありすぎるなと思いませんか?大麻にはメリットがあります。大麻によって精神的にも肉体的にも助けられた人をたくさん見ました。大麻先進国ロサンゼルスの事情をお届けし、大麻に偏見がある人の意識を少しでも変えていけることができればと思います。」

Instagram : @bluedreamz

関連記事:その他のマリファナのおはなし

  • Vol.4 マリファナのCBD成分でハイになる?

    Vol.4 マリファナのCBD成分でハイになる?

    2019年03月22日 マリファナのおはなし

    最近マリファナに関連してよく聞く「CBD」ですが、CBDはTHC、CBNに続くマリファナに含まれる三大主成分のひとつ。   マリファナ先進国ではガン、てんかんの治療、生理痛からストレスにまで幅広く処方されるCBDですが、健康ベネフィットは本当にあるのだろうか?”ハイ“になったりしないのだろうか? Blue Dreamzさんにお尋ねしてみると。   「CBD(正式名称:カンナビジオール)は精神活性作用の効果はないため、”ハイ”にはなりません。精神活性作用があるのは、THC(テトラヒドロカンナビノール)』で、CBDは精神作用が無くたくさんのヘルスベネフィットがあるため、世界では5歳のてんかん持ちの小さな子どもからお年寄りまで幅広く処方されています」 ちなみにCBDとTHCそれぞれの大きな効果は下記のとおり。   ●CBD:不安、ストレスの解消、てんかん治療、抗炎症作用、精神病治療など   ●THC:リラックス効果、鎮痛効果、陶酔効果など

  • Vol.3 初めてのマリファナ購入。まずはバッテンダーに相談を

    Vol.3 初めてのマリファナ購入。まずはバッテンダーに相談を

    2019年03月15日 マリファナのおはなし

    2018年にカリフォルニア州で嗜好用マリファナが合法になって以降、ロサンゼルスでディスペンサリー(=マリファナショップ)の数は増えていると思いきや、実はその数は減っていると話すBlue Dreamzさん。   「以前は、大通りに堂々と店を構えていながらライセンスを保持していないショップが多数ありましたが、合法化以降は違法なディスペンサリーはどんどん摘発されていっているので、現在ディスペンサリーの数は2018年以前の10分の1ほどになっています」   購入する側も責任を持って、きちんとライセンスのあるショップを選ぶことは大切だ。では、実際にディスペンサリーに行くと、店頭ではどのようなやりとりが行われるのか。

  • Vol.2 「医療用マリファナ」と「娯楽用マリファナ」の違いは何?

    Vol.2 「医療用マリファナ」と「娯楽用マリファナ」の違いは何?

    2019年03月08日 マリファナのおはなし

    2018年1月にカリフォルニア州で合法化されたマリファナ。もっと前のことをいうと、カリフォルニア州では1996年、全米で初めて州として医療用マリファナが合法化されています。   2018年まではマリファナは医師に処方してもらいマリファナ・メディカルカードを取得すれば購入することが可能でした。例えば、不眠で悩む人に処方される睡眠薬などと同様に、あくまでも薬、医療用としてだけ購入することができたのです。   では、合法化された今、医療目的でマリファナを購入する場合、医師からの処方箋や許可証はまったく必要ないのでしょうか?   Blue Dreamzさんによると、「必要ありません。確かに合法化になる前までは、医師に処方してもらって取得する『マリファナ・メディカルカード』がなければマリファナを購入することもできなかったし、マリファナショップに入ることも法律で禁止されていました。   娯楽用のマリファナ(Recreational Cannabis)、医療用マリファナ(Medical Cannabis)と大きく分けて二つの目的と呼び方がありますが、現在、嗜好用マリファナショップ(Recreational Dispensary)では、どちらの目的でも、マリファナ・メディカルカードがなくても購入できます」   しかし、マリファナ・メディカルカードが必要なくなった今でも、カードを持ってショップに購入しに来る人がいるそうです。カードを持つ持たないとでは何かのメリットがあるのでしょうか?   「マリファナ商品を購入する時にかかる税金が違ってくるんです。カリフォルニアでメディカルカードを持たない人がマリファナ商品を買う時にかかる税金は34.5%、メディカルカードを持っている人が買う時にかかる税金は5%低い29.5%。医療目的で毎日のように常用される方には、負担が軽くなって大きなメリットがあるというわけです」(2019年3月6日ロサンゼルスカウンティ)   では次回は、実際に医療目的でショップを訪れる人たちがどのようにしてマリファナを購入しているのか、どんなものを購入しているのかをお伝えしましょう。     【記事・マリファナに関するあらゆるお問合せはコチラ】 sodan@la-network.com    

  • Vol.1 カリフォルニアでマリファナが合法化されて

    Vol.1 カリフォルニアでマリファナが合法化されて

    2019年03月01日 マリファナのおはなし

    2018年1月1日、カリフォルニア州でマリファナが嗜好用として合法化されました。このニュースを聞いて、「自由にマリファナを手に入れられるなんて、大丈夫なのかな」「マリファナ関連の犯罪が増えるのでは?」「マリファナを使用する人が増えて怖い」といったネガティブなイメージを抱いた人も少なくないでしょう。   しかしその反面、「痛みや病気、ストレスや不眠症などで苦しむ多くの人の助けになるのならいいと思う」というポジティブな意見も多くみられました。   カリフォルニア州では合法化にあたり、マリファナが安全に正しく使用されるための様々な規制もされています。