連載・コラム マリファナのおはなし

編集: Weekly LALALA - 2019年09月06日

Vol.27

ロサンゼルスの大麻リキッド、

Vape事情 その2

 

 

前回紹介した、オイルカートリッジをコイルタイプのバッテリーに取り付けて吸う一般的なvapeペンももちろん人気ですが、現在カリフォルニアに存在するVapeブランドは各社オリジナルのVapeペンを発売し、人気を争っています。

その中でも先駆者となったのがPAX Era(パックス・エラ)とStiiizy(スティーズィー)です。

●上写真:バッテリーは約$30、オイルポッドは0.5g$30$50

●下写真:PAX3という大麻を吸えるコンパクトなベーポライザーも展開していて、こちらも人気が出てきているようです。

 

PAXはサンフランシスコで2007年に生まれたブランド。

PAX Era用は専用のオイルポッドとしか機能しませんがPAX用のオイルポッドを作っているブランドはたくさん存在し、各ブランドが発売したオイルポッドの種類は今までに約300種類。

CBDのオイルポッドも存在するんですよ!

CBDオイルポッドにもCBD100%のものからCBD:THCの比率が1:110:1のものなど種類が様々。

 

PAXはカリフォルニアのどこのディスペンサリーに行っても取り扱いがあるほどに人気ですが、その理由はスリムなデザインと使いやすさにあります。

壊れにくく充電も長く持ち、ウェブで登録すると1年保証がついてきます。充電レベルが確認できるので、使いたい時に電池がなくて使えない!などということがなく、さらにPAXのアプリとシンクさせてアプリから4段階の温度調節が可能。温度を低めにして喉に優しい抑えめなベープ、温度をあげて激しくベープできるのも◎

他のベープペンと比べるとオイルの減りがそんなに早くなく、全体的にオイル自体のクオリティが良いといわれています。

●上写真:Stiiizy:バッテリーは$20-$30、オイルポッドは0.5g$30$40

PAXに似たフォルムですがこちらはもう少しスリムなデザイン。

Stiiizyはオイルポッドの種類がCBDも含め約15種類ほどと少なめですが、インディカ、ハイブリッド、サティバの人気種ばかりを集めています。

甘くフレーバーがする種類も大麻の独特な匂いが少なく人気ですが、フレーバーがついていないものももちろん存在します。

 

Stiiizyは温度調節機能がないですが、バッテリーに赤、紺、ピンク、オレンジのカラーバリエーションがあり、アパレルや小物も展開するなど若者をターゲットにプロモーションし大人気です。

最近ロサンゼルスのアート・ディストリクトにディスペンサリーをオープンさせ、Stiiizyのベープペンからアパレル、小物グッズをはじめ現在ではそのディスペンサリーでStiiizy自社の大麻も扱っており、先日のグランドオープニングではものすごい賑わいを見せていました。

最近ではダブ用のワックス、テルペンをたっぷり含むLive Resin(ライブ・レーズン)や更に熱と圧力だけで凝縮したピュア度の高いLive Rosin(ライブ・ローズン)を使用したワックスvapeペンも誕生しこちらはハードコアなカンナビスファンに人気です。

各ブランド誇りを持って様々なテクノロジーを駆使して作り上げているオリジナルの喫煙器具とオイル。様々な種類の中から自分のニーズにぴったりあったvapeペンを選べるというのも楽しみの一つですよね!

 


【記事・マリファナに関するあらゆるお問合せはコチラ】
sodan@la-network.com

■カンナビスライフスタイルアドバイザー

Blue Dreamz Eiju

茨城県出身、ロサンゼルス在住10年目。2010年に語学留学目的でロサンゼルスに渡米後、メルローズ沿いの洋服屋でマネージャーとして勤務する。独自のセンスを生かし、セレクトシューズブランドADORE Los Angelesを立ち上げ順調に売り上げを伸ばすが、兄の死をきっかけに目的を見失う。人間活動に専念しようと生きていく中で医療大麻というものを知り、LAローカルたちの大麻に対する価値観の違いに衝撃を受ける。自身も医療大麻に助けられたという経験から、LAのマリファナシーンに身を投じるべくLAダウンタウンにあるカンナビスディスペンサリーで働き始め、マネージャーを務めるという経歴を持つ。

「日本人は小さい頃から大麻は人生をダメにするドラッグだと教えられる中、世界各国では医療用、そして嗜好用大麻が続々と解禁になっているのはギャップがありすぎるなと思いませんか?大麻にはメリットがあります。大麻によって精神的にも肉体的にも助けられた人をたくさん見ました。大麻先進国ロサンゼルスの事情をお届けし、大麻に偏見がある人の意識を少しでも変えていけることができればと思います。」

Instagram : @bluedreamz

関連記事:その他のマリファナのおはなし

  • Vol.16 カリフォルニアで注目のマリファナの祭典! Cannabis Cup(カンナビスカップ) レポート 後編

    Vol.16 カリフォルニアで注目のマリファナの祭典! Cannabis Cup(カンナビスカップ) レポート 後編

    2019年06月14日 マリファナのおはなし

    5/25、26にサンバナディーノで開催された「Cannabis Cup(カンナビスカップ)」。イベントに参加したBlue Dreamzさんがレポートをお届けします!   <Blue Dreamzさんが初参加レポート!>   会場にたくさんの様々なブースが並ぶ中、ダブワックス、ベープペンの各ブースではサンプルを大盤振る舞い!エダブルのブースではTHCを含んでいないサンプルを提供していました。 また、会場では、決まった喫煙所は設置されておらず、灰皿も見かけませんでした。その代わりみんな自由に会場のあちらこちらで吸っていました。   同イベントが開催された週末のうち日曜日は雨だったのですが、私たちが参加した土曜日は幸運なことに快晴。5月後半の暖かい太陽とそよぐ風が気持ちよく、噴水の周りにはフカフカの芝生の上でチルアウトしている人たちがたくさん。 マリファナやジョイントを会場で買い、芝生の上で日向ぼっこをしながらまったり。みんなにこやかでピースフルな雰囲気でした。

  • Vol.15 カリフォルニアで注目のマリファナの祭典! Cannabis Cup(カンナビスカップ) レポート 前編

    Vol.15 カリフォルニアで注目のマリファナの祭典! Cannabis Cup(カンナビスカップ) レポート 前編

    2019年06月07日 マリファナのおはなし

    5/25、26にサンバナディーノで開催された「Cannabis Cup(カンナビスカップ)」。イベントに参加したBlue Dreamzさんがレポートをお届けします!     <Blue Dreamzさんが初参加レポート!>   マリファナ雑誌High Timesが開催するCannabis Cup(カンナビスカップ)が今年はサンバナディーノで5/25、26に開催され、友人3人で行ってきました! Cannabis Cupは1988年にオランダはアムステルダムで始まったマリファナコンテストです。 マリファナグロワーたちが、自分たちが丹精込めて交配し育てたマリファナの味、香り、ハイ、見た目など総合評価を競うコンペティションです。   アメリカ国内では2010年に始まり、マリファナはインディカ、ハイブリッド、 サティバ部門があり、今ではエダブル部門、ベープ部門、ワックス部門などカテゴリー分けされています。 Cannabis Cupで入賞すると一気にマーケットに名前が知れ渡るので、どこのブランドも気合が入っています。  

  • Vol.14 東京マリファナマーチでみた日本 「マリファナ=違法」の現状 

    Vol.14 東京マリファナマーチでみた日本 「マリファナ=違法」の現状 

    2019年05月31日 マリファナのおはなし

    過去2週にわたってお届けしたBlue Dreamzさんによる「東京マリファナマーチ」レポート。   Blue Dreamzさんが住むロサンゼルスではマリファナは合法です。アメリカではマリファナは合法というイメージがありますが、アメリカ50州の中でも、カリフォルニア、コロラド、ネバダ、ワシントンなどの10州でしか合法ではありません(2019年5月現在、医療マリファナ除く)。   コロラド州とワシントン州が2012年にマリファナが合法化されてから7年、合法化した州は10州まで増えました。   マリファナが合法化されたロサンゼルスで生活するBlue Dreamzさんには、今回の「東京マリファナマーチ」はどう映ったのでしょうか。日本から帰国されたばかりのBlue Dreamzさんにインタビューしてみました。  

  • Vol.13 「東京マリファナマーチ」とは?
潜入取材リポート(後編)

    Vol.13 「東京マリファナマーチ」とは? 潜入取材リポート(後編)

    2019年05月23日 マリファナのおはなし

    5月4日(みどりの日)に東京の青山公園南地区から渋谷にかけて、「東京マリファナマーチ」が開催され、約100人の方々が参加されました! 実際に参加した、このコラムのアドバイザーBlue Dreamzさんが2週にわたりレポートします!   【Blue Dreamzさんリポート】   みなさん、マリファナマーチと聞いて何を思い浮かべますか? ヒッピーたちがハイになりたいためだけに大麻を解禁しろと叫んでいるイメージ? それ以上の大きなものが背景にあるのをどれだけの日本人が知っているでしょうか?   様々な人の様々な想いが詰まったマリファナマーチは、私が想像していたよりも感慨深く、大麻規制は誰のためにあるものなんだろうと考えさせられました。   ■ロサンゼルスを経って、いよいよ東京青山に着きました。   ツイッターで事前に実行委員会の方と連絡を取ってはいたものの少し緊張気味の私でしたが、周りの方が声をかけて歓迎して下さいました。 マーチの参加者は、男性・女性限らず、20代から50代が多くみられました。中にはお子様連れの家族、高校生、日本在住の若い外国人の参加もみられました。 参加者数名とお話しましたが、皆さんとても和やかでリラックスすることができました。  

  • Vol.12 「東京マリファナマーチ」とは?
潜入取材リポート(前編)

    Vol.12 「東京マリファナマーチ」とは? 潜入取材リポート(前編)

    2019年05月16日 マリファナのおはなし

    5月4日(みどりの日)に東京の青山公園南地区から渋谷にかけて、「東京マリファナマーチ」が開催されました! 実際に参加した、このコラムのアドバイザーBlue Dreamzさんが2週にわたりレポートします!     東京では2001年にスタート!   マリファナマーチとは、1998年より毎年5月に世界各都市で行われる「大麻自由化(合法化・非犯罪化)」のアピールを行う世界同時イベントであり、今年の参加都市は日本を含め17都市以上。   今年マリファナマーチが開催された都市、国は、デンマーク、アルジェンティーナ、ブラジル、インドネシア、スペイン、イタリア、コロンビア、南アフリカ、イギリス、ロシア、メキシコ、チェコ共和国、ガーナ、ニューヨーク、テキサス、オレゴン、日本。 東京は2001年より参加し、今年で19回目の開催になります。   参加者は、医師からラスタファリアンのミュージシャン、ビーガンカフェのオーナー、高校生、子ども連れの家族まで、大麻が必要な人の手に渡るのを切に願う様々な方々がいらっしゃいました。   日本では大麻の事実に反する誤解や偏見がもとで、不必要な逮捕や取り締まりが行われており、その刑罰は所持で5~7年と、罪と罰のバランスが取れていない重罰を科しています。 それにより若者の前途や一般社会人の生活が奪われ、病人は苦痛を強いられ、利用を求める人の自由が奪われています。   マリファナマーチは、大麻に関する正しい情報を多くの人に認識してもらうため、あるいはタブーとされる大麻について議論できる場を設けるため、以下のスローガンのもとに行われます。