全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年08月29日

16歳少女、ヨットでNY到着
国連気候サミットへ大西洋横断

 

【ニューヨーク8月29日時事】9月下旬に国連本部で開かれる気候行動サミットに出席するため、「炭素排出ゼロ」のヨットを使って英国から米国に向けて大西洋を横断していたスウェーデンの環境活動家グレタ・トゥーンベリさん(16)が28日、ニューヨーク・マンハッタンの港に上陸した。

 

トゥーンベリさんは上陸後、港に集まった数百人の若者らや報道陣を前に「地面がまだ揺れている」と吐露、「(少し)休息を取りたい」と話した。一方、地球温暖化に懐疑的なトランプ米大統領に対しては「科学に耳を傾けてと言いたいが、彼がそうしないのは明白。気候変動の緊急性について、これまで誰も彼を説得できなかった。なのになぜ私ができるというのか」と指摘。「私は啓発活動を重視する」と表明した。

 

28日、ニューヨーク・マンハッタンの港に上陸するスウェーデンの16歳の環境活動家グレタ・トゥーンベリさん

 

気候変動対策を求める活動のため、トゥーンベリさんは1年間休学し、今月14日、英南西部プリマスから温室効果ガスを排出する飛行機を使わないヨットでの旅に出た。ヨットはレース艇「マリツィア2号」で、太陽光パネルや水流発電機を積んでいる。旅には父親や艇長らが同行した。 
 

ニューヨークではサミットのほか、国連本部前で毎週行われている米国の学生デモに参加する。今年12月には、チリで開かれる国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)に出席する。
 

トゥーンベリさんは昨年8月、毎週金曜日に学校を休み、スウェーデン議会前で政府に温暖化対策を訴える抗議活動を始めた。活動は「未来のための金曜日」と名付けられ、各国の若者に広がった。ノーベル平和賞候補にも推薦されている。

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • 同時テロから18年=各地で追悼式典

 

    同時テロから18年=各地で追悼式典  

    2019年09月13日

    11日、ニューヨークで開かれた米同時テロの追悼式典で、会場に刻まれた消防士の名前に触れる男性  

  • 男子生徒の首に弾丸 ボイルハイツの中学校  

    2019年09月13日

    【ロサンゼルス11日】ロサンゼルス市警は10日、ボイルハイツのHollenbeck Middle Schoolで8月27日の午前11時頃に、昼食の列に並んでいた男子生徒が首を撃たれる事件が起きていたことを公表した。   ロサンゼルス統一学校区は、10日までこの事件を公にしていなかった。被害にあった男子生徒は事件の直後、病院でレントゲン写真を撮り、首に弾丸が見つかった。治療を受け、翌日から通学している。警察当局によると、この弾丸がどこから発せられたのか分かっておらず、捜査を行っている。   近隣のSalvador Castro Middle Schoolでも昨年2月、12歳の女子生徒がバックパックに入れていた銃が誤って発砲され、生徒2人が負傷する事件が起きている。  

  • 娘の「裏口入学」で禁錮14日=「デスパレートな妻たち」女優

 

    娘の「裏口入学」で禁錮14日=「デスパレートな妻たち」女優  

    2019年09月13日

    13日、ボストンの連邦地裁に出廷した女優のフェリシティ・ハフマン被告  

  • 電子たばこ禁止へ=香りや味付き、ほぼ全て

 

    電子たばこ禁止へ=香りや味付き、ほぼ全て  

    2019年09月13日

    【ワシントン12日時事】トランプ大統領は11日、香りや味の付いた蒸気を吸う電子たばこについて、ほぼ全ての販売を禁止する方針を表明した。若者の間に急速に浸透し、使用との関連が疑われる死亡例が相次ぐなど社会問題化している。 トランプ氏は「子供が被害を受けてはならない」と訴え、規制の必要性を強調した。   日本でも電子たばこは販売されている。米国で規制が広がれば、日本にも影響が出る可能性がある。   電子たばこは、風味の付いた液体を、電池を内蔵した専用器具で加熱し、発生した蒸気を吸い込む嗜好(しこう)品。ガムやメンソール風味といった「フレーバーたばこ」の中にはニコチンを含まないものもあり、未成年者の間で流行している。   トランプ氏はアザー厚生長官らとホワイトハウスで会談。アザー氏は記者団に「(販売禁止へ)最終的な指針を数週間でまとめる」と説明した。たばこ風味を除く大半が対象となるという。   電子たばこをめぐっては、深刻な肺疾患の関連が疑われ、疾病対策センター(CDC)などが全米で約450件のケースを調査。これまでに6件の死亡例が報告されている。特定成分が原因と突き止められていないが、呼吸困難、倦怠(けんたい)感、頭痛、吐き気など共通した症状が指摘されている。   連邦レベルでの規制に先立ちミシガン州が今月、販売禁止を決定。ニューヨークやカリフォルニア州などで追随する動きが出ている。  

  • ドジャースが地区7連覇=大リーグ

 

    ドジャースが地区7連覇=大リーグ  

    2019年09月13日

    ナ・リーグ西地区で7連覇を遂げ、チームメートと喜ぶドジャースの前田(左)