全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年08月29日

16歳少女、ヨットでNY到着
国連気候サミットへ大西洋横断

 

【ニューヨーク8月29日時事】9月下旬に国連本部で開かれる気候行動サミットに出席するため、「炭素排出ゼロ」のヨットを使って英国から米国に向けて大西洋を横断していたスウェーデンの環境活動家グレタ・トゥーンベリさん(16)が28日、ニューヨーク・マンハッタンの港に上陸した。

 

トゥーンベリさんは上陸後、港に集まった数百人の若者らや報道陣を前に「地面がまだ揺れている」と吐露、「(少し)休息を取りたい」と話した。一方、地球温暖化に懐疑的なトランプ米大統領に対しては「科学に耳を傾けてと言いたいが、彼がそうしないのは明白。気候変動の緊急性について、これまで誰も彼を説得できなかった。なのになぜ私ができるというのか」と指摘。「私は啓発活動を重視する」と表明した。

 

28日、ニューヨーク・マンハッタンの港に上陸するスウェーデンの16歳の環境活動家グレタ・トゥーンベリさん

 

気候変動対策を求める活動のため、トゥーンベリさんは1年間休学し、今月14日、英南西部プリマスから温室効果ガスを排出する飛行機を使わないヨットでの旅に出た。ヨットはレース艇「マリツィア2号」で、太陽光パネルや水流発電機を積んでいる。旅には父親や艇長らが同行した。 
 

ニューヨークではサミットのほか、国連本部前で毎週行われている米国の学生デモに参加する。今年12月には、チリで開かれる国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)に出席する。
 

トゥーンベリさんは昨年8月、毎週金曜日に学校を休み、スウェーデン議会前で政府に温暖化対策を訴える抗議活動を始めた。活動は「未来のための金曜日」と名付けられ、各国の若者に広がった。ノーベル平和賞候補にも推薦されている。

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • アメリカで新たな変異種拡大の恐れ  

    2021年01月08日

    【ワシントン8日】ホワイトハウスの新型コロナウイルス対策本部は、米国内でウイルスの新たな変異種が発生し、感染が拡大している可能性があるという見解を示した。NBCニュースが入手した文書の内容をCNBCが8日伝えた。  

  • トランプ大統領「新大統領の就任式いかない」 ツイッターに投稿  

    2021年01月08日

    【ワシントン8日】バイデン次期大統領の就任式が1月20日に行われますが、トランプ大統領は8日、式典に出席しない考えを明らかにした。   アメリカの大統領の就任式では任期を終える大統領が同席して新大統領の就任を祝福するのが慣例で、欠席は極めて異例。   バイデン次期大統領は1月20日、首都ワシントンの連邦議会議事堂の前で行われる就任式で第46代大統領に就任する。    

  • 携帯盗んだと黒人少年を責め立てた、ベンチュラ郡在住の女を逮捕  

    2021年01月08日

    【ロサンゼルス8日】ベンチュラ郡シェリフ局は7日、ニューヨーク市内のホテルで黒人少年に携帯電話を盗まれたと訴え、この少年にタックルするなどした同郡在住のミヤ・ポンセト容疑者(22)を逮捕した。   警察当局によると、ポンセト容疑者は、ニューヨーク市内のホテルに宿泊していた先月26日、父親と一緒にロビーにいた14歳の黒人少年が自分の携帯電話を盗んだと責め立てて、無実のこの少年につかみかかった。その後、警察が駆け付けたが容疑者は逃げ去った後で、一部始終を撮ったホテル内の防犯カメラの映像をもとに指名手配されていた。 後に、ポンセト容疑者が乗ったUberのドライバーが車内で同容疑者の携帯電話を見つけ、ホテルに届けている。    

  • ドジャースのトミー・ラソーダ元監督が死去、93歳  

    2021年01月08日

    【ロサンゼルス8日】米大リーグ「ドジャース」の監督を約20年間務めたトミー・ラソーダさんが7日夜、オレンジ郡の自宅で死去した。93歳だった。   1954年から3年間、ドジャースで投手としてプレーした後、76年に監督に就任。77年と78年に連続でナ・リーグ優勝、81年と88年にはワールドシリーズを制覇した。監督通算1599勝は歴代22位。95年に野茂英雄投手がメジャーデビューした際の監督として、日本でも親しまれた。   96年に健康上の理由から退任したものの、その後もドジャース球団の副社長、ワールド・ベースボール・クラシックのアジア親善大使などとして貢献。2000年のシドニー五輪では米国代表の指揮官を務め、チームを金メダル獲得へ導いた。97年に米野球殿堂入りし、08年には、野球を通じた日米親善の功績をたたえ、日本政府から「旭日小綬章」が贈られた。   昨年10月下旬には、タンパベイ・レイズに勝利して32年ぶりにワールドシリーズ制覇を果たしたドジャースの第6戦を、現地テキサス州で見届けた。   体調を崩し、昨年11月から6週間、自宅近くの病院に入院し、1月初めに自宅に戻っていた。7日夜に心臓発作を起こして病院へ搬送されたが、死亡が確認された。背番号の2番は、ドジャースの永久欠番になる。家族は、妻のジョーさんと娘のローラさん、孫のエミリーさんがいる。    

  • LAドジャース元監督 トミー・ラソーダ氏死去  

    2021年01月08日

    1月7日夜、メジャーリーグ元監督のトミー・ラソーダ氏が亡くなりました。93歳でした。   ロサンゼルス・ドジャースの発表によりますと、ラソーダ氏は7日の夜10時過ぎに自宅で突然心肺停止となり、病院に搬送されましたが、そのまま息を引き取りました。   ラソーダ氏は、71シーズンもの間ドジャース球団に携わり、約15年前からは名誉顧問を務めました。 ********************   トミー・ラソーダ:1927年9月22日、ペンシルベニア州ノリスタウン出身。1954年メジャーデビュー、1960年現役引退、1976年から1996年までドジャース監督。監督としての通算成績は1599勝1439敗、ワールド・シリーズ優勝2回。