全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年08月29日

16歳少女、ヨットでNY到着
国連気候サミットへ大西洋横断

 

【ニューヨーク8月29日時事】9月下旬に国連本部で開かれる気候行動サミットに出席するため、「炭素排出ゼロ」のヨットを使って英国から米国に向けて大西洋を横断していたスウェーデンの環境活動家グレタ・トゥーンベリさん(16)が28日、ニューヨーク・マンハッタンの港に上陸した。

 

トゥーンベリさんは上陸後、港に集まった数百人の若者らや報道陣を前に「地面がまだ揺れている」と吐露、「(少し)休息を取りたい」と話した。一方、地球温暖化に懐疑的なトランプ米大統領に対しては「科学に耳を傾けてと言いたいが、彼がそうしないのは明白。気候変動の緊急性について、これまで誰も彼を説得できなかった。なのになぜ私ができるというのか」と指摘。「私は啓発活動を重視する」と表明した。

 

28日、ニューヨーク・マンハッタンの港に上陸するスウェーデンの16歳の環境活動家グレタ・トゥーンベリさん

 

気候変動対策を求める活動のため、トゥーンベリさんは1年間休学し、今月14日、英南西部プリマスから温室効果ガスを排出する飛行機を使わないヨットでの旅に出た。ヨットはレース艇「マリツィア2号」で、太陽光パネルや水流発電機を積んでいる。旅には父親や艇長らが同行した。 
 

ニューヨークではサミットのほか、国連本部前で毎週行われている米国の学生デモに参加する。今年12月には、チリで開かれる国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)に出席する。
 

トゥーンベリさんは昨年8月、毎週金曜日に学校を休み、スウェーデン議会前で政府に温暖化対策を訴える抗議活動を始めた。活動は「未来のための金曜日」と名付けられ、各国の若者に広がった。ノーベル平和賞候補にも推薦されている。

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • 電動スクーターの特別取締班発足 LAPD  

    2019年08月23日

    【ロサンゼルス8月22日】ロサンゼル市警(LAPD)は22日、利用者の増加とともに事故や苦情も増えているBirdやLime等の「電動スクーター」について、利用者にルール厳守を指導する特別取締班「e-scooter enforcement task force」を発足させた。 取締班は、電動スクーターの利用者が多いロサンゼルス西部のビバリー・ブルーバード、メルロース・アベニュー、3rd ストリートなどで指導を強化する。   指導の重点は、サイドウォーク侵入禁止、サイドウォークに乗り捨てる際のマナー、2人乗り禁止、利用可能なバイクレーンでのスピード制限厳守など。 警察当局は、利用時に、運転免許証と利用許可証を所持するルールへの認識が低い点も指摘した。  

  • 日中の発砲事件で4人負傷 LAダウンタウン  

    2019年08月23日

    【ロサンゼルス 8月22日】ロサンゼルス・ダウンタウンのスキッドロウ近くの公園で22日午後12時15分頃、白いSUVに乗った男女のカップルが、集まっていたホームレスらに向け銃を発砲。公園内にいた4人が撃たれ、病院に搬送されたが、命に別状はない見込み。   目撃者によると、発砲前、SUVに乗った男女と公園にいた1人の間で口論が起きていたという。   ロサンゼルス消防署によると、発砲されたのは、警備員として働いていたソーシャルウォーカーで、その他の負傷者は28歳と45歳の女性、65歳の男性。 警察が逃走した容疑者2人の行方を追っている。  

  • 子供の無期限収容可能に
不法移民対応で規則変更

 

    子供の無期限収容可能に 不法移民対応で規則変更  

    2019年08月23日

    【ワシントン8月22日時事】米国土安全保障省は21日、親に連れられるなどして不法入国を試み、国境で拘束された子供について、収容期間を20日以内とする現行規定を削除すると発表した。 裁判所による難民審査の結果が出るまで、無期限に収容することを可能にするもので、移民支援団体から「非人道的」と抗議の声が上がっている。   現行制度では子供を長期間収容できないため、親子で拘束された不法越境者は早期に解放され、そのまま行方をくらまして不法滞在を続けるケースが後を絶たない。 トランプ政権は昨年、拘束した成人全員を刑事裁判にかける方針を打ち出したが、結果的に親子が引き離される例が多発。批判を受け、政策撤回を余儀なくされた。   トランプ大統領は21日、記者団に「新しい規定によって(親子は)これまでより一緒に居られる」と主張した。国土安保省も新規定が「人道的な移民システムに向けた重要なステップ」だと説明している。    トランプ政権は7月以降だけで、難民申請要件の厳格化や、低所得の移民に対するグリーンカード(永住権)発給制限など、移民関連の規制を相次いで打ち出している。 新たな規則には、子供も長期収容される可能性がある仕組みとすることで、子供連れでの不法越境を思いとどまらせる狙いもあるとみられる。  ただ、収容の長期化が子供に及ぼす影響への懸念も強い。移民支援団体の米移民評議会は声明で、新規則が「思いやりと公正さという価値を損ない、何千人もの子供たちと家族を不必要に傷つける」として、撤回を求めている。  

  • CSUF駐車場で職員刺殺 同僚の男を2日後に逮捕  

    2019年08月23日

    【ロサンゼルス 8月19日】カリフォルニア州立大学フラトン校(CSUF)の駐車場で19日朝8時半頃、職員のスティーブン・シェク・ケン・チャンさん(57)が何者がに複数カ所刺され、校内駐車場に停めた自身の車で遺体で発見された。 21日夜、同僚のチュエン・ヴォ容疑者(51)が、ハンティントン・ビーチの自宅で逮捕された。   学校側によると、チャンさんは一度退職した後、同校の留学生用レジストレーションを手伝う部署で再び働いていた。犯行後、チャンさんの車の下から、容疑者のものと思われるバックパックが見つかっており、中には、誘拐を計画していたと思われるジップタイやかつら、ナイフが入っていた。 警察が容疑者の似顔絵や防犯カメラの映像を公開し、行方を追っていた。犯行の詳しい動機を調べている。  

  • 大統領「真剣に検討」
国籍、出生地主義の廃止

 

    大統領「真剣に検討」 国籍、出生地主義の廃止  

    2019年08月23日

    【ワシントン 8月22日時事】トランプ大統領は21日、米国で生まれた子供へ自動的に米国籍を付与する「出生地主義」について、記者団に「私の政権は(廃止を)とても真剣に考えている」と述べた。 トランプ氏は昨年10月にも、米メディアのインタビューで、大統領令で出生地主義を廃止する考えを示している。   トランプ氏は「国境を越えて(米国内で)子供を産めば、生まれた子は米市民になる。率直に言ってばかげている」と主張した。 不法入国した移民が米国内で産んだ子供が、米国人として権利を行使するのを防ぐのが狙いとみられる。    米憲法修正14条は「米国およびその管轄地で生まれたか帰化した者は、すべて米市民権を有する」と規定している。 出生地主義の廃止は国籍認定での大きな方針転換でもあり、大統領権限で実行できるか疑問視する声が強い。