全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年08月29日

16歳少女、ヨットでNY到着
国連気候サミットへ大西洋横断

 

【ニューヨーク8月29日時事】9月下旬に国連本部で開かれる気候行動サミットに出席するため、「炭素排出ゼロ」のヨットを使って英国から米国に向けて大西洋を横断していたスウェーデンの環境活動家グレタ・トゥーンベリさん(16)が28日、ニューヨーク・マンハッタンの港に上陸した。

 

トゥーンベリさんは上陸後、港に集まった数百人の若者らや報道陣を前に「地面がまだ揺れている」と吐露、「(少し)休息を取りたい」と話した。一方、地球温暖化に懐疑的なトランプ米大統領に対しては「科学に耳を傾けてと言いたいが、彼がそうしないのは明白。気候変動の緊急性について、これまで誰も彼を説得できなかった。なのになぜ私ができるというのか」と指摘。「私は啓発活動を重視する」と表明した。

 

28日、ニューヨーク・マンハッタンの港に上陸するスウェーデンの16歳の環境活動家グレタ・トゥーンベリさん

 

気候変動対策を求める活動のため、トゥーンベリさんは1年間休学し、今月14日、英南西部プリマスから温室効果ガスを排出する飛行機を使わないヨットでの旅に出た。ヨットはレース艇「マリツィア2号」で、太陽光パネルや水流発電機を積んでいる。旅には父親や艇長らが同行した。 
 

ニューヨークではサミットのほか、国連本部前で毎週行われている米国の学生デモに参加する。今年12月には、チリで開かれる国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)に出席する。
 

トゥーンベリさんは昨年8月、毎週金曜日に学校を休み、スウェーデン議会前で政府に温暖化対策を訴える抗議活動を始めた。活動は「未来のための金曜日」と名付けられ、各国の若者に広がった。ノーベル平和賞候補にも推薦されている。

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • トランプ支持者らが米議会に乱入  

    2021年01月06日

    【ワシントン6日】大統領選挙の結果を確定する連邦議会の合同会議が開かれたが、バイデン次期大統領の当選に反発するトランプ大統領の支持者が議事堂の周囲を包囲し、一部が建物に侵入して審議が中断。 バイデン次期大統領は「民主主義への前例のない攻撃だ」と非難し、トランプ大統領は声明でデモ隊に撤収を呼びかけているが、政府が州兵を出動させて対応に乗り出す事態になった。    

  • コロナワクチン1730万回分配布 530万回分摂取  

    2021年01月06日

    【ワシントン6日】米疾病対策センターは6日、国内で新型コロナウイルスワクチン約1730万回分が配布され、うち約530万回分の接種が行われたと明らかにした。   配布・接種が行われているのはファイザー・ビオンテック製とモデルナ製のワクチン。    

  • グラミー賞授賞式が3月に延期  

    2021年01月05日

    【ロサンゼルス5日】1月31日に開催が予定されていた第63回グラミー賞授賞式が、新型コロナウイルスの影響で、3月に延期されることが5日に発表された。現時点で日にちは発表されていない。   グラミー賞授賞式はロサンゼルス市のステープルズセンターで開催されることが決まっており、「The Daily Show」ホストでコメディアンのトレバー・ノアさんが司会を務める。ビヨンセが最多9部門にノミネートされており、韓国の男性アイドルグループ「BTS(防弾少年団)」が初ノミネートを果たし話題になっている。    

  • ビッグベアでコロナ変異種を確認 イギリス帰国者と接触後に発症  

    2021年01月05日

    【ロサンゼルス4日】イギリスで感染が広がっている 新型コロナウイルスの変異種への感染が、サンバナディーノ郡ビッグベアで確認された。感染したのは同居する2人で、そのうちの1人は、イギリスからの帰国者と接触した3日後に症状が出た。この帰国者の感染の是非は不明。   新型コロナウイルス変異種は12月30日に、サンディエゴ郡で4人の感染が確認されている。変異種は感染力が強いが、感染後の症状の深刻度については、オリジナルのものと変わりがないとみられている。   これを受けてカリフォルニア州のニューサム知事は4日、変異種の感染報告が今後増える可能性を示唆。連邦ヘルス当局は、現在接種が進められているコロナワクチンが、この変異種にも有効であるとの見方を示している。    

  • LAX到着者へのオンラインフォーム記入と10日間の自主隔離を義務化  

    2021年01月05日

    【ロサンゼルス4日】新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、ロサンゼルス国際空港(LAX)に到着した旅行者に対する、10日間の自主隔離とオンラインフォームへの記入が義務化された。   ロサンゼルス市では感謝祭ホリデー後の11月25日から、州外や国外から訪れる16歳以上の全旅行者に、自主隔離を了承するオンラインフォームへの記入が義務付けられた。この措置の中で、LAX、バンナイス空港、ユニオン駅への到着者にオンラインフォームへの記入を呼び掛けていたが、徹底されていなかった。 年明け後は、LAXを利用する旅行者宛てに電子メールや携帯テキストでアラートが送られており、個々の対策意識向上を目指している。   ファーム記入を怠った場合は、最高500ドルの罰金が科される。オンラインフォームは、travel.lacity.orgから記入できる。